« 「テレビクイズ入門」(世界書院) 近藤孝 | トップページ | アブラーズ「Have a Good Time」レコーディングライブ・全国ツアー »

2012年6月 7日 (木)

ジャイアンツ首位に躍り出る!!金環イヤーはV率100%

とうとう、ジャイアンツがリーグ首位に立った!!

今シーズン51試合目にして、ようやく中日を抜きジャイアンツが首位に浮上!!3連勝で貯金も2ケタの10と絶好調になってきた。交流戦も好調を維持、首位をキープしたままなので、交流戦の優勝も視野に入ってきている。

突然だが、ワタシはジャイアンツファンである。

Dscf4391

関東圏に住んでいれば、ごくごく普通のこと、ましてや東京生まれなのでジャイアンツを応援するのは、自然の成り行き。
ファンといっても、ホームゲームは必ずドームに応援に行くとか、地方まで遠征するといったそんな熱狂的なファンではない。

野球中継があれば視聴するし、なければネットで試合経過をチェック。スポーツニュースや翌日の新聞を楽しみにしている程度のファンである。

その割には、”巨人が負けた日は機嫌が悪い”と家族からは敬遠され、”勝った日には遠まわしにおねだり攻撃を仕掛けられる”という典型的なタイプのようだ。

■金環イヤーはV100%
そんなジャイアンツに、気になるデータを発見してしまった。

1950年の2リーグ制後、これまで日本で金環日食が観測されたのは、55、58、87年の計3回。巨人は、いずれの年もリーグ優勝をしている。※55年は日本一。金環日食の年は、優勝確率100%というなんとも心強いデータなのだ。

今シーズンの4月には、球団史上優勝したことがないという「借金7」となり、統計学的には、V確率0%の状況にまで陥いるハメに。

今年は、杉内、ホールトン、村田と鳴り物入りの豪華補強で開幕したものの、貧打続きで完封負けが続き、早くも優勝が望めないような絶望的な展開に襲われていた。

”あの”DeNAにも差をつけられ、一時は6位にも沈んだ。が、オーダーの変更が功を奏し、徐々に秘めていた実力を発揮し始める。
6位(4/25時点で、6勝13敗1分け、勝率3割1分6厘)から22勝5敗4分け、勝率8割1分5厘の怒涛の快進撃。そして、とうとう今季51試合目にしてリーグ首位に躍り出た。

まだまだシーズンは続くので、一喜一憂は出来ないが、秋には実りあるシーズンだったと喜びを噛み締めたい。頑張れジャイアンツ!!GOGOジャイアンツ!!

Dscf4393

上記の写真は、交流戦のオリックス戦(5月16日、17日)で、入場者全員に配布プレゼントされた闘魂ならぬ「橙魂レプリカオレンジユニフォーム」。フリーサイズで割と大きめに作られているので、そのまま気楽に被って着れる。ボタンがついているアディダス製(フリーサイズ)のしっかりした作り。なんとも嬉しいファンサービスである。

個人的には今後は、埼玉西武ライオンズのように”球団フラッグ”を作って来場プレゼントにして欲しいなと思っている。なんかフラッグを振った応援風景、ライオンズの応援がカッコ良く見えるから羨ましい。

次回、レプリカユニフォームの配布は、7月12日(木)広島戦(東京ドーム)でも実施される。※立ち見席(1,000円)でも貰えるので、ぜひGETしてジャイアンツを応援しよう!!

■それにしても、6月6日はいろんな出来事があった。

①金星が太陽面を通過する日だったのだが、残念ながら小雨と雨雲で見ることが出来なかった。次回は、105年後の2117年、間違いなく死んでいる。(太陽面に入った瞬間に金星が滴のようにゆらゆらとゆがんで見える「ブラック・ドロップ」という現象を見てみたかったぁ~。)
②第4回AKB選抜総選挙も日本武道館で開催。大島優子ちゃんの圧勝だったなぁ。
③未明には、E3から任天堂のWii Uに関する嬉しい発表があった。念願の「ピクミン3」の発売が発表されたので、楽しみに待ちたいと思う。

■本日のクイズデリバリー(★)No.104    
2005年から導入され、名勝負が繰り広げられているプロ野球の交流戦。では、アメリカのメジャーリーグでは交流戦は何という名称で呼ばれているでしょう?

|

« 「テレビクイズ入門」(世界書院) 近藤孝 | トップページ | アブラーズ「Have a Good Time」レコーディングライブ・全国ツアー »

SPORTS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/45557618

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ首位に躍り出る!!金環イヤーはV率100%:

« 「テレビクイズ入門」(世界書院) 近藤孝 | トップページ | アブラーズ「Have a Good Time」レコーディングライブ・全国ツアー »