« 木梨サイクルで、何か買う | トップページ | Redwing 8166 ファクトリー・セカンド »

2012年5月18日 (金)

伝説のカルト雑誌「COMIC GON!」学研ひみつシリーズ特集号

懐かしのカルト雑誌だった「COMIC GON!」を紹介しよう。

Dscf43751
これは、大洋図書(ミリオン出版)から不定期に発売され、わずか5冊で廃刊になってしまった幻のサブカルチャー系雑誌である。

記念すべき第1号は平成9年5月に発売された。表紙も独特なレトロ感が漂う。

Dscf43811

この創刊号では、江口寿史先生のインタビュー記事が3ページ掲載されている。デビューから「ラッキーストライク」までが語られてます。
※表紙には、「ストップ!!ひばりくん!」の最終回を独占激白!?との見出し。

Dscf43821

2号では、「学研ひみつシリーズ裏情報びっくり大事典」という特集が3ページに渡って掲載。旧版カバーの表紙を全部載せていたり、「売り上げ完全リスト」もある。

Dscf43771
なかなか、ひみつシリーズを特集した記事は見当たらないし、記憶にない。かなり貴重だと思うのでファンならば必見。例えば、背表紙にある★の数のひみつなど、マニア心をくすぐる情報が書いてある。短いページ数ながら、ギュギュッと情報が詰まっていて、ひみつファンにはたまらない。

Dscf4370

特筆すべきは、ひみつシリーズで活躍された内山安二先生の書き下ろし「ひみつシリーズのひみつ」が6ページに渡って掲載されている。

Dscf4371

3号では、学習まんがで活躍されていたふたりによる、科学まんが対談「内山安二VSあさりよしとお」が3ページ。

Dscf43781
※それぞれ1ページずつ、まんがの書き下ろしを掲載。

Dscf4379

とにかくこの雑誌はスゴかった。

取り上げるテーマがなんともマニアックで、これでもかというぐらいの記事のオンパレード。ひとつひとつの記事のページ数が短いながらも、内容がぎっしりと詰まっていて読み応えがあったのだ。

懐かしの名作マンガを、この雑誌だけで復活させているのも特色で「まいっちんぐマチコ先生」「うわさの姫子」「名たんていカゲマン」「ゆうひが丘の総理大臣」「サーキットの狼」「パンクポンク」などを書き下ろしの平成版として作品が掲載されている。

Dscf43881

号数を重ねていくごとに雑誌のパワーや企画力が落ちていくのが感じられ、残念ながら平成11年6月に最終号を迎えてしまった。

あれから結構な年数が経つが、こんなにエネルギーが感じられるサブカルチャー雑誌には出会っていないのが寂しく感じる。この手の話題が好きな人は、オークションやブックオフなどで探してみるといい、絶対にそれだけの価値があるハズだ。

■本日のクイズデリバリー(★★)No.94
人気のキャラクター駅弁で、鳥取駅で販売されているのは「ゲゲゲの鬼太郎風呂茶漬け」駅弁。では高松駅で販売されている人気のキャラクター駅弁といったら何でしょう?

|

« 木梨サイクルで、何か買う | トップページ | Redwing 8166 ファクトリー・セカンド »

学研ひみつシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/45302259

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説のカルト雑誌「COMIC GON!」学研ひみつシリーズ特集号:

« 木梨サイクルで、何か買う | トップページ | Redwing 8166 ファクトリー・セカンド »