« CUTE BEAT CLUB BAND LIVE in LONDON at ASTORIA,1987 | トップページ | TSUTAYAでMr.Children「micro」「macro」をレンタル »

2012年5月26日 (土)

Redwing 8179 ブラックワーク・ブーツ

年明けに、ちょっとした幸運が舞い込んで来た。

Dscf4121

昨年買った「年末ジャンボ」で10,300円が当たっていた。※5等(1万円)下3ケタ330番 7等(300円)下1ケタ9番。
(正確には、昨年の12月31日に発表だが、翌日の1月1日に新聞を見て当選がわかったので、感覚的には年明けの幸運。)

当選記念に何かカタチに残るものを買いたいな、と思い選択したのがRedwingだった。

8166を買ったばかりだったが、革靴は1日履いたら2~3日は休ませるのが基本だというので、もう一足欲しかったのだ。

Dscf4570 ■ブラックワーク・ブーツ
前回8166のファクトリーセカンドを購入するときに、最後まで迷ったのが8875のMocToeである。
つま先に空間を持たせたデザインと機能性が忘れられなかったのだが、再度購入するチャンスが訪れた。

基本は、オロ・ラセット(赤茶)の色が好きなので、8875を購入しようかとも思ったが、黒い靴も持っていたかったため熟考の末、同じタイプの8179を選択した。

Dscf4574

十数年前のブームのとき、この8179はプレミア価格がつくほどの人気No.1で、入荷次第その場で即完売といった状態だったのを思い出す。
今回は、その永い期間の空白を埋めるための選択だったのかもしれない。※黒セッターこと8179は、偽物も多く出回り話題にもなった。

定価は、29,820円(税込)と高額だったので、前回同様にファクトリーセカンド(約19,000円)を購入するつもりでいた。
が、海外から買い付けられるため、なかなか入荷が不安定。3週間ほどヤキモキする日々を送りつつ、同時進行ではオークションの値段をチェック。
結果、オークションでなんとか13,500円で落札することが出来た。

Redwing_8179

正真正銘の正規品で、前回の購入から1ヶ月も経たないうちに2足目を買ってしまった。

シューレース(靴ひも)は、イエローとブラウンの色合いがレッドウィングの深みのある革の色にインパクトを与えてくれるので、8179も、トラ紐に変更しようかと思ったがそのままにしてある。

黒い色は落ち着きがある感じに見え、履き心地も抜群。まだまだしっくり来る感じではないものの8166同様、Redwingには満足している。

Dscf4575

■Redwingシューケア製品
ミンクオイルは、すでに買っていたもののRedwingのロゴの入ったブラシが欲しかった。
なんでもロゴ入りブラシは、もう生産していないらしく、どこも品切れで都内のショップでは見つけることは出来なかった。

Dscf4577

数日後、仙台を訪れていたとき、たまたまASBee(アスビー)を覗いたらロゴ入りブラシを発見。話好きな店員さんの接客が気に入ったので防水スプレーも合わせて購入。
親切な店員さんは、わざわざ倉庫からカタログも探してきてくれた。

Dscf4572

ケア製品を買ったものの、いまだに手入れをしていないのが気がかり。季節的にはそろそろ暑くなってきたし、梅雨も近づいてきたので大事にしまおうかなと考えている。

■本日のクイズデリバリー(★★)No.98
普段は海によって隔てられている陸地と島が、干潮時に干上がって出現した海底と一時的に陸続きとなる現象を何というでしょう?

|

« CUTE BEAT CLUB BAND LIVE in LONDON at ASTORIA,1987 | トップページ | TSUTAYAでMr.Children「micro」「macro」をレンタル »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/45406148

この記事へのトラックバック一覧です: Redwing 8179 ブラックワーク・ブーツ:

« CUTE BEAT CLUB BAND LIVE in LONDON at ASTORIA,1987 | トップページ | TSUTAYAでMr.Children「micro」「macro」をレンタル »