« めちゃイケ新メンバーオーディション | トップページ | キッザニア東京 攻略モデルプラン »

2010年10月 4日 (月)

オールスター感謝祭超豪華!クイズ決定版

視聴率16%、今週から、各局が一気に特番シーズンに突入した。

ワタシもかつて、この番組に出演したことがある。
いや、正確に言えば前身の『クイズ!当たって25%』に出場したのだ。

【クイズ!当たって25%】
1991年10月17日から1992年3月26日までTBS系で毎週木曜22:00 - 22:54に生放送されていたクイズ番組。
参加人数は総勢200名。一般視聴者24名にキャプテン役の芸能人1名を加えた1チーム25名、全8チーム対抗の団体戦で、1問毎に、各チームの正解者数分の得点を加算、全問での合計得点を争い、優勝チームにはチーム全体に賞金100万円が与えられた。

当時は社会人だったが、当時所属していた早稲田大学のクイズラバーズの枠で出場させてもらった。
新番組ということで、オーディションを通過して番組2回目に登場。

リハーサルでは、快進撃(前週の過去問なので当たり前)だったが、結果は惨敗。

しかし、ワタシの狙いは別なトコロにあった。収録前から「テレビに写るためにはどうしたらいいか」とひとり密かに秘策を練っていたのだ。

もちろん、良い結果を収めれば自然にクローズアップされるのだが、それでは面白くない。
そして、その思惑は生放送のなかで実行された。

そう、“タイムアップ寸前に解答ボタンを押す”という博打(バクチ)を打ったのだ。

※解答時間の遅かったワースト・テンにランキングされれば名前が表示される。

出題される問題は4択なので、正解する確率は当然25%。正解を選んで確実に遅く、
かつ、失格にならないようなタイミングでボタンを押す。

カンタンそうだが、狙って実行するのはとても勇気のいることだった。

見事、自分の名前が表示され目的は達成される。生放送終了後、終電を気にしながら逃げるように帰ったのを憶えている。

放送翌日の周囲の反響は凄かった。みな口々に声を揃え「(狙って)やりましたね!!」と絶賛の嵐。
バレバレだったのである。しかし、素直に嬉しかった。

感謝祭の放送を見ていると、クイズは二の次ばかりに、この方法で名前をさりげなくアピールしたいというタレントさんが未だにいて、非常に親近感が湧く。

■本日のクイズデリバリー(★)No.11
ロシア語で「衛星」という意味を持ち、1957年10月4日に打ち上げられた世界初の人工衛星といったら何でしょう?

|

« めちゃイケ新メンバーオーディション | トップページ | キッザニア東京 攻略モデルプラン »

クイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/37078233

この記事へのトラックバック一覧です: オールスター感謝祭超豪華!クイズ決定版:

« めちゃイケ新メンバーオーディション | トップページ | キッザニア東京 攻略モデルプラン »