« メガドンキ草加店 27日クーポン情報 | トップページ | 藤井フミヤ Sweet Grooveモバイルパスワード広島 »

2010年11月27日 (土)

慢性硬膜下血腫 入院生活①

話は前後するが、入院した初日は、本当に時間の経過が遅く感じた。

■入院生活は工夫の連続
この原因は、いきなり環境が変わったことも影響していると思う。体の自由が効かないうえ、常に寝たきりだったので不安感に襲われていく。
1分1秒の時間の流れがやけに遅く感じられ、早く面会時間が来ないかとそればかり考えていた。

入院して実感したのは、快適な入院生活を過ごすためには、患者は自分で色々と工夫しなければならないということ。(病院側は、最低限のことしかしてくれないと心得ていたほうがいいだろう。過剰な期待は禁物である。)

このとき、助かった点は、妻は100円ショップが好きで、日頃から便利で使い勝手の良いモノを知っていたこと。

翌日、妻と娘が見舞いに来てくれたときはホントに嬉しかった。(入院している病院までは、自転車で15~20分くらいの距離。)とりあえず、入院中に必要なモノを取り揃えてきてくれて、パジャマやタオルなど生活必需品が揃った。

■ワタシは寝たきりで、頭を動かすことが出来なかったため、以下のものが重宝した。
①コップはフタができ、ストローで飲み物を飲めるタイプのものを探してきてくれた。
②病院で水はもらえるものの、冷たいものは期待出来ないためロックタイプの氷を常に冷蔵庫に保管。
③幸い、食べ物に制限はなかったため、小分けで口に出来るお菓子を常備。(ただのお菓子好き)
④寝たきりで床ずれをおこすため、湿布薬。
⑤ひまつぶしアイテム(ipod・本・新聞・DSなど)※携帯は原則禁止なので、除く。部屋に電源があるので、充電器を使えばバッテリー切れの心配はない。

■順調な回復
3日目くらいになると、看護師さんたちから「ずいぶん目に力強さが出てきましたねぇ」などと声をかけてもらえるようになった。入院した日には、まだ少し朦朧(もうろう)感があり、それに比べれば格段に生命力が感じられるとのこと。自分では自覚がないが、徐々に回復しているようだ。

Dscf30031

毎日の見舞いで、楽しみにしていた差し入れは“むしケーキ”と“カフェラテ”のセット。駅前のコンビニでたまたま購入してきてくれたものだったが、食べることぐらいしか楽しみがない自分にとってコレを食べるのが習慣になった。

■我慢の限界
入院患者にとって、避けられないのが下半身事情(おしっこ、ウンチ)だ。これらはもう看護師さんにお願いするしかない。この人たちの日常業務なので、変な遠慮は要らない。3日目から食事が取れたのはいいがそうなると排泄の問題が出てくる。

ワタシの場合、治療器具と頭がチューブで接続されているため自分でトイレに行くことが出来ない。
お腹がグルグルして、看護師さんにも恥ずかしくてなかなか言い出せなかった。(美人さんばかりなのも、こんなときに不便を感じる)半日ほど自分の中での格闘を続け、思い切って相談を持ちかける。仲良くなったハリセンボンのはるな似の看護師さんに用の足し方を聞いて驚愕。

なんと、グラススキーで使うような“ソリ型のおまる”にそのまましてくれというのだ。しかも、寝ながらの体勢でしなければならない。終わったらどうするのか訪ねると、ナースコールで連絡をしてくれという。
片付けはもちろん、お尻も看護師さんが拭いてくれるのだという。

「ひゃ~、恥ずかしいどころの騒ぎじゃないなこれは。」しかし、もう我慢の限界は臨界点を迎えていた。

脂汗と冷や汗を感じながら、いざトライしてみる。が、できない…。

あれほど、お腹が痛くて我慢の限界なのにである。みなさんもどうか機会があれば(絶対ないと思う)この体勢で、用を足してみて欲しい。まず無理だと思う。そんなこんなで、悪戦苦闘しながらナースコール。(報告するのも、こっぱずかしい)そんなときに限って、とびきり美人の看護師さんがやってくるのだ。

■白衣の天使を実感
こちらは申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、この頃にはもうほとんどの看護師さんがワタシの体調を気にかけていてくれたので「どう、出たぁ?良かったぁ~。心配してたんですよ~」などと声をかけてくれる。
“あぁ~、介護されるってこんな感じなのかなぁ”と近い老後生活を垣間見た気がした。

不謹慎かもしれないが、この行為を受けるとなんか不思議な快感(?)がほんのちょっぴり芽生えてしまう。美人の若いおねいさんに下半身丸出しをさらけ出すなんてなかなか普通の生活じゃ経験出来ないでしょ。(性癖ってこうして目覚めてしまうのか?!)

処理の後も「これからも我慢しないでくださいね」とにっこり微笑んで言ってくれるのは“ホントにスゴイなぁ”と感心させられてしまう。看護師さんいつもありがとうございます。(つづく)

■本日のクイズデリバリー(★★★)No.57
ノーベル賞の現在の規定で、ノーベル賞を受賞しながら受賞式前に亡くなった唯一の人物といったら誰でしょう?

OPENまで…あとfourshine

|

« メガドンキ草加店 27日クーポン情報 | トップページ | 藤井フミヤ Sweet Grooveモバイルパスワード広島 »

病院(歯医者・入院日記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/37867615

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性硬膜下血腫 入院生活①:

« メガドンキ草加店 27日クーポン情報 | トップページ | 藤井フミヤ Sweet Grooveモバイルパスワード広島 »