« 夏休み横断!ウルトラクイズクイズ王決定戦 | トップページ | “幻の中国横断ウルトラクイズ” »

2010年9月15日 (水)

続・夏休み横断!ウルトラクイズクイズ王決定戦

冒頭で「ウルトラクイズ史上18人目となるチャンピオン誕生の瞬間を皆さん、ぜひその目で
見守って下さい」と青木アナからコメント。ホントに18人目として公認されるのか?!

今回の企画は、番組公認扱い。勝ち残ったのは名誉でもあるということで
挑戦者の方をご紹介させていただく。

An×An枠から小林孝幸さん。山本晃さん。
日テレ携帯サイト枠から福岡誠史さん。

※福岡さんが広島から上京した(もちろん実費)と紹介されると会場が沸いた。

■準決勝スタート。
日テレ携帯クイズ代表の福岡さん。テンポ良く3問を先取。
最初の通過席チャレンジを生かし、見事に長戸さんを撃破。
早々と“一抜け”を果たして決勝行きを決める!

その後の展開は、残り一枠を懸けて一進一退の攻防が繰り広げられた。
※ふたりとも緊張のためか、簡単な問題でもスルーが多かった。

結果として
最後のイスを奪い取ったのは山本さん。実に7回目での挑戦で、見事に決勝行きを勝ち取った!

残念ながら、ここで敗退したのは小林さん。通過席には1回挑戦で終わった。
苦戦されていたため、いざ通過席挑戦となったときには会場全体が沸く。
まるで観戦者全員が応援団なのかというぐらい、あたたかい声援がおくられていた。

基本的に大会で使用された問題は、全てウルトラクイズの過去問。
通過クイズのときのみ、新作問題を出題。
※途中で用意していた問題が底をつき、その後は過去問を使用。

■セットチェンジ
セットチェンジの時間を利用して、青木アナと長戸さんのミニトーク。
優勝後の反響については「チリの空港で日本人の方に握手を求められた」というコメント
が印象に残った。

■決勝ルール
早押しクイズ。5ポイント先取で優勝!
(誤答はマイナス1ポイント)

※ホン(台本)を見ると決勝は、5or10ポイントとあったので
臨機応変に対応したとみられる。

いざ決勝戦。
準決勝で、圧倒的な実力差を見せつけた福岡さんが優勢かと予測されたが―、

優勝したのは
An×An枠代表の山本晃さんだった。
番組公認の史上18人目となるチャンピオンの誕生である!!

長戸さんから優勝旗の授与。
優勝商品は、舞台上に飾られていたブレザー。採寸をして後日、チャンピオンブレザー
として贈られるとのこと。

時間にして、わずか1時間弱だったが、本物のウルトラハットやクイズ王のゲスト参加など
懐かしさ満載で、ウルトラクイズファンとして大変満足いくイベントだった。

Dscf19971 Dscf19811

■昨日の正解No.1【クイズ:quis】
「quiz」の語源は、ラテン語で「何」を意味する疑問代名詞「quis」である。1791年頃、アイルランドのダブリンで劇場支配人デイリーが友人と新語を作って、一夜で流行らせることができるかという勝負をした。町中に無意味な新語である「quis」という単語を落書きをしたら、ダブリン中に広まり、いつしか「quis」という単語は、辞書にも載る言葉になったという説がある。

Dscf19861

|

« 夏休み横断!ウルトラクイズクイズ王決定戦 | トップページ | “幻の中国横断ウルトラクイズ” »

ウルトラクイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/36761049

この記事へのトラックバック一覧です: 続・夏休み横断!ウルトラクイズクイズ王決定戦:

« 夏休み横断!ウルトラクイズクイズ王決定戦 | トップページ | “幻の中国横断ウルトラクイズ” »