« 親父が亡くなった日 | トップページ | 藤井フミヤ3年ぶりのNEWアルバム「LIFE IS BEAUTIFUL」 »

2012年5月 2日 (水)

「LIFE IS BEAUTIFUL」

あれから1年。

予想以上にご無沙汰してしまった。なんとか元気に生きています。

こんな自分を心配してくださった方には、ホントに申し訳ない気持ちでいっぱい。
ブログを休載してから1年以上が経過。その間には、記憶に新しい東日本大震災などもあった。
1000年に一度という未曾有の大災害、同じ国民である以上、非常に心を痛める出来事だったと痛感する日々。
被災地の方々の一日でも早いココロからの復興をお祈りします。

さてこの期間、何をしていたかと問われれば「人間らしい生活をしていました」という答え以外ない。

ブログの最後の記事がああいう内容だったからといって、長い期間、喪に服していたワケでもない。

体調面は相変わらず。そのことに関しては、ジレンマにも似た例えようのないもどかしさを抱えたまま。

もちろん日々の生活のなかで、「イイタイコト、ツタエタイコト」はたくさんある。
しかし、悲しいかな今のワタシには長時間、キーボードを叩くことが出来ない。

物理的に時間がないとか時間的な制約の問題ではなく、腕のしびれや指先の痛みと戦わなければなならないのである。

いまもって長時間パソコンを使っていると指に激痛が走る。症状的には、指先に薄いビニールを巻いたような感じで、自分の体じゃないみたいな感覚。
そんなこんなで、現在は長文を打つことさえ難しいのが現実だ。

■ブログニオモウコト

ブログに関しては、個人的に思うところがあった。

自分の意見をあれこれ自由に書いて発信し、不特定多数の方に読んでいただけるという貴重な体験もそれはそれで楽しかった。

戸惑ったのは、自分の予想以上に反響が大きく、あれこれと意見することに大人的な事情が絡んでくることが非常に面倒に思えた。
あれも言いたい、これも言いたいとアタマの中では思っていても、色々なしがらみを考慮しつつ自重する日々。

コレを書きゃなきゃアレの話も書けないし、と勝手に行き詰まり内容を吟味する”ドミノ・スパイラル”に迷走してしまう。

ぶっちゃけ、休載中もブログ記事は、いくつかは書いて、ちゃんと準備はしていた。
が、「更新せずに手元に置いておいた記事」というのは、時間の経過と共に色褪せた内容に思えてしまえて、結局全部消してしまった。

再開するなら以前のように、毎日更新していくことを前提にしたかったのだが、残念ながら体調面が安定しない。
ブログ再開のタイミングには慎重にならざるを得なかった。

そんなこんなで、ブログを書くという行為が精神的負担に思えてきて、こんな状態なら「書かない方がマシかな」という不安感に襲われていく。

休載中は正直、ブログは完全な放置状態。情けないことにパスワードさえ忘れる始末。「なんか、もう関わりたくないかな」という気持ちにもなった。
(休載してからは、なんとなく親しい知人たちのブログもパッタリと読むのを止めてしまった。みんなごめんよ。)

そんな放置状態だったにも関わらず、ワタシのもとにブログ読者の方からいくつかのメールを頂いていた。

内容は、体調を気遣うものを始め、記事に関する感想などなど。特に一番多かったのは、趣味を同じくする方たちからのブログ再開の懇願だった。
ただ、ワタシとしては他にいくらでも意見を書く人たちがいるので、何もいまさら自分が書く必要があるまいというスタンスでいた。

しかし、ワタシを知る人たちに言わせればワタシにしか書けない文章もあるらしい。

それがなんであるかは自分自身、イマイチ理解出来ていないのだが、とにかく不定期に更新していくことにした。

■本日のクイズデリバリー(★★)No.86
本のインクの匂いが原因ともいわれているもので、書店や図書館などで本に囲まれたときに急激に便意を催してしまう症状のことを一般に何現象というでしょう?

|

« 親父が亡くなった日 | トップページ | 藤井フミヤ3年ぶりのNEWアルバム「LIFE IS BEAUTIFUL」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/45098429

この記事へのトラックバック一覧です: 「LIFE IS BEAUTIFUL」:

« 親父が亡くなった日 | トップページ | 藤井フミヤ3年ぶりのNEWアルバム「LIFE IS BEAUTIFUL」 »