« ディズニーシーで家族サービス | トップページ | ディズニーシーでハロウィン満喫!!(後編) »

2010年10月23日 (土)

ディズニーシーでハロウィン満喫!!(前編)

ハロウィンモード(10月31日まで)のディズニーシーにおでかけ。

■ダッフィーとグリーティング
モノレールを乗り継ぎ、開園1時間前に到着したが、入場ゲートはどこも長蛇の列。
まず、今回最大の目標であるダッフィーとのグリーティング(写真撮影)を目指してダッシュ。
※アメリカンウォーターフロントのダックサイドステージ(9:00~21:00)※変動あり。

Dsc006221

前回(約3年前)は、たった1枚写真を撮るのに3時間待ちだったが、今回わずか15分程度で完了。ダッフィーの衣装は、ハロウィン仕様でカワイイ感じ。
専用のフォトサービス(シール付きフォトフレーム1500円)

Dscf25221

■タートルトークで本領発揮?
「タワー・オブ・テラー」のファストパスを取り、続いて「タートルトーク」(シアター体験型アトラクション)へ。
20分ほどの待ち時間で入場。ウミガメのクラッシュと観客が会話を交わす新アトラクション。
会場は200人ほどの観客。その中からクラッシュがゲストを指名するのだが、なんとイの一番にワタシが指名されてしまった(笑)。
恥ずかしさと意表を突かれた感で、正直、頭の中は軽いパニック状態。しかし、お笑い魂に火がつきボケを連発、なんとか場内の爆笑を誘うことができてホッとした。

2人目、3人目は挙手でクラッシュに質問をすることができる。なお、このときクラッシュが
「3列目の黒い服のお嬢ちゃん」などと言うので、目立つアイテムを持つのも作戦かも?

■ハロウィンバージョン
アーント・ペグズ・ビレッジストア(ダッフィーグッズの専門店)
昨年訪れたときは、ダッフィーのハロウィングッズは全部完売で悔しい思いをしたが、
今年はまだまだ大量に用意されていて、余裕でダッフィーグッズ(2800円)をGET。

Dscf25211

■スティッチもハロウィンバージョン
「アクアトピア」「ストームライダー」ともに10分前後で体験。
「インディジョーンズ」のファストパスを取り、マーメイドラグーン前で、キャラメルポップコーンを購入。

「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」裏にて、スティッチとグリーティング(写真撮影)。
待ち時間は約30分。撮影後「フォトカードキー」なるものをもらう。
※アクセスナンバー(16ケタ)が記載されていて、自宅PCから写真を注文できる。
期間は1ヶ月有効とのこと。

Dscf24971

■ランチは食べ放題
「セイリングデイ・ブッフェ」にてランチ。スペシャルブッフェ2800円。4~6歳1000円。
※ちなみに7~12歳は1700円。90分の時間制で食べ放題。ドリンクもソフトドリンクは飲み放題。
少量ずつたくさんのものを、自分で選べるので大変満足。もちろんケーキなどのデザートも豊富。

■昨日の正解No.21【ボリス・パステルナーク】
これまでにノーベル賞の受賞を辞退したのは、サルトル(フランス)、レ・ドゥク・ト(ベトナム)の2人。
フランスの実存主義哲学者サルトルは、ノーベル文学賞(1964年)に選ばれたが「権威のある賞は嫌いだ」と受賞を拒否。
レ・ドゥク・ト(ベトナム)とキッシンジャーはともにノーベル平和賞(1973年)を受賞。
しかし、レ・ドゥク・トは「自国にまだ平和が訪れていない」と述べて賞を辞退。
1958年、旧ソ連の反体制派の作家ボリス・パステルナーク(1890年2月10日~1960年5月30日『ドクトル・ジバコ』が有名)が文学賞を受賞したが、旧ソ連政府フルシチョフによって受賞を辞退させられた。しかし、31年後の1989年に委員会側が一方的に賞を贈り、息子のエフゲニー・パステルナークが父の代わりに賞を受け取っている。

OPENまで…あとthreenineshine

|

« ディズニーシーで家族サービス | トップページ | ディズニーシーでハロウィン満喫!!(後編) »

テーマパーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/37358779

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーシーでハロウィン満喫!!(前編):

« ディズニーシーで家族サービス | トップページ | ディズニーシーでハロウィン満喫!!(後編) »