« ジャイアンツ首位に躍り出る!!金環イヤーはV率100% | トップページ | 熱狂の埼玉スタジアム サッカー日本代表ヨルダンを撃破!!勝ち点を6に伸ばす!! »

2012年6月 8日 (金)

アブラーズ「Have a Good Time」レコーディングライブ・全国ツアー

【「Have a Good Time」】
アブラーズが2011年4月に発売した通算4枚目の最新アルバム「Have a Good Time」は、レコーディングライブと銘打って公開収録が行なわれた異色作である。

Dscf4672
原宿アストロホールで、ファンの前でアルバム用の新曲(10曲)を実際に演奏し、それをそのまま録音したライブ感溢れるアルバムに仕上がっている。
(当日は2公演が行われ、アルバムには2公演目のテイクが採用された。)

※全10曲収録されているが、6曲目「IN A PANIC」と7曲目「奴さん」との間に、曲紹介のMCがクレジットされ、CDに挟み込まれている。

Dscf4673

■「Have a Good Time」 a-bra:z Recording Live 2011.2.6■

日時:2011年2月6日 (日)
場所:原宿アストロホール/オールスタンディング
料金:各回 ¥5,000 (drink代別)
   通し券:¥9,500 (drink代別)

■<セットリスト>■

赤いマラカス→「赤いマラカス」
シカゴ→「NIGHT RAID」
キャットウォーク→「CAT WALK」
夜光虫→「夜光虫」
2011→「カントロバーシー」
カフェ→「IN A PANIC」
やっこさん→「奴さん」
ムード→「MOOD」
バッタ→「TRACE」
黒いブーツ→「COME TO LIFE AGAIN」

■アンコール(前半)
赤いマラカス
エスカルゴ

■アンコール(後半)
原宿マイラブ (演歌※アブラーズの持ち歌ではない即興曲)
オウ イェイ!
酔いどれのブギウギ

※新曲(上記10曲)は、すべて仮タイトル(左側)で発表され、アルバム発売に伴い正式タイトル(右側)になった。

Dscf4674

■2011 Tour Have a Good Time TOUR
このニューアルバムを引っ提げた久々のアブラーズ全国ツアーが4ヶ所で行われた。

福岡 「博多Be-1」 6月5日(日)・東京 「赤坂BLITZ」 6月11日(土)・名古屋 「Club Quattro」 6月18日(土)・大阪 「AKASO」 6月19日(日)

■a-bra:z「2011 Tour Have a Good Time 」(赤坂BLITZ)2011年6月11日

01.カントロバーシー
02.Trigger
03.アブラでツイスト
04.CAT WALK
05.NIGHT RAID
06.奴さん
07.Body Line
08.IN A PANIC
09.MOOD
10.Funky Staff
11.Roll On
12.ゲゲゲの鬼太郎:アンバサダー武内
13.サブウェイ特急(矢沢永吉):アルマジロ大土井
14.ペッパー警部(ピンクレディー):リットル藤井
15.エスカルゴ
16.キザな奴
17.TRACE /18. Paradise /19. K-Funk ※メドレー
20.太陽を追いかけろ
EC1.オウ イェイ!
EC2.アブラーズのテーマ

全22曲

※最終日の大阪では、ダブルアンコールで「酔いどれのブギウギ」「Shake」を演奏。

Dscf4675

■2011.6.11.赤坂ブリッツで行われたライブ映像を中心に、札幌サミット、ライジングサンの模様までも収録された、ライブドキュメントDVD。アブラーズの疾走感からデタラメさまで(笑)全て納められた作品と言っていいだろう。

そうそう、物販で販売されていたツアーTシャツは、バックプリントにピアノの鍵盤が描かれていてなかなか可愛いデザインだった。しかし、販売されていたのは150サイズとMサイズのみで、泣く泣く購入を断念。せめて、Lサイズを用意して欲しかったぜぃ。
■謎の欠番「08」はどこに?

あと、どーでもいいことなのだが、アブラDVDに”ある謎”を発見して気になったことがある。パッケージの裏面には、作品ごとにナンバリングがされているのだが、なぜか「08番」だけが見当たらないのだ。

01~02:「アブラーズの心」 03:「OIL SHOCK TOUR」 04:「4 OF US」 05:「CLOVER TOUR DVD」06:「a-braTV DVD 」07:「ON THE MOVE DVD」09:「a-braTV2「その時グラッチェ!」」10:「Have a Good Time Tour 2011」

なんか不思議だったので、疑問を呈してみた。

■あぶらまつり2012

毎年恒例の「あぶらまつり」も先行受付が始まった。※6/25(月)まで。その後に一般販売。今年は、メンバーそれぞれのソロライブがあり、チェの曲も演奏する予定とのこと。

日時/2012.7.16
場所/Studio Coast(東京)
オープン/12:00
クローズ/20:00
料金/¥6,000ー

ーータイムテーブルーーーーーーーーーーーーー

12:00/オープン(屋台とDJスタートです!)
13:00-13:30/WILD-G
13:30-14:00/大土井裕二とアブラーズ
14:00-14:30/武内享とアブラーズ
14:30-15:00/藤井尚之とアブラーズ

15:00-19:00/インターバル
*野外ステージでは恒例の屋台チームバンド、
アブラメンによる「その人にまかせたショー」(笑)、
「レモンとマスター」「BBBB」などが行なわれます!
プールサイドのDJ、メインバーサイドでは「バー武内」も!

19:00-20:00/アブラーズLIve

http://ablog2011.exblog.jp/15470582/

■アブラーズのCD、DVDは「ジャムコロニーストア」で絶賛販売中!!

Dscf43631

http://jamcolo-store.shop-pro.jp/

今回の記事は全然、旬な話題ではないので恐縮なのだが、個人的な防備録としてデータをブログに残しておきたかった。
(敢えていえば、アブラーズの宣伝部長でもあるので、今回はあぶらまつりの告知を兼ねたPR普及活動。)※アブラーズファンは、全員が宣伝部長なのである。

Photo

■昨日の正解No.104【インターリーグ(インター・カンファレンス)】
アメリカでは、4大国技のうちNFL(アメリカンフットボール)、NBA(バスケットボール)、NHL(アイスホッケー)では、違うカンファレンスと対戦する「インターカンファレンス・リーグ」を積極的に取り入れている。MLB(野球)は、1994年9月から95年4月の選手会主催のストライキによってファンの野球離れが深刻になったことを背景に1997年から導入された経緯がある。
日本では、セントラル・リーグとパシフィック・リーグのそれぞれに所属するチームが対戦するセ・パ交流戦が2005年から行われている。05~06年は、各チーム36試合(ホーム&ビジターで各3試合)、07年以降は、各チーム24試合(ホーム&ビジター各2試合)に変更されている。それぞれが他リーグの6チームとホーム&ビジターで対戦。勝敗や個人成績はペナントレースに反映され、さらに交流戦独自の順位や個人賞が設けられている。

歴代優勝チーム:05~06年:千葉ロッテマリーンズ 07年:北海道日本ハムファイターズ 08~09年:福岡ソフトバンクホークス 10年:オリックス・バファローズ11年:福岡ソフトバンクホークス

|

« ジャイアンツ首位に躍り出る!!金環イヤーはV率100% | トップページ | 熱狂の埼玉スタジアム サッカー日本代表ヨルダンを撃破!!勝ち点を6に伸ばす!! »

アブラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/45554410

この記事へのトラックバック一覧です: アブラーズ「Have a Good Time」レコーディングライブ・全国ツアー:

« ジャイアンツ首位に躍り出る!!金環イヤーはV率100% | トップページ | 熱狂の埼玉スタジアム サッカー日本代表ヨルダンを撃破!!勝ち点を6に伸ばす!! »