« 2012年6月 | トップページ

2012年7月

2012年7月22日 (日)

ブログ夏休み休暇のお知らせ

毎回、ブログにアクセスして下さってありがとうございます。

ここ最近のアクセス数は、異常な伸び率。右肩上がりで嬉しいのと、同時にプレッシャーも感じているのが正直な気持ち。
こんな内容で、面白いのかなと自問自答をしている次第。

読者の方には、まったく関係のない事情なのだが、毎日更新という目的を優先するためだけに、安易な記事などを書いてしまい本人的には反省の日々。

このブログも本来の趣旨とは、だいぶかけ離れてきており、軌道修正をしたいと思いつつも、ついつい個人的な趣味の範囲ばかり。(でも、ブログってそんなものなのだと思う。)

ホントは、もっとクイズ関連の記事を書きたいとは思っている。

だが、想いが溢れすぎて必要以上に長文になったり、資料を揃えるのに時間を費やしたりしてしまっている。なかなか納得のいく内容のものが書ききれていないというのが正直なトコロ。
(こうして、時間をかけて書いたクイズ関連の記事は、正直あまりアクセスがないというのも”残念ポイント”なひとつ。気分転換で、さらっと書きなぐったモノの方が数倍アクセスがあるというのも皮肉な現象。)

書きかけのクイズ記事はいくつもある。

事実確認や文章表現に悩んで寝かしているものがほとんど。自分なりに上手く順序を構成して、お届けしたいとは思っているのだけれども、限られた時間の制約のなかでは難しいのが現実。

もともとブログは、不定期な更新に憧れていて(?)、気が向いたときに更新するスタイルに変更したいと思っているのだよ。
※毎日更新じゃないと、「本日のクイズ問題」が成立しないということにも悩んでいた。(コレを楽しみにしている人っているのだろうか?)

休んだところで、文章が格段に上手くなるワケでもないし、内容が充実したものになるワケでもないのは、重々承知のうえなのだ。ブログに時間を取られて、読書やTV鑑賞の時間などが格段に減ってしまったので、無理せずバランスのいい感覚を模索してみたい。

個人的な事情として、こどもも夏休みに入ったことで、正直、落ち着いて文章を書くということが難しくなってしまった。(この期間は、宿題をみたりとプライスレスなことをしてあげたいということも要因なのだ。)

なので、しばらく”夏休み”としてブログをお休みしまーす。(そのままずっと休んだりして(笑)、と予防線を張っておく。)ではでは、みなさんいい夏をお迎えくださいな。

Photo
■昨日の正解No.126【レイ・ユーリー】
同一種目の3大会連続金メダルは過去に24人いるが、3大会連続2冠は100年以上前に米国陸上男子のレイ・ユーリーが記録したのが唯一。
レイモンド・クラレンス・"レイ"・ユーリー(RaymondClarence"Ray"Ewry、1873年10月14日-1937年9月29日)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手。1900年から1908年にかけて行われた3回のオリンピックで8個の金メダルを獲得、1906年に行われた中間大会で2個の金メダルを獲得した選手である。この中間大会を含めると獲得した金メダルは10個となり、2008年現在競泳のマイケル・フェルプスに次ぐ史上2位となる。中間大会の位置づけ故に評価は分かれるところ。
ただしこの10個は、いずれも現在のオリンピックでは実施されていない、「立ち幅跳び」「立ち高跳び」「立ち三段跳び」での金メダルである。さらに、このうちの2個を獲得した1906年の中間大会は、第1回オリンピックに気を良くしたギリシャが、強引に開いた大会で、公式の大会とは見られない向きもある。そのため、ユーリーが史上最多金メダル獲得者であるか否かは、研究者の間でも意見の分かれるところである。

※【ちょっとひとこと】
スポーツ問題が続いてしまったが、このタイミングでしかこの問題は出題出来なかったので、ご勘弁を。北島康介がこの記録に並ぶのかどうかに注目したい。クイズ問題(特にスポーツ)は常に、歴史(記録)が変化していくもの。歴史の証人として、世紀の瞬間を見守りたいと思う。ガンバレニッポン!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

Standing on the Rainbow2011&2012 日本列島制覇map

2011年から開催されているStanding on the Rainbow。
※チェッカーズのリーダー武内享さんがチェッカーズの楽曲のみをDJするというイベント。

日付が変わった本日7月21日は、主催者の武内享さんの50歳の誕生日で、この生誕祭を記念したStanding on the Rainbowがいよいよ東京(渋谷)で開催される。(もともとは、自身のライブを予定していたが、バンドメンバーの調整がつかず断念。代わりに、この東京レインボーを開催する運びとなった。)

Standing_on_the_rainbow
ワタシも応募したが、見事に抽選で落選してしまった。※ウワサでは、応募1万人とか言われている。ホントか?参加者のみなさんブイブイで盛り上がってきてください。

仕方がないので、「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)仕様に切り替えた。(この時期のゆりかもめは、お台場合衆国目当てのお客さんでいっぱい。汐留にも遊びに行ってあげて下さいね。)
「東京レインボー」は、急遽打ち上げのみの参加も可能と発表されたが、ファンが殺到して混乱しないのかが、ちょっとだけ心配。

さて、このレインボー。トオル氏は、本気で日本全国のチェファンに会いに行こうと全国行脚を目指している。(不定期の開催なので、TwitterやHPで随時のチェックは欠かさずに。)

エリアによっては、今回のように応募が殺到する場所もあれば、わずか19人しか集まらなかった(青森)というアットホームなエリアもある。(あなたのエリアにも必ず来てくれるので、この機会を逃さないように。)
ただ、CDを聴かせるだけでなく、楽曲の裏話やアマチュア時代のレアなテープなども披露してくれる。さらに、ベロベロになってくると(?)生ギターで、弾き語りもしてくれる可能性もある。イベント終了後の打ち上げでは、トオルさんからのハグや2ショット撮影など、気軽に応じてくれる密着度の高いイベントなのだ。

そこで、エリアの把握をするために勝手に日本列島の制覇mapを作成してみた。
※2011年は赤色、2012年は青色で訪れたエリアを色彩した。(クリックで拡大出来ます。)

20121
Standing_on_the_rainbow2012
■Standing on the Rainbow2011■(9ヶ所。6県・2府・1道)

9月22日(木)/神奈川県・川崎アティック

10月16日(日)/北海道・札幌BAR LOCOTONTE

10月21日(金)/大阪府・Do With Cafe

10月22日(土)/愛知県・名古屋Live&Party51

11月5日 (土)/福岡県・Club Lab-Z Remix

11月6日 (日)/広島県・SHELTER69

11月12日(土)/宮城県・仙台NeoBrotherZ

11月13日(日)/福島県・ラヴィバレホール

11月22日(火)/京都府・Club Metro

■Standing On The Rainbow2012■(10ヶ所。9県・1都)※7/21現在。

5月3日(木)/新潟県・The PLANET

5月18日(金)/静岡県・Sunash

5月19日(土)/香川県・sound space RIZIN'

6月22日(金)/栃木県・宇都宮1LDK

6月23日(土)/青森県・Hawaiian Bar Aloha

6月30日(土)/埼玉県・大宮・EAGLE

7月1日(日)/千葉県・PENTHOUSE

7月6日(金)/長崎県・Music Bar Paranoia

7月7日(土)/佐賀県・G-COLLECTION

7月21日(土)/東京都・渋谷PLUG

Photo
※本日7/21現在、19都道府県を制覇。全国制覇まで、あと28ヶ所。ガンバレ!!

■本日のクイズデリバリー(★★★)No.126
オリンピック史上、夏季・冬季を通じて3大会連続、2種目で金メダルの獲得を成し遂げた唯一の選手といったら誰でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

藤井尚之 LIVE DVDコレクション

こないだの”あぶらまつり”で触発され、ついつい深夜にDVDの鑑賞会をしてしまう。
(睡眠時間を削って暴走してしまった。今回は、話題がちょいちょい脱線気味。)

チェッカーズのメンバーは、解散以降も個別なソロ活動を継続。ワタシも基本的には全員を応援している。(※モクだけは確執騒動以降、正直少し抵抗がある。)

Dscf5350
■チェメンバーを応援

CD、DVDは全部揃え、積極的にではないが行ければ極力ライブにも行くというスタンス。
(ちなみに、ファンクラブには藤井フミヤにしか入会していない。尚会報を細々と集めている状態。)

Dscf5351
それぞれのファンは棲み分けというか、ナオユキライブに行くと顔見知りもいるが、なかなか普段(フミヤ関連で)見かけない方が多いのは気のせいだろうか。

毎回思うのは、ナオユキファンは、綺麗なというか美形率が高い気がする。しかも、お話したりすると、独身の方が多くて驚かされる。内心「しまった、早まったぁー」である(爆)。こないだのレインボーで、知り合った方もモデル並の美人なのに独身。てっきり若いファン(どう見ても20代)なのかと思いきや、チェ世代のアラフォーとのこと。バツっているワケでもないのに、独身なのはもったいないなぁーと心底思った。ワタシの周りにも独身がいますが、残念ながらみんなド変態なので、紹介出来ません゚(゚´Д`゚)゚

Dscf5352
藤井尚之さんは、チェッカーズ時代からソロ活動を続けているので、当然CDやDVDなどもたくさん出ている。
SAXプレイヤーとしての実績を持つが、シングルやアルバムではインストだけでなく当然、歌も歌っている。これが、実兄(藤井フミヤさん)とは、また違う感じの声質で、なんとも甘く味のある歌声で、そこに魅力を感じてしまう。

もちろん、作曲センスも抜群で、その才能にいち早く目をつけた後藤次利氏から「早くソロデビューした方がいい」と熱心な誘いを受けたほどだ。
※チェ時代もシングル曲では、最も多くの曲が採用されている。(ナオユキ8曲、マサハル7曲、ユウジ2曲、トオル2曲)

Dscf5353
セカンドアルバム「もっとチェッカーズ」に収録された「Lonely Soldier」は、ナオユキにとって初めて採用された楽曲。これがバラードの名曲で、才能の片鱗を感じさせた。
(当時、カセットテープのA面B面に全部、この曲だけのカセットを作って繰り返し聴いていたほど好きだった。)

■懐かしい学生時代

カトリーヌあやこの「theにがおショー」(セブンティーンに連載)では、ナオユキを主人公にしたマンガもあったりした。
※取り上げるアイドルが、チェッカーズから徐々にジャニーズ系(光GENJI)に以降していってしまうのが悲しかったけど(笑)

The
「セブンティーン」って当時の男子が買うには、もの凄い勇気がいる行為だったのだよ。

コンビニなんてまだ全然なくて、本屋でしか買えない。エロ本買うのより恥ずかしくてね、レジの店員がおねいさんだったりすると、絶対買いに行けない(笑)
そんな相談をポロッとしたら、クラスのチェ友達(♀)が毎回買って来てくれて嬉しかったのを覚えてる。

なにしろ、チェファンは女の子率高かったので、いつも学校では女の子のなかに囲まれていた気がする。(オネエではない、念のため。)

ある日、学校の番長から呼び出し受けて、なんだろーと思ったら「チェッカーズのレコード貸してくれ、全部な。」とか言われた(笑)そのあと強力な用心棒になってくれたりして学園生活は安泰。なんかチェのおかげで、学生時代はいい思い出ばかりだった気がする。
(友達に女の子を紹介するのも必ずワタシの担当だったなぁー。)

えっと、もちろん若かったので○○したり、○○○ばっかりしてた。仕方ないよねー(って全然わからない。)チェのビデオ鑑賞会と称した、お泊り会にもよく呼ばれました(ムフフフッ。)恋バナとか、恋愛相談もよく受けていたなぁ、懐かしい。

部活もサッカー部(サッカー選抜)で、アダ名は”翼くん”だったりした。後輩の女の子からも翼先輩とか言われてて本名だと思われていた時期もあった(ホントの話なのだよ)。
50m走は、5.8秒。「ビートたけしのスポーツ大賞」(テレビ朝日系)では、カールくん(機械で、レール上を走行する超速い人形)に勝ったりもした。(典型的な目立ちたがり屋?)

いまじゃ駅の階段登っただけで息切れ、確実に体力の衰えを感じる(笑)

話題が脱線、軌道修正します。

■ビデオ・LD・DVDの変遷

作曲に関していえばチェ時代の曲は、珠玉な曲ばかり。特にバラードは”ナオ・バラ”とファンの間では呼ばれているほど認知されていて名曲が揃っている。

チェ解散後も、ソロ活動は活発。映画「教祖誕生」の映画音楽を監修、F-BLOODでユニット、S,F,、アブラーズ、Non chords、The Nature Sound Orchestra、SLUG & SALTと幅広く活動を展開している。

※「ゆるりふわり」以降は、PCを導入したせいか楽曲の作り方が安定したクオリティを保っている気がする。結婚したということも影響があったのかなとも思える。F-BLOODの「Ants」などは、全曲がイイ曲ばかりで個人的にお気に入りのアルバム。

Dscf5341
メディアの変化もめざましく、ビデオ、LD(レーザーディスク)、DVDと媒体が変わるたびに同じ素材を買い直した。(チェファンは、レーザーディスクの所有率が高い(笑)。LD版には、ビデオ版にはない特典映像などがあったりしたので、LDを購入した人が多かった。)

■ポニーキャニオンより3シリーズのライブ初DVD化
チェッカーズ時代の1989年に発売されたソロ映像作品「THE SESSION」、1995年のツアー「BARE」、1996年の「LAZY」の3シリーズが初のDVD化。

Dscf5342
・THE SESSION~from(Naturally)to(Blow Session)
・BARE~Naoyuki Fujii Concert 1995
・1996 Naoyuki Fujii Concert Tour "LAZY"

Dscf5346
ライブビデオ。「CORONA」から「Vitamin N」(2003年)までがビデオで販売された。これらの作品はDVD化される日は来るのだろうか?

Dscf5348
ほとんどがファンクラブでの限定販売。「nub Liveスカイハイ」には、武内享がゲスト参加。チェ解散後、初となった一緒の演奏シーンには感動させられた。

Dscf5344
「SMOKE SHADOW」(2004年)からDVDで販売されるようになった。大土井裕二もベースでバンドメンバーとして参加。アンコールで、藤井フミヤが駆けつけることもあるが、ナオユキファンがメインのためか、登場しても「キャー」とかいう歓迎があまりないのが、なんか斬新に感じられる。(同じくファンクラブ限定販売のものがほとんど。)

そして、最新DVDの受付締切日(WEB締切8月5日)が迫っている。

■ライブDVD「-from RUBBER TOWN-」いよいよ予約受付開始!!!
ライブDVD「NAOYUKI FUJII with The TRAVELLERS TOUR 2012 -from RUBBER TOWN-」の予約受付を7月1日より開始いたします。お申し込み方法はWebと郵便払込の2通りです。
http://www.naoyukifujii.net/img/dvd_moushikomi.pdf 詳細はコチラからご確認ください。

完全期間限定の予約販売となります。買い逃すと入手するのが困難なので、ファンの方は忘れずに購入しましょう。

Photo■昨日の正解No.125【ひよの山】
東の前頭二枚目だった鳥ヶ嶽(技能派のせきトリとして人気が高かったがケガで引退)を父に持つ。父の果たせなかった夢を叶えるべく東北から一人上京、様々な困難を乗り越えみんなに助けられ立派なせきトリに成長していく。めざせ横綱!!
日本相撲協会のHPでは「まんがハッキヨイ!せきトリくん」が連載されている。2009年8月31日に協会の公式キャラクターとして発表された。イラストは、多数のキャラクターをデザインしている、にしづか かつゆき。
日本相撲協会 http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_joho_kyoku/special/sekitorikun/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

江口寿史「ストップ!!ひばりくん!」完結 レアミクス・コミックス版

7月18日(水)に発売された「ストップ!!ひばりくん!」(小学館クリエイティブ500円。)
レアミクス・コミックス版も3巻目で、無事に完結となった。

Dscf5337
今回も朝イチで、駅前に本日(7/18)オープンしたセブンイレブンに行ったらば売り切れ。仕方がないので、隣のサンクスで無事に購入。

Dscf5338
この巻も新たに描き足しされたバージョンで、やはりこのシリーズは、「コンプリートエディション」版の廉価版という位置付けの本なのだな。(予想どおり、最終巻の「ボツ原稿21Pボーナストラック」が収録されていなかった。)

Dscf5339
衝撃の出会い!!の巻/プールサイドはドキドキ気分!の巻/恋のトライアングル!!の巻
※装丁がオシャレなので、なんか新刊みたいな感じがするのは不思議。

小学館クリエイティブのHPをチェックすると、”これから出る本”として、「すすめ!!パイレーツ」がラインナップされていた。2012年9月12日・10月17日発売。各590円+税。

表紙は、さすがに描き下ろしじゃないだろうなぁ。小学館クリエイティブさん攻めるなぁ~。パイレーツは、たぶん分厚いのが4巻、このぶんじゃ「エイジ」も出るね、きっと。

それよりも早く、「キャラ者」4巻が読みたいぃ~。いつになったら発売になるのだぁー。
※コンビニ版は、プレミアついてるみたい。スゴイなぁ。

■本日のクイズデリバリー(★)No.125
日本相撲協会の公式キャラクターで、赤鷲をライバルに持ち大鳥部屋に所属しているメインキャラクターの力士の名前は何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

国立国会図書館へ行く「雑学Q&A事典」と「雑学エッセンス事典」の真実

国立国会図書館へ行ってきた。

といっても結構前の出来事で、なかなか記事にする機会がなかった。
国立国会図書館には、クイズに熱中していたときや若手時代に足繁く調べ物で通った思い出がある。(○×クイズの裏取りなど重宝させてもらった。)

Dscf4940
■意外な真実

ワタシがいまだに入手出来ずに探している本が3冊ある。

いずれもクイズ関連の本なのだが、「TVクイズ実戦必勝法」小山鎮男/「クイズ3週間総仕上げ」荒井央/「雑学Q&A事典」黒崎新の3冊だ。

前者の2冊はコピーを所有しているのだが、最後の「雑学Q&A事典」だけは周囲の知人さえ持ち合わせていない謎の本とされてきていた。

毎日欠かさず検索しているが、見つからない日々を送っている。ある日、ふと思いついて、どうせなら、国立国会図書館で中身を確認してしまおうと考えついたのだ。

いざ、現地で「雑学Q&A事典」を検索。申請して30分くらいの待機ののち、待望の本を受け取る。

カバーは残念ながら外された状態。じっくりと時間をかけて中身を確認しようと読み進めると、不思議なデジャブ感覚に襲われる。

Dscf5333
「ん?んん?」、なにか既知感があるので、パラパラと問題ページを急いで開く。

第一問目「フに落ちない」のフとは、どんなところからついた言葉でしょう?(正解 内蔵のこと)

「ま、まさか?!」という想いが頭をよぎる。

問題集のジャンルといい、本の構成の仕方や使用イラスト、もちろん掲載されている問題まで記憶した覚えがある。

Dscf5331
そう、コレはワタシが所有している「雑学エッセンス事典」(青年書館)と、全く同じ内容の本だったのだ。

Dscf5335_2
※左側が国会図書館での「雑学Q&A事典」コピー、右側が所有本「雑学エッセンス事典」。

可能な限りのコピーを申請し、自宅で検証してみる。すると、やはりワタシの記憶どおり、タイトルこそ違えど内容は全く一緒の本であった。

Dscf5336
奥付けを比べてみると、「雑学Q&A事典」(ルック社)は、昭和47年7月20日初版発行。定価450円。
対して、「雑学エッセンス事典」(青年書館)は、昭和47年1月20日初版発行。定価420円。

わずか半年の差で、「雑学エッセンス事典」のほうが早く出版されている。(出版社は、同じ千代田区内に位置するが、関連性があったのかどうかはワタシにはわからない。)
マイナーなクイズ本だが、マニアに一般的に知られているタイトルよりも、さらに古いバージョン本なので、ある意味レアなのかなとも思う。

てっきり同じ著者の別な内容の本だと思っていたので、この真実には驚かされてしまった。

■探求書3冊を求めて

永年追い求めてきた本がすでに持っていた本と同一だったという、なんとも皮肉な出来事だった。しかし、マニアなのでこのタイトルの本が欲しいことには変わりはない。
なので、まだまだこの本を探すことをあきらめたワケではない。
(ちなみに収録されている問題のレベルは、あまり満足度が高くはない。星5つが満点だとすれば、星1つぐらいの感覚な本なので、オススメ本ではない。)

※これらの本に関する情報をお待ちしております。ブログをご覧の方で、近所のブックオフや古書店などで、該当の本を見つけた方はぜひぜひご連絡下さい。

いったい、いつになったら幻の本を揃えられることやら。

Photo_2
■昨日の正解No.124【ロサンゼルス】
光化学スモッグは、工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応をおこし、それにより生成する有害な光化学オキシダント(オゾンやアルデヒドなど)やエアロゾルが空中に停留しスモッグ状になることをいう。
1945年にアメリカのロサンゼルスで初めて観測され「ロサンゼルス型スモッグ」とも呼ばれる。ロサンゼルスで発生した原因として、晴れの日が多い事、大気の入れ替わりが少ない地形である事が挙げられる。日本では1970年7月18日に、環七通りの近くにある杉並区の東京立正中学校・高等学校の生徒43名が、グランドで体育の授業中に目に対する刺激・のどの痛みなどを訴え、東京都の調査によって光化学スモッグによるものということが判明して以来、注目されるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

アブラーズあぶらまつり2012@Studio Coast

2012年7月16日(月)海の日恒例(?)のあぶらまつりに行ってきた。

2004年の開催から9回目を迎え、残念ながら来年の”あぶらまつり”でファイナルという予定。

Dscf5299
■オープン/12:00 クローズ/20:00
料金/¥6,000 当日券¥6,500(リストバンドがチケット替わり。以前のタイプと違い、紙製にコストダウンしていた。入退場は自由。) 

Dscf5301
タイムテーブルは、当初の予定から変更。約30分遅れの設定でスタート。
(みなさん事前のタイムテーブルがインプットされているらしく、「なかなか始まらないね」とイラッていた(笑)。)

12:00/オープン屋台とDJスタート

オープニングで、アブラーズ登場。全員今回のまつりTシャツを着用、マイク片手にトークを展開(2~3分)。「まつり楽しむぜぇー」的な盛り上げで、開幕。

■13:30-14:00/WILD-G 8~9曲 ※タイトル不明。メンバーは8人。最近メンバーチェンジがあったようで、”新生WILD-G”と言っていたが詳細は不明。

Dscf5311
■14:10-14:40/大土井裕二とアブラーズ(4曲)
1.?(矢沢永吉)
2.青い雲
3.honey Bee
4.I Love you,SAYONARA

1曲目、会場で、「shazam」アプリで、検索したのだが曲名がヒットしなかった。歌詞は一部控えたので、のんびりと探す予定。

次のメンバーとのつなぎの準備で、突如司会のコハ・ラ・スマート氏が登場し、彼独特の世界感が醸し出される。ユウジのキャラは、世界ツアーを廻っていた体で、帰国が3年半ぶりだったり5年ぶりだったりとキャラ設定がブレまくり(笑)。サポートバンドの印象を聞かれ「あ、あぁ(あの人たち)アブラーズっていうの?」というキャラに徹していた(爆)

Dscf5308
■14:40-15:10/武内享とアブラーズ(4曲)
1.元祖天才バカボンの春(天才バカボン)
2.帰ってほしいの(I WANT YOU BACK)(フィンガー5)
3.Don't Let me down(The Beatles)
4.ONE NIGHT GIGOLO

コハ・ラ氏とのトークは、似たもの同士(?)空気感がピッタリで爆笑トークを演出。「ワンナイトー」では、後半感極まったかのような、息切れのような感じで歌いきる。まつり終了後、ツイッターで本人いわくここ数日、風邪をこじらせていて体調管理が大変だったそうだ。(全然気付かなかった。気丈に振る舞っていたのがスゴイ。)

Dscf5309
■15:10-15:40/藤井尚之とアブラーズ(4曲)
1.NATURALLY
2.また逢う日まで(尾崎紀世彦)
3.NANA
4.太陽にほえろ(インスト)

1曲目からスゴイ盛り上がり。NANAナオバージョンというのもなかなか聴けないので、貴重だった。「太陽にー」では、拳銃を片手にメンバーをひとりずつ射殺(その楽器は止まる)、まるでチェの「HEART IS GUN~ピストルを手に入れた夜~」を彷彿とさせる演出。コハラ氏とのトークでもメンバーは、死んだままの体(笑)。インストは、ハンパなくカッコ良かった。
本人曰く、「(昔の曲を)やりたくなかった」を連発。「やらないと、オマエの家の玄関の前にウ○コするぞ!」とメンバーに脅されたので、仕方なくラインナップしたとのこと(笑)。もちろん会場中は大爆笑に包まれる。

終了してインターバルタイムに突入。
Dscf5325
■グッズは3種類。Tシャツ3000円(150サイズ/Mサイズ)、手ぬぐい1000円、トートバッグ(エコバッグ)1200円。他には新譜のCD、DVDのみが販売されていた。
※Tシャツの色は、ブルーっぽく見えるが実際は、グリーン。

Dscf5324
■15:45-19:00/インターバル

野外ステージでは恒例の屋台チームバンド、

「アルマジロショー」は、のんびりのほほんとした空気感のライブ。「リットルショー」は、謎の(?)絵描き歌ショーのライブ。

「レモンとマスター」では、ヴォーカリストのレモンさんがバックに「チームLサイズ」というダンサーを従えてのステージ。昭和風なチア衣装で、ドリフ風オープニングのやる気なさを演出した振り付けが斬新で面白かった。
ラストにレモンさんの持ち歌「朝焼け」を披露。観客総出で、同じ振り付けをして盛り上がった。

それぞれ約30分ほどのステージで、アッという間に終了。(レモンさんは、いつもの胸元を強調した衣装で、素晴らしいサービスっぷりを発揮。)

Dscf5327
「BBBB」は、会場中を練り歩くスタイルで、盛り上げていた。ファンがそのあとをついて行くさまは、まるでブレーメンの音楽隊のよう(爆)

Dscf5321
会場の喫煙場所エリアにBAR武内の看板が設置。ミラーボールが回ってたりしてクラブっぽい雰囲気を演出。(「CHA CHA CHA」のヒット曲で知られる)石井明美さんもDJで参加されていて、ちょっとビックリ。※レモンさんと同じマンションに住んでいるとのこと。

Dscf5320
ガパオ丼ブースでは、マスターが一口”あ~ん”サービスを実施(笑)、その後2ショット撮影という流れ。相変わらずサービス精神が旺盛。※何のどんぶりなのか怖くて挑戦出来なかった。がぱおって何だよ、響きがこえ~よ。

Dscf5317
いつもライブ会場のそばの露天で販売されているような生写真が、堂々と会場内の敷地で販売されていたのには驚いた(笑)。(過去のライブなどでの生写真が中心に販売。)

Dscf5316
定番の射撃コーナーもなかなか賑わっていた。

Dscf5302
■19:00-20:25/アブラーズLIve

1.カントロバーシー
2.Bad Morning
3.Tankman(MC)
4.MOOD
5.CAT WALK
6.Everybody(MC)
7.Shake
8.悲しきヒーロー
9.エスカルゴ(MC)
10.太陽を追いかけろ
11.酔いどれのブギウギ

ラストは、全員で乾杯。晴天にしてくれた”天国のサニー徳永リーダー”にも感謝を伝える献杯で、まつりを締めた。

今回のアブラブラーズのサポメンは、Key.ライダー飯野、Dr.ウィルス山崎、Per.ラッコ三嶋(OIL SHOCKツアーの横浜公演では、臨時ドラムで参加。すんごいテクニックで、凄腕ドラマーという印象だったのを覚えている。※伝説のナオユキ”ヘベレケライブ”事件のとき。)

今回、前座の段階ではフロアの人数も少し寂しい感じ(200~300人くらい)がしたのだが、時間が経つにつれ、徐々に人が増え最終的には1000人以上の人(?)で、フロアいっぱいに埋まっていた。まだまだアブラ人気は健在だと確信させられたイベントだった。

ここ最近は、まつりもフェスっぽい感じになっていて、正直抵抗感があった。だが、今年は最小限なシンプルな構成で、”あぶらまつり”の原点っぽくて満足いく内容だったと思う。

■あぶらまつり次回日程決まる

来年の「あぶらまつり」ファイナルの日程が早くも発表された。
2013年7月15日(月)海の日に決定したそうだ。(最後は、初心に帰って「あぶら音頭」が聴けるかな?)

個人的な希望としては、密かに(アブラーズ)会報のようなものが欲しいと思っている。

”あぶらまつり”のまとめでもいいので、インタビュー記事とかパチパチライターズに頼んで読み応えのある分厚いものを作って欲しい。アルバムインタビューとかもね、仮タイトルとか知りたいのだよ、誰の作った曲だったとかも。会場グッズで販売されないかなぁと、いつも思っているのだけどねぇ。(通販グッズじゃなくて、会場ライブグッズとしてお土産にしたい。)

Dscf5329

■本日のクイズデリバリー(★★)No.124
1945年、世界で初めて光化学スモッグが観測されたアメリカの都市といったらどこでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

平均バストサイズ日本地図 貧乳日本一は埼玉県である

今回は、先に謝っておきます。ワタシは「ド変態」星人なのだ。

女性を見るときに、まず先にどこを見るかといえば、なぜか「胸」に目がいってしまう。
ほんの一瞬、時間にして0コンマという単位の短さだと思うのだが、どうしても順序として、胸→顔→全体というパターンで観察してしまう。

まず「胸」、サイズやカタチの確認(勝手に推定。ふむ86のDなのだなと換算)、続いて「顔」、特徴探し(瞳が綺麗だなぁとか、タレントさんでいえば○○に似ているなぁと検索)、「全体」、身長や体型の把握(個人的には、小柄な女性がタイプで、どちらかといえばモデル体型のスラッとしたひとが好みなのだ。)

どんなに好みの女性でなくても、不思議とこの順序は変わらない。いや、意識して直そうとも試みるのだが、コレばかりは直そうとしても直せないのだ。(凝視しているワケではないので、それぐらいは許容範囲だろう。)

以前、エロトークを展開していたとき唐沢寿明さんに「何星人なんですか?」と尋ねたら、「えっ?オレ、星人じゃないといけないの?」と、あの独特のトーンで切り返されてしまったのが懐かしい。(もちろん”おっぱい星人”という返しを期待しての前フリだった。)

別にバストが大きい人が好みというワケではないのだが、なぜだか目線はそこに向かってしまうのだ。さて、そんなカミングアウトはどうでもいいので、今回の本題に突入。

■興味深い調査が実施されているのを発見

セクシャルヘルスケアを扱うショップ「エルシーラブコスメティック」は、47都道府県の女性(各都道府県50人、計2350人の女性)にバストについてアンケートを行い、各都道府県の平均バストサイズを算出。なんと日本地図にしてくれているのだ。

Photo_4■「平均バストサイズ日本地図」

各都道府県は、アンケートで最も多かったバストカップで色分けされている。
47都道府県の中でBカップが18県、Cカップが17県ということは両方合わせて75%弱を占めており、日本人の平均はB~Cカップであると考えられる。
どうやらこのラインが「大きい、小さい」の境界線になるのかもしれない。

■バストサイズにおける東西比較

「平均バストサイズ日本地図」を東日本と西日本に分けて、サイズを確認してみた。
すると、東日本の約半数がBカップであるのに対し、西日本は半数がCカップなのである。なぜか、西日本の方が少々大きいのだ。

各地域別で見てみると、中部地方から近畿地方にかけての奈良や大阪はDカップ、岐阜と京都は、平均がなんとEもある。
日本のちょうど真ん中辺りの地域の女性に、なぜかバストが大きい傾向が見られる。

しかし、この結果の根拠が知りたい。

今回はバストサイズとともに、バストケア方法についての質問も行われていた。
(この設問が、奈良、大阪、岐阜、京都のバストサイズの謎のカギを握っている。)

47都道府県の女性に投げかけられたのは「バストケア方法、何をしていますか?」という質問で、結果1位となったのは「バストマッサージ」(35%)であった。

ここから更に、都道府県別で回答を分析していく。

Dカップ・Eカップ女性の多い中部地方から近畿地方に関しては、バストケア方法に「バストマッサージ」と回答した人が40%以上で、平均パーセンテージ(35%)を上回っている。
つまり、「バストマッサージ」を取り入れている割合が高い都道府県ほど、平均バストサイズにも影響している可能性がある。

注目の中部地方から近畿地方の女性に対し「どんなバストマッサージをしているのか?」には、「リンパマッサージ」という回答が多かったという。

なるほど。大きいバストサイズには、やはり根拠があるのかもしれない。
ちなみに、ワタシの住んでいる埼玉県はといえば……。

■埼玉は、47都道府県で唯一のAカップの県なのである。

根拠は何かあるのだろうか?埼玉県民としてこの結果は、逆に注目せざるを得なかった。

「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)マツコデラックスさんと村上信五さん(関ジャニ∞)の出演番組でも、この話題を取り上げていたので、興味を持って番組を見守った。

県別でバストカップの平均値がそれぞれ出され、Bカップが18県、Cカップが17県、Dカップが9県、Eカップが2県という結果が出された。
しかし、この都道府県別で、唯一平均Aカップという残念な結果に終わった県がある。それが埼玉県だったのだ。なぜ埼玉県だけがAカップという低い結果になったのか?

5/14放送回で、マツコ・デラックスは、この「都道府県別、平均バストサイズ」の結果を見て、「なぜ埼玉の女は乳が小さくなったのか」を知りたいという疑問「埼玉貧乳事情」を追求することになった。

■そして5/28放送回で、驚きの調査結果が出された

「乳房健康研究会」副理事の島田菜穂子院長によると、”バストの発達は、遺伝や食生活、住環境では左右されない”とのこと。
バストの発育を促すには“女性ホルモン”が必要で、いかに成長期に“女性ホルモン”が分泌されるかによってサイズが変わってくるという。またこのホルモンは、夜10時から深夜2時の時間帯に睡眠が取れていると多く分泌されるらしい。

さらに驚くべきことに、総務省統計局のデータによると“女子高生の睡眠時間が最も短い県”が埼玉県だというのだ。

このことから番組では、睡眠時間が育乳になんらかの関係があるのではないかという大胆な「仮説」を導き出した。

マツコは、この結果を聞いて、「(仮説は)完璧でしょ」と大いに納得をみせた。
そして、「もし自分に娘がいたら、夜に勉強させて頭のよい女子にするよりも、早く寝かせて胸の大きい女子にしたい」とまで語っていた(笑)

「睡眠時間」と「バストサイズ」に因果関係があるという大胆な仮説。

もちろん、”良質な睡眠が女性の美容にとって大切なもの”であることは周知の事実だ。全国の女子高生の皆さんには、夜更かしを控え、しっかりと良い睡眠をとっていただきたいものである。(特に地元、埼玉県民な。数年後に見返してやるのだ。)

おまけ記事を追記しておく。

7月9日は世界的な「ノーブラの日」

えっ? そんな日、聞いたこともない? それもそのはず。これは昨年2011年7月9日にスタートし、今年で2回目を迎えるからだ。

Photo
2011年の1回目の時には、Facebook上だけで25万人以上の人がこのイベントに参加表明をし、計40万人の人が2011年7月9日にノーブラ活動に参加したとされている。またこの「ノーブラの日」は、イギリス、カナダ、ロシア、オーストラリア、南アフリカ、マケドニア、ドイツ、エジプト、ボスニア、中国など様々な国でも実行され、世界的な広がりを見せた。

しかし一体なぜ、「ノーブラの日」というものが企画されたのだろうか?この「ノーブラの日」の推進者「nationalnobraday.com」のホームページには、この日の意味について次のようなことが述べられている。
 
女性とは素晴らしい生き物です。そしてその女性の胸も然り。今日という一日、自分の胸をブラジャーという檻(おり)から解き放ってあげましょう。
女性のみなさん、その恐ろしいブラ(時々、すごく助かるけど)を脱ぎ捨て、24時間自分の胸を自由にさせてあげて下さい。私たちの誇るべき部分を、隠すべきではありません。世界に私たちが天から授かったものを見せる時なのです。

Twitterで「ノーブラなう」とつぶやく女子増加か?

※なぜ、7月9日なのかが、よくわからなかったのだが、来年は期待して街に繰り出してみたいと思う(笑)

Photo

■昨日の正解No.123【オパール】 プレイオブカラー(遊色効果)と呼ばれる虹色の美しい輝きを持つものが有名で、揺れ動く虹の色を含んでいることからかつては「賢者の石」とも呼ばれ魔術的な力があると信じられている。虹を七色に分けたのはアイザック・ニュートン。滝や噴水で見られる虹は、sunbow。月の光で見える夜の虹のことは、moonbow。宇宙空間を光速に近い速度で航行すると見られるだろうと予想されている現象は、starbow。「the pot of gold at the end of the rainbow」アメリカのクイズ番組でよく出題される問題で、”虹の下には何が埋まっている?”という問題。虹が地面に接するところに金のつぼが埋まっていると言う伝説。しかし、いくら追いかけても虹が地面に接するところにはたどり着けない。ここから、かなわぬ夢の例えとなっている。rainbow chaserには「空想家・夢想家」の意味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

鳥山明 脚本に参加!!17年ぶりの新作映画「ドラゴンボールZ」公開

とうとう謎の「D」の正体が判明した。

鳥山明先生の大ヒットマンガ「ドラゴンボール」の完全新作劇場版アニメ「ドラゴンボールZ」が2013年3月30日に全国の劇場にて公開されることが14日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)NO.33で発表された。

Img_0093
■少年ジャンプHP 謎の「D」が話題

数日前から話題を呼んでいた「週刊少年ジャンプ」のサイトトップに掲出された「D」の文字。そこには、「最強、始動。」というフレーズと7月14日に明らかになるというカウントダウンの時計が表示されていた。
シルエットは、いかにもDBの神龍(シェンロン)で、続編ブームに乗って「ドラゴンボール」の連載が開始されるのか?という期待感もわずかながら抱いていたが、いずれにせよ新作が描かれるのは嬉しい。

ワタシも「ドラゴンボール」は好きで、ジャンプコミックス全42巻、完全版全34冊を揃えるほどのフリークだ。ついでにいえば鳥山明先生のファンクラブである「鳥山明保存会」にも入会していたぐらいのファンなのだ。※現在は解散して存在しない。でも、「ドラゴンボール」でいえば格闘系よりも、連載開始当初のボール集めの方がワクワクしながら読めて好きだったなぁ。

「ドラゴンボールZ」の劇場版が制作されるのは17年ぶりで、今作が18作目。

Dscf5295
■空白の10年が描かれる

劇場アニメ化されるのは、アニメシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソード。原作の517話「大団円 そして…」で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話「そして10年後」までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれることとなる。
クリリンやピッコロ、べジータなど、おなじみのキャラクターも総出演。スピンオフではないドラゴンボールのストーリーが誕生することになる。

Dscf5294
オリジナルストーリーが展開され、アニメ版としては鳥山先生が初めて脚本に協力。

劇場版アニメ「ドラゴンボールZ」の監督は、アニメ「デジモンクロスウォーズ」「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」を手がけた細田雅弘。脚本は、映画「GANTZ」「20世紀少年」シリーズの渡辺雄介が担当。美術監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の加藤浩が担当。作画監督はこれまでも「ドラゴンボール」シリーズを手がけてきた山室直儀が担当する。

7月14日に発売された週刊少年ジャンプ33号(集英社)には、鳥山明先生のコメントを掲載。

Img_0092
■鳥山明先生のコメント
珍しく、というより初めてアニメーションに脚本の段階から
深く関わらせてもらいました。
なにしろ久しぶりだったので忘れていることも多かったのですが、
さすが原作者、すぐにテンポだけは思い出すことができました。
今回の映画は、オリジナルの雰囲気はそのままに、
ほんの少しだけ味付けを現代風にして、
昔どおりの楽しい娯楽作品になると思います!

■東京駅「JUMP SHOP」に展示されている鳥山明先生のメッセージ
鳥山明先生の人気マンガ「ドラゴンボール」と「Dr.スランプ」の主人公が東日本大震災の被災者へエールを送る応援メッセージ。

Img_0022
【ドラゴンボール】
「ドラゴンボール」は、週刊少年ジャンプにて1984年から1995年までの約10年にわたり連載。コミックスの発行部数は国内のみで約1億5000万部を誇る大ヒット作。単行本は24カ国語に翻訳され、全世界発行部数2億3000万部を記録する。
1986年からはフジテレビ系にてアニメ放送をスタート。89~96年に「ドラゴンボールZ」、96~97年に「ドラゴンボールGT」を放送。09~11年には「ドラゴンボールZ」をリメークしたデジタルリマスター再編集版となる「ドラゴンボール改」が放送された。タイトルを変え、約11年間にわたり放送。11年間の平均視聴率は20%を超えた。
劇場版アニメは、86年の「ドラゴンボール 神龍の伝説」をはじめ17作品が公開された。

■本日のクイズデリバリー(★)No.123
サンスクリット語で石を意味するもので「虹の宝石」とも呼ばれる10月の誕生石といったら何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

「となりのトトロ」続編「めいとこねこバス」@ジブリ美術館

今夜(7/13)の金曜ロードショーは、「となりのトトロ」だった。

1988年に映画館で公開されてから、実に24年もの年月が経過しているにも関わらず、毎回、高視聴率を獲得している人気作品である。

続編を作らないことで知られるスタジオジブリなのだが、このトトロに関しては、唯一の例外というか続編(スピンオフ)が存在しているのをご存知だろうか。

個人的には、映画「となりのトトロ」の続編を熱望したい作品である。

続編があったとしたらという勝手な妄想なのだが、サツキとメイが大人になり、母になりトトロと再会というベタな展開にするのか、全く別のキャラクターとのふれあいにするのかは意見が分かれるかもしれないが、想像する分には楽しい。

Photo
話がそれてしまったが、続編というのは、「三鷹の森ジブリ美術館」のなかでしか公開上映していない「めいとこねこバス」(14分)という短編作品がそれにあたる。

プロデューサー鈴木敏夫、原作・脚本・監督、宮崎駿。音楽、久石譲。メイの声を坂本千夏が引き続き担当。2002年から公開されている。

「土星座」と名付けられたわずか80席のミニシアター。常に満席状態で階段の通路にも、こどもたちがちょこんと座って鑑賞するスタイル。(カワイイつくりで場内はとてもキレイ)

※毎月、上映される映画(ジブリ・オリジナル短編アニメ)が固定されており、ここしばらくは上映の予定がないみたいだが、ローテーションで回ってくる機会を待つしかない。

また、ここで上映された短編作品のDVD化の予定はなく、ここでしか観られない作品というこだわりがあるそうだ。(裏を返せば、何でも手に入る便利な時代だが、ここに足を運ばなければ観られないものもあるというコンセプトらしい。)

ストーリーは、メイがつむじ風と出会い、その正体がこねこバス。 キャラメルをあげて仲良くなる……というお話。(内容があってないようなものなので、過剰な期待はしないで続きが観られたぐらいの気楽な感覚のほうが楽しめる。)

Photo_3
ワタシも何度か、公開されるタイミングを調べてジブリ美術館のチケット(完全予約制)を取り、こどもと一緒に足を運んでいる。ぜひ機会があれば観に行かれて欲しいと思う。

Photo_2
■昨日の正解No.122【アミアン大聖堂・(ノートルダム大聖堂)も可】
アミアン大司教の「より荘厳により神々しく」という号令のもとに建設される。1288年には塔以外の主要部分がほぼ完成。建物中央交差部の高さ112mの尖塔は、1529年に完成した。全長145m。身廊天上高42.3m。ゴシック様式とは、天上世界を目指し、天井の高さと光を追求した様式。1981年に世界遺産(文化遺産)に登録。聖堂のなかでも最も芸術的な完成度が高く最も美しく、かつ、最も壮大なるモニュメントと称されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

巨人橙魂ユニホーム・デー快勝! !D席チケット・トラブル騒動

7月12日(木)巨人ー広島戦(東京ドーム)に行ってきた。

この日は、「橙魂ユニホームデー」で、来場者全員にレプリカユニホームがプレゼントされるという太っ腹なイベントが行われた。(来場者数は、史上最多という46831人)

Dscf5286
試合は6ー2でジャイアンツの快勝。球場全体がオレンジに染まるという素晴らしい光景。
(もちろんレフトスタンドの広島ファンの一角だけは、チームカラーの赤いママ。)

長野の2ホーマー4打点と大活躍。澤村の7勝目と展開的に大満足な結果であった。2位、中日が負けて3ゲーム差に開き、巨人の貯金は18と伸びた。(妻と娘との3人観戦は久々なので、野球観戦自体は楽しかったのだが……。)

Dscf5293
ゲーム内容は良かったのだが、試合前の球場外ではとんでもない事件に巻き込まれてしまった。

■あわや暴動3時間の行列

持っていた「指定席D席」は、当日の14時から球場窓口でチケットと交換する必要があるもので、予定数に達した場合は、立ち見入場となる。(なので、みんな指定席欲しさに行列に並ぶ。)

Dscf5277
JR水道橋駅を下車。セブンイレブン脇の階段を登り、交換窓口を目指す。

そこには、ひたすら長く伸びた行列があった。行列の最後尾を探すのだが、なかなか見つからない。交換窓口から、東京ドームホテル2階スロープをグルグルと一周し、ピラミッド下の階段を降りるが、まだまだ行列は続いている。
結局、ミーツポート(旧JCBホール)の入口あたりが最後尾で、駅からこちら側のルートを選んでいればすぐに並べた場所だったのだ。(ムダにグルグルと一周してしまう。)

Dscf5278
13:30頃に最後尾に並んだのだが、警備のアナウンスは「まだまだ座席に余裕がございます」というものが繰り返され、その言葉を聞いて安心して列に並び始めた。

14時すぎあたりから、「これからお並び頂いても、お席の保証がございません。立ち見席の方へお並び下さい」というアナウンスに変わる。
※これ以降の客は、立ち見席への誘導アナウンス。(この警備の対応からみて現在、行列に並んでいる人は、座席の交換が可能な範囲であるという安心感があった。)

列は、ホントに一歩一歩時間をかけてゆっくりと進んだ。

とんでもない強風のなか、飲み物や食べ物も買いに行けない、気軽にトイレにも行けない、さらに炎天下という悪条件のなか、汗だくで行列に並んでひたすら耐えた。

時刻も開場時刻である16時を過ぎたが、まだまだ先頭ではない。
ピラミッド階段を登り、東京ドームホテルのスロープをグルッと一周し、窓口までもうすぐというところで、「残り500枚です」などというアナウンスがあった。その声に、周囲がざわめき始める。

「残り300枚」、「200枚」、「100枚」と徐徐にアナウンスされ、行列に並んで3時間以上が経過した16:30すぎに事件が起こった。

「チケットは、予定枚数に達しましたので、もうチケットはございません。立ち見席でご入場下さい」との警備のアナウンス。「大丈夫です」と確約されて並んだハズの場所だったのに、まさかのチケット終了。

行列客からは、悲鳴にも似た悲痛な声が響き渡る。

※その時点で行列を振り返ってみても、並んでいた人はざっと400~500人ほどは、いたのではないだろうかと思う。

そんなバカな、確かに「予定枚数に達した場合は、立ち見席での入場」」というのは理解している。
だが、我々は警備の「まだまだ大丈夫、座席は交換が可能な範囲です」という太鼓判を押された声を信用して行列に並んだのである。しかも、この悪条件のなか3時間以上もだ。(遅く並んだ客には、立ち見席への移動を促していたので、いっそはじめからそう宣告された方がまだ救われた。)

■あきれた警備の対応

行列客は、一気に列を崩し、先頭の警備に「どういうことだ」と口々に詰め寄る。
罵声や怒号が飛び交い、ヒートアップでちょっとした暴動騒ぎになった。(その周囲は、大きな群れとなりパニック状態。)ひどい対応で、警備も機械的なマニュアルどおりの対応を繰り返すばかり。
むろん、「ない」といわれた指定席チケットが出てくるとは思わないのだが、その対応ぶりには怒りを覚えるしかなかった。(警備の人間もタライ回しで、グダグダの対応。)

チケットが交換できると確約する言い方をしておいて、3時間以上並ばせた挙句、立ち見席に行けというふざけた対応。
500人以上の人が座席交換が保証出来るような言い方をされたにも関わらず、まさかの立ち見に鞍替えである。
※「これ以降並んでも、座席の保証ができませんので、ご了承のうえお並び下さい」というアナウンスなら自己判断なので、充分納得は出来る。だが、今回は事情が違う。

(事前に言われていれば誰だって並ばないし、こんな思いをせずに済んだのに、ずさんな警備の対応には怒りを通り越してただただ、呆れるばかりだ。)

ワタシは、チケットがあればレプリカユニホームが確実に貰えると思っていたのだが、立ち見席に入場規制が出た場合、チケットがあってもレプリカは貰えないとの警備の説明を受けて愕然とした。(それを楽しみにして来たのに、そのささやかな希望さえ奪われてしまうというのだ。)

立ち見席は、午前6:30から専用のゲートで並ぶほどの熾烈な人気ぶりであるのは、知っていたが、開場時刻をとうに過ぎた17時近くの段階で、さらに立ち見席の行列に並べというのは、酷な宣告。(3時間前に言われていれば、最初から立ち見席に並んだというのに。まったくやってくれるよシミズオクト警備。)しかも、レプリカユニホームさえ危ういという報告には「そんなバカな」というしかなかった。

地方球団ならともかく、人気球団のジャイアンツの警備がこんな有様なのが、非常に残念に感じられた。
これだけ連日試合が開催されていて、数え切れないほどの場数をこなしてきたであろうハズなのに、こんないい加減な対応を毎回、繰り返しているのだろうか。

今回は、楽しい野球観戦の模様をお伝えするハズだったのが、まさかの内容になってしまった。※ちなみに行列にはワタシだけが並び、家族は、あとで合流した。

Dscf5291
(チケットは完全全席指定にすれば、当日引換の手間も省け、警備の人件費などの削減、客側も長時間の拘束をされずに済む。または、コンビニの端末などでチケット交換が可能なシステムにすればいいのにと思うのだが、いろいろな問題があるんだろうな。)

3時間もあれば、食事や周辺での買い物も楽しめたのにまったくの無駄な時間を費やしただけだった。

平日だったので、仕事の都合を調整してまで並んだ人、地方から野球観戦をしに来た人、家族連れで並んだ人などなど様々な人たちの貴重な時間を奪っておきながらの、まさかのずさんな警備の対応には、猛省を促したい。

Dscf5292
年間、数える程の野球観戦しか行かないのに、こんな対応に巻き込まれたのは災難だった。ましてや、レプリカユニホーム目当てで入場者が殺到するのは、容易に想像がついたであろうにこの稚拙な対応。(ジャイアンツが快勝してくれたから、まだ気持ちに余裕が持てるもののこれが逆の展開だったらと思うとゾッとする。)D席では、もう観戦しないと固くココロに刻んだ。

■本日のクイズデリバリー(★★)No.122
1220年、建築家ロベール・ド・リュザルシュによって建設が始まったゴシック様式の最高峰と称されるフランス最大の大聖堂といったら何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

江口寿史×HKTさしこTシャツ!! 最終日「30T」Tシャツ展2012@吉祥寺

何かが起こる予感が漂う「30T」Tシャツ展の最終日(7月11日)に参戦してきた。

さて、この30T展。Tシャツが完売となってしまった先生もいて、会期の終盤には貴重な手描きTシャツ(一点もの)が並ぶという驚愕の展開になった。

青木俊直先生、山田雨月先生、窪之内英策先生、上條淳士先生、江口寿史先生などの手描きTシャツが登場となった。
※結局、大友克洋先生の手描きTは一点のみ。(落札額は11万円。打ち上げ会場から先生が直接、落札者に電話をされたとのこと。)

Dscf5244
■オークションについて思うこと

こういってはなんだが、今回の30T展、大友先生だけを特別扱いというのは、正直どうなのかなと思った。(個人的な意見なので、「ワタシはこう思ったよ」ということを述べたい。)

まず、このオークションという方式では、実質お金持ちだけにしか購入の権利がない。(しかも期間中に会場を訪れた人だけという限定された制限もあった。)

常識的に考えれば、こどもたちや学生などは、最初から対象外の扱いだ。

今回、30Tの入場にあたっては年齢制限がなく、こどもから大人まで幅広く、様々な世代が訪れている。
ファンに年齢は関係がないハズなのに、オークションというシステムでは、お金を持っていない層は問題外として除外されている。これは、あまりにも配慮に欠けた行為であったと思うのだ。

まだ、その場にいた者たちでのジャンケン大会で、権利を獲得という方が平和的な解決だったような気がする。なにしろ、初日に日程を合わせ、長時間Tシャツの到着を待って待機していた人がたくさんいたのだ。
(そもそも事前の発表が全くなかったのが、混乱や誤解を生んだ原因だと思う。)

もちろん、「手描きの一点もので、芸術的な価値がある」のは充分理解している。

だが、今回はチャリティーを謳ったイベントではないのだから、高値をつけたものだけが購入出来るというシステムの発表には、ホントに失望させられた。(まだ、チャリティーという趣旨ならば賛同もできるし、寄付につながる社会貢献として高額になっても納得がいくだろう。)

※もしくは、展示だけの非売品扱いにするべきだったと思う。

個人的な思案なのだが、先生が設定した価格(会期終了まで非公開)に、一番近い金額だった人に購入権という近似値方式というのも面白かったのではないかなと思った。
(これならば全員が参加出来るカタチになり、落札出来るかもしれないという可能性を持てる。ファンは、ワクワクした楽しみを最終日まで持つことが出来るだろう。)

※同じ人物の複数の入札を防ぐためにTシャツ1枚購入につき1枚、入札用紙を配布すれば問題はないと思われる。(他人のTシャツを買わなければならないが、そもそも最初から該当者がTシャツを販売すれば問題のないことなのだ。)

Tシャツは、誰にでも気軽に着られる身近な存在のハズだ。

自分がデザインしたものをたくさんの人に着て貰ってなおかつ気に入って貰えれば、それだけで充分役目を果たしている。だいいち、それがTシャツ本来の目的の利用価値なのだと思う。少なくてもワタシが提供する側だったら、そう考えるのだけどね。(生意気いってスイマセン。)
高額なTシャツをひとりだけに提供という、夢もユーモアもない販売形式はつまらなかった。(着る人を選ぶTシャツって、どうなんだろうって心底思ったよ。高級ブランド服じゃあるまいし。)

クリエイターの方には、どんなカタチであれ夢を与える存在であって欲しいと願うのだ。

Dscf5266_2
■30T展・最終日
会場は、最終日ならではの熱気が溢れていた。場内・外も常に人でいっぱい。レアな手描きTシャツをGETしたいという方々の気合が伝わってくる。

■15:30窪之内英策先生ジャンケン大会。×5点(4点が3000円、1点が10000円)

先生は、前日(Tシャツ執筆中に)画材を買いに、わざわざ横浜から新宿の世界堂まで足を運ぶというチカラの入れよう。1枚でも多く喜んでもらおうというファン思いの心使いには、胸をうたれるばかりで、感服させられました。

Dscf5209
窪之内英策先生①(10000円)

Dscf5223
窪之内英策先生②(3000円)

Dscf5224
窪之内英策先生③(3000円)

Dscf5226
窪之内英策先生④(3000円)

Dscf5227
窪之内英策先生⑤(3000円)
ツイッターで随時、状況を報告して下さる先生の体調面が心配になってしまうほどの根の詰め方は、痛いほどファンのみなさんに伝わったと思います。徹夜続きの手描き作業ごくろうさまでした。(ファンの方へのサインも魂込めて、ひとつひとつ丁寧に描かれていたのも非常に印象に残りました。)

■16:00江口寿史先生ジャンケン大会。2点セット(HKTさしこ+購入権者の似顔絵で10000円)

Dscf5242
まさかのHKTさしこTシャツが登場!!(手描き3枚の予定が間に合わなかったとのこと)
手描きTシャツに関しては、デザインなどが全く不明で様々な憶測が流れたが、ある意味このデザインはサプライズである。さしこファンにはたまらないTシャツだろう。

Dscf5239
白熱のジャンケン大会が繰り広げられ男性が権利を獲得。

Dscf5251
わずか5分ほどでサラサラッと描き上げられ完成。

Dscf5254
■16:30上條淳士先生ジャンケン大会。×3点。

Dscf5202
①7000円。

Dscf5204_2
②(中沢しのぶ先生とのコラボT)15000円。

Dscf5206
③(井上正治先生とのコラボ)15000円。
上條淳士先生も熱いハートの持ち主で、撤収・搬出作業が全て終了したのを見届けてから、誰もいなくなった会場の外の路上で、待たせていたファンの方にサインを描き始めていた。(行列は、凄い人数が並んでいた。)※コレは、一番最後の出来事である。

Dscf5274
※ファンの方には「撤収が終わったらサインをするので、それまで待ってて」という話で了解を取っていた。(先生の凄いところは、気さくにファンの胸元に刺さるような質問をして下さるトコロ。一般人にそんなこと聞いてどうするんですか?という何気ない質問なのだが、ファンとしては同じ目線での会話が成立するので、嬉しいだろうなと思う。)

ついでにいうと、昨年はTシャツが品切れで何度も足を運んだファンの方に直接、先生から電話で入荷連絡をして下さったという涙モノの出来事もあったと聞く。
”情熱にあふれたオットコ前な先生なのだな”と感激させられた。

■30T・2012終了

ジャンケン大会は、各回どれも20名くらいの参加者で、盛り上がっていた。

今回、特に驚くようなサプライズというのはなかった気がする。(終了後に、30TのDMハガキとチラシなどが希望者に振舞われたぐらい。)

Dscf5270
とにかく大盛況で、終了してもギャラリーの周囲には、サイン会の列で人が溢れて賑わっていた。
30Tに参加していないマンガ家さんやクリエイターの方々なども訪れていて、まるで業界のパーティのような豪華さ。

■↓30T展で参加された先生方の舞台裏が楽しめるツイッターでのまとめ。
30T - 2012 http://togetter.com/li/332043

Dscf5276
コレは、超レアな先生たちの寄せ書きTシャツ。

バタバタと撤収作業が始まり、売上をその場で、手渡しする風景もなかなか面白かった。※ひとりずつ名前を呼ばれ、封筒を手渡されていた(笑)。
18時前には、完全撤収され、先生たちは吉祥寺駅前の居酒屋「はなの舞」に消えていった。(まだ飲んでいるかも!?)

短い期間でしたが、30Tに参加された先生方、おつかれさまでした。”夏の風物詩”として定着しつつあるこのイベント、また来年の開催も期待してお待ちしております。

Photo
■昨日の正解No.121【ドトールコーヒー】
「ドトール」(doutor ドウトール)とはポルトガル語で「医者・博士」を意味する。(英語の「doctor」に相当。)創業者の鳥羽博道(とばひろみち)がブラジルのコーヒー農園で働いていたときの下宿先がサンパウロの「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」。ピント・フェライスは、ブラジルの法学界に大きな貢献をした法学博士である。ブラジルでの修行の日々を忘れないために、その通りの名から「ドトール」を採って社名に冠した。そこには「自分こそが日本のコーヒー博士になる」という気概が込められていたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

藤井フミヤ「Life is Beautiful」アルバム到着!!

とうとう本日、3年ぶりとなるニューアルバムの発売日を迎える。
と、同時にフミヤさんの50歳の誕生日でもある。(自分の中では、いつまでもアイドル的存在なので、年齢は関係ない。)

11日(水)は、生放送の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のテレフォンショッキングにも登場。10日は、ゲストのジャスティンビーバーと英語で会話していた(笑)。

昨日は、発売前日だったということで、フラゲされてる方も多いことだろう。

ワタシはといえばAmazonで、初回生産限定盤[CD+DVD+BOOK]を注文。発売日の11日に到着予定となっているが、発送先がAmazon大阪となっていた。(最近は大阪からの発送が多い気がする。)※普段は千葉県・市川市からなのに、距離的遠さが気になる。

【追記】:ゆうメール到着を管理番号で確認して、早朝の本局に受け取りに行った(笑)。とてもじゃないが、配達までは待ちきれない。
インポートして、聴きながらコレを書いている。やっぱりフミヤの声が好きだheart04
BOOKは、なかなか読み応えあるな。歌詞カードも工夫されていて、なんか今までと違う感が満載されている。

Dscf5137_2
前日は、我慢できなくなりフラフラと近所の新星堂まで見に行った(笑)。
新譜コーナーには、CD3形態が並んでいた。(購買欲をグッとこらえる。)
初回生産限定盤は、まるでDVDのようなパッケージで驚く(((゜Д゜;)))。ご、豪華じゃん、コレ選んで良かった(´∀`*)おまけに視聴出来る環境になっていたので、イケナイと葛藤しながらも、少しだけ堪能してしまった。

■ファン垂涎のプレミアムライブ。
7月11日(水)東京・六本木 Billboard Live TOKYO
にて行われる完全招待制ライブ"Life is Beautiful Premium Live"も開催される。

招待券を求めて、かすかなチャンスにもかけてみた。
CDショップ予約抽選 予約受付期間2012年6月30日(土)正午~2012年7月3日(火)
(銀座山野楽器本店 ・ SHIBUYA TSUTAYA ・ タワーレコード新宿店)が、ハズレ。

ご招待企画、最後のチャンス!文化放送「スパカン!」
7/6(金)21:30~24:00 生放送
※22:50頃に告知があり、2組4名様が当選という狭き門。番組終了間際に当選者発表。
ラストチャンスもハズレという絶望的な展開に陥る。

↓本日7月11日の日刊スポーツに全面一面広告が掲載。(毎日、愛読しているので、新聞開いてビックリした(笑)。予備で、もう一紙同じのを買いに行こうっと。)

Dscf5139
■"Life is Beautiful Premium Live" UST/ニコ生にて完全生中継決定!
7/11(水)ビルボード東京にて行われる完全招待制プレミアムライブ"Life is Beautiful Premium Live"が、USTREAM/ ニコニコ生放送にて完全生配信されることが急遽決定。
尚、フミヤの公式番組初登場となるニコニコ生放送では、ライブ直前にフミヤのソロデビュー以降の数々のMUSIC VIDEOも一挙放送が決定。

■番組タイトル:
USTREAM: 藤井フミヤ 『FF CHANNEL』 ~"Life is Beautiful" Premium Live Special~
ニコニコ生放送: 藤井フミヤ “Life is Beautiful” Premium Live & Music Video一挙放送SP!

■配信日時:
USTREAM: 7月11日(水) 20:30~21:45予定
ニコニコ生放送: 7月11日(水)18:00~21:45予定
※ライブの開始・終了時間が状況により前後する場合があります。

■視聴URL:
USTREAM: http://www.ustream.tv/channel/ffumiya
ニコニコ生放送: http://live.nicovideo.jp/watch/lv99139555

■Twitterハッシュタグ:
#ffumiya 

■注意事項:
・USTREAM、ニコニコ動画が見られるパソコンおよびスマートフォンで視聴可能です。
・アクセスが集中した場合、視聴環境により映像が途切れる場合がございます。

■公演概要:
『Life is Beautiful』 Premium Live supported by Billboard Live TOKYO
日程:2012年7月11日(水)
会場:Billboard Live TOKYO <完全招待制>

※尚、このライブの模様は、BSフジ 特別番組として7月21日(土)に放送予定。

全てハズレたので、この中継を見るワケだ。バタバタと20時すぎに帰宅。

【プレミアムライブ】
ニコニコ生中継で視聴。コメント欄が賑わっていて楽しかった。音も良かったし、コッチの方が盛り上がっていた感じがする(爆)。

1.TRUE LOVE 2.突然に完全な空前の一目惚れ 3.なんかいいこと 4. 今、君に言っておこう 5.Another Orion 6.わらの犬 7.点線 8.愚か者の詩 9.白い雲のように 10.Life is Beautiful

※9~10は、アンコール。「わらの犬」で歌詞が少し飛んだときの、みなさんの反応コメントには吹いた(爆)。「ごまかしたー」とか凄いツッコミが笑えた。
ECには木梨憲武さん登場。酔い気味が爆笑トークを巻き起こす。歌唱のときに”天丼”(※お笑い用語)を繰り返すあたりは、さすがノリさん。
楽しい中継が見られて満足。またやって欲しいな。
Photo
■7/11発売New Album『Life is Beautiful』収録内容。
初の3形態でのリリース!

初回生産限定盤には、皆様から投稿して頂いた動画・写真の中から選び抜かれた作品を織り込んだ「僕らの人生」MUSIC VIDEOに加え、アルバム表題曲「Life is Beautiful」MUSIC VIDEOも収録したDVD付。
さらに、ここでしか読めないロングインタビューを中心に、撮りおろし写真やその他お楽しみ企画を散りばめて特別編集された「Life is Beautiful」スペシャルマガジン仕様のBOOKもセット。

2012年末迄の期間生産限定盤は、[CD+Bonus CD]仕様。
Bonus CDには、これまでリリースされた多数の楽曲の中から、"Life is Beautiful"というテーマにちなんで選曲された名曲5曲を、初の高音質Blu-spec CDにてボーナス収録!

Dscf5138
本編CDは、3形態とも共通の全13曲収録。

■初回生産限定盤[CD+DVD+BOOK]
AICL-2397~8 ¥3,950(税込)
※DVD収録内容:「Life is Beautiful」MUSIC VIDEO/「僕らの人生」MUSIC VIDEO
※"Life is Beautiful"スペシャルマガジン仕様のBOOK付

■期間生産限定盤[CD+Bonus Blu-spec CD] (~2012.12.31迄)
AICL 2400~2401 ¥3,300(税込)
※Bonus CD収録内容:TRUE LOVE/ エンジェル/ ALIVE/ わらの犬/ 大切な人へ
(すべてオリジナルバージョンを高音質Blu-spec CDにて収録)

■通常盤[CD]
AICL 2399 ¥3,059(税込)

Dscf5140
前作アルバム『F'sシネマ』から3年近い歳月を経て、待望のニュー・アルバム、50回目のバースデーにリリースが決定!

タイトルは『Life is Beautiful』。人生の節目を迎え、人生を改めて見つめなおすというフミヤの真摯な気持ちが様々な形で反映された1枚となる。
2010年夏頃から書きためては丁寧に磨きあげてきた楽曲を中心に構成された今作は、全13曲中半数近い6曲がフミヤ自身の作曲によるもの。

さらに歌詞に関しては、GOING UNDER GROUND河野丈洋のカバー(「点線」)、および2005年のアルバム『奇妙な果実』に向けて提供された河口恭吾作の「君に会えてよかった」を新たな視点でリメイク共作した作品を除き、すべてフミヤが書き下ろしている。
様々なアーティストとのコラボアルバムなどを経て、久々にシンガー&ソングライターとして原点に立ち返ったアルバムとも言える。

フミヤ以外の作家陣に名を連ねるのは、亀田誠治、藤井尚之、増本直樹といった面々。
初のフミヤ作品参加となる亀田誠治は、計3曲のサウンドプロデュースも手掛け、アルバムにポップな華やぎを添えている。

【本編CD収録内容】※3形態共通
1. Life is Beautiful
2. なんかいいこと
3. 三毛猫のキーホルダー
4. 今、君に言っておこう
5. 点線
6. 赤いスイッチ
7. 突然に完全な空前の一目惚れ(2012 Album Version)
8. Me too I love you
9. Next Dream
10. 君に会えてよかった (2012 Album Version)
11. 銀河放浪
12. 僕らの人生(2012 Album Version)
13. 愚か者の詩

■本日のクイズデリバリー(★)No.121
ポルトガル語で「コーヒー博士」という意味があるもので、全国的にコーヒーショップを展開しているチェーン店といったらどこでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

「カルトクエスト500」 BANDAI

バンダイの「カルトクエスト500」シリーズ。

1.ウルトラマン編 2.機動戦士ガンダム編 3.仮面ライダー編 4.ゴジラ編の4冊がシリーズで発売された。(腰巻には、”以下続刊”とか、”続刊待機中!”などと書かれているが、たぶん続刊は発行されていない。)タイトルどおりカルトなクイズが500問収録されている。

Dscf5133
この頃は「カルトQ」(フジテレビ系)が深夜番組で人気を博しており、そのブームに乗って発売されたものと推測される。(1991年10月22日から1993年3月21日まで放送。)

巻末には、「この本を作るにあたってプロジェクトチームを発足。30名を超える一家言あるメンバーから問題を作成した」とある。

Dscf5134
たいてい、この手の本を作るときは、クイズ作家というだけで声をかけられることが往々にしてある。

だが、ハッキリ言って好きなジャンルでなければ厳しいのが正直なトコロ。
着眼点を活かして、いい問題を作れるときもあるが、もとから基礎知識がある人には所詮かなわない。

なので、メインの仕事としては問題文をクイズの問題用に修正したりするのが主な仕事。

専門知識を持ったブレーンの方たちは、やはり問題を作ることに慣れていないので、問題文の文章が説明調気味になったりする傾向が多い。
長文の問題文を短く調整して、捨てきれない情報は解説に回したりと、問題文を修正していく。

Dscf5135
本書の構成は問題編、解答編、コラム(クラブ・カルティ)から成り立っていて解答編には、すべての解答に解説がついている。写真も数点だが、掲載されている。

■「ウルトラマン」編
初級編(1~90)中級編(91~250)上級編(251~410)超カルト編(411~500)

【例題:初級編】
013:ハヤタがウルトラマンに変身する時、ベータカプセルから放たれる光の名称を答えよ。

正解【フラッシュビーム】
「ウルトラマン」第14、15話「怪獣殿下」では、戦闘中のウルトラマンがベータカプセルを落とすという、珍しいシーンを見ることができる。(原文ママ)

Dscf5136
【発行】株式会社バンダイ
【出版年月日】 1992/09/10
【ページ数】 112ページ
【定価】 680円

問題は概ね、全体的に良問が多いと思う。しかし、カルトを謳っているので、マニアが喜ぶ程度の問題も収録されている。
続刊では、読者からの投稿問題なども掲載されていて、専門的な問題を厳選しているこだわりのほどが伺える。拾っていけば、いい問題を見つけられるのでオススメ本である。



Photo_2
■昨日の正解No.120【ジュバ】
2011年7月9日に、スーダン共和国の南部10州が、アフリカ大陸54番目の国家として分離独立を果たす。南スーダン共和国、通称南スーダンは、北アフリカに位置する国家。北にスーダン、東にエチオピア、南東にケニア、ウガンダ、南西にコンゴ民主共和国、西に中央アフリカと国境を接する内陸国である。初代大統領は、サルバ・キール・マヤルディ。※ジュバが南過ぎることと再開発が難しいことから首都を中央部のレイク州ラムシールに移す予定がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

ガリガリ君 「ソーダミルクプレミアム」カップアイス

冷蔵庫をゴソゴソしていたら、こんなものを発見。

■ガリガリ君初のカップアイス

国民的な人気を誇るアイスクリーム、「ガリガリ君」の期間限定で販売された「ガリガリ君ソーダミルクプレミアム」(赤城乳業)。

Dscf5122
これは昨年、ガリガリ君30周年記念商品(第4弾)として期間限定で販売されたカップアイス。
※2011年9月13日(火)より全国で新発売された。好評だったため、2012年5月15日から再発売され、8月までの期間販売(予定)。価格は、158円(税込)。容量135ml。

シリーズ30周年の感謝の気持ちを込めた、ガリガリ君史上初のカップアイス。
ソーダ味のかき氷の中心に「濃厚なプレミアムミルクアイス」が入っている。かき氷の部分は、通常のガリガリ君よりもさらにガリガリした食感が楽しめる。

Dscf5123
肝心の味の方は、期待を裏切らないものになっている。

特に、中央にあしらわれたミルクアイスが、とても濃厚。ソーダのテイストにぴったりと合う感じがした。
フタを開けると、ソーダ色のカキ氷に囲まれるように真っ白なミルクアイス。
濃厚で、風味が豊か。カキ氷と一緒に食べると、ソーダ酸味とミルクの甘みが引き立てあって、旨さがアップしている。定番化してもいいと思う。(これは、最近購入したものではなく、冷蔵庫で眠っていたもの。アイスクリームに賞味期限はないので、心配ご無用。)

■シャリシャリ君

2011年に華麗なる失敗作として、各メディアで特集された伝説の商品「シャリシャリ君」。※2005年~2006年の夏2シーズンのみ発売。

Photo
(2005年、従来の「かじる」イメージとは異なる「吸う」タイプの「シャリシャリ君」。)

■妹・ガリ子ちゃん

ガリガリ君には、妹の「ガリ子ちゃん」がいる。設定は、幼稚園児で年齢は不明。

Photo_5
「ガリ子ちゃん」は、商品としても2006年11月に発売されている。
ガリガリ君のソーダ味にソーダフレーバーのクリームをプラスしたアイスキャンディー。

今年の1月24日から、ガリガリ君の妹・ガリ子ちゃんをあしらった、「ガリ子ちゃん ラ・フランス」と 「モンスターハンターポータブル3(トライ)G」とのスペシャルコラボ商品を発売。価格は63円(税込)。

「ガリ子ちゃん ラ・フランス」は、お兄ちゃんのガリガリ君の「梨」対抗という位置づけの新商品。ガリ子ちゃんが起用されるのは、実に2年ぶり。

Photo_4 
パッケージのモンハンコラボ絵柄は全部で3種類。
ガリ子ちゃんは、ジャギィXシリーズ装備で砕竜ブラキディオスと 対峙、ガリガリ君はラギアシリーズ装備のハンターとなり、カヤンバとチャチャも登場する。

ラ・フランス味のアイスキャンディーの中に、なめらかな食感のラ・フランス味のシャーベットを入れた「ガリ子ちゃん ラ・フランス」は、冬季限定。

おかしなカキ氷 ガリガリ君

おかしなカキ氷でガリガリ君が簡単にかき氷に変身!お皿に盛ったりロンググラスに入れてフラッペ風に。タカラトミーアーツ(998円)※ソーダ色、イチゴ色、グレープ色の色違いあり。

Photo
【商品データ】形体:サック箱(縦置きサイズ)、サイズ:W90×H180×D90、商品内容:ヘッドキャップ×1個、センタープレート×1個、刃×1個、ボディ×1個。

こないだの「ダウンタウンDX」で、眞鍋かをりちゃんが紹介していた。削ったときに♪ガリガリくん~という”あの音”が流れるそうだ(笑)

■ガリロボ君(ソ-ダ・コーラの2タイプ)

さらにさらに、トランスフォーマーしたものまで登場。価格は1890円(税込)。
Photo_6
実際の「ガリガリ君」と同サイズのアイスキャンディーモードから驚愕の変形システムで「ガリロボ君」に変形が可能(驚)

Photo_7
ロボットモードでは赤城山を模った「アカギ・ブレード」と埼玉県の形(赤城乳業の本社)をした「サイタマ・シールド」を手に持つことが可能!また頭部を上から押すと「ガリガリ」と音がするガリガリギミックも内蔵!!

<

どこまで行くのか、ガリガリくん。

■本日のクイズデリバリー(★)No.120
スーダンの首都はハルツーム。では南スーダンの首都はどこでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

近況な雑記

ここ最近、なんだかんだと忙しくしている。

毎日毎日、頭の中が情報でグルグル×2。
忙殺されていて、日常のル-ティンさえままならない。

毎日、何らかの締め切りがあり、こなしていくだけで精一杯。
いろんな予定が押せ押せ状態。アレやって、コレもやってと把握するのもいっぱい×2。
そんなに毎日オモロイことばかり考えられるワケではないのだ。

特に7月はイベント関連が満載で、結構大変。カラダがいくつあっても足りない。(パーマンのコピーロボットが欲スィ。)

大好きなTV番組も全然チェック出来ていない。ブルーレイのHDD×2は、どんどん減っていく。
おのれのHPやMPまでもが減少気味。誰かベホイミかけとくれぃ~。

とてもブログを書いている余裕はないのだが、気分転換を兼ねているので仕方がない。
まとまりのない文章を書くのは、気が進まないのだが、もはや追い込まれている証拠。(ブログはUPしたあとも、ちょいちょい細かい修正や追記などをしているのだ。)

そうそう。「しゃべってコンシェル機能」は、コントネタに使えるな。ポンコツ機能という設定にすれば幅が広がりそうだ。
アレンジすれば、バラエティ(クイズ)の単発企画でもいけるかも。

今月は、スケジュ-ルが立て込んでいて、ちょっと大変。
個人的に好きなイベントなどが目白押しで、リア充なのは幸せ。

ユーロ、ウィンブルドンが終わったと思ったら、ロンドン・オリンピックなのだ。徹夜続きで、寝不足の日々はまだまだ続く。(ジャイアンツも首位に返り咲き、貯金を順調に積み上げている。)

気絶するように寝ているこのパターンは、早く脱したいトコロ。

Photo_2
■昨日の正解No.119【判じ物(はんじもの)】
江戸時代の識字率の低さもあって、看板は絵や形で表現されたものが多かった。質屋は「歩」で入れば「金」になるという洒落から駒の形をしている。銭湯(湯屋)は、弓矢を吊り下げ“弓射(ゆい)る”すなわち“湯入る”。板に「わ」の文字=「わいた」=「(湯が)沸いた」で、銭湯の営業中の看板。裏側には、板に「ぬ」の文字=「ぬいた」=「(湯を)抜いた」で、本日終了を意味した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

江口寿史先生 Tシャツコレクション

といっても3枚しか持っていない(笑)

まずは、昨年の氣志團の対バンスタイルGIGシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール  ももクロちゃんに逢えちゃうよぉ~♡ ウレPギャ~ス!!」を記念したツアーTシャツ。

@SHIBUYA-AX(10/11)N○Kでの打ち合わせをちょこっと抜けて、買いに行ったのを思い出す。氣志團ファンと、ももクロちゃんファンが並ぶなか購入した。(凄い行列だったなぁ。)

Dscf3802
氣志團×ももいろクローバーZ×江口寿史コラボTシャツ(3000円)
※手描きの文字は、すべて江口先生の直筆だそうだ。

Photo
Photo_2
■tone展Tシャツ。
ブラック・ホワイト・ライトブルーの3色展開。(3675円)
(あまりの人気で、このライトブルーの色が版下元で在庫切れ、再発注にも時間がかかった。)
Dscf5116

鮮やかなライトブルーがホントに綺麗。

Dscf5117
ワタシは、自分の目で確認して購入したかったので、メール注文はしなかったクチ。

30T開催の前日に、ギャラリ-に電話確認をしたら、まさかの展開でお取り置きに成功。(在庫があるようだったので、30Tで販売予定があるのかという問い合わせをさせて頂いた。ご好意で、在庫を予約させて頂くことになった。)

今回のワニTは、7日(土)で、用意されていた200枚が全て完売。
8日(日)から、このtone展Tシャツが会場販売されている。在庫は43点。

しかし、9日(月)で、この在庫分まで完売。※引き続きギャラリーでメール注文が可能とのこと。
11日(水)の最終日は、江口先生の手描きTシャツが3点登場するとのこと。なんてこったい。い、行きたいぃ~。ほ、欲しいぃ~。スケジュール調整をバタバタとあがいてみる。

■今回が最後(?)のワニT
そして今回の30Tシャツ。ブラック・ホワイト・ヘザーグレーの3色展開。

Dscf5094
もはや、伝説の存在になりつつある白いワニTシャツ。(3500円)。

※開場前に周囲のひとと話していたら、「白いワニって何ですか?」と、マジ顔で聞かれた。さすがにジェネレーションギャップを感じる。(↓コンビニ版4巻P40参照。)

Dscf5129
コンビニ版「ストップ!!ひばりくん!」3巻(158P)には、Tシャツコレクションが掲載。

Dscf5127
こないだマンガを読み返してて、”コレまた作って欲しいなぁ”と思ったデザインがあった。※「ストップ!!ひばりくん!」コンプリートエディション3巻(P303参照)

■幻のデザイン
30T会場で、江口先生に「寿スタジオ」のTシャツをリクエストしておきました。

文字ロゴだけのシンプルなタイプ。なんかセンス良くて「Tシャツ版として復刻して欲しいなぁ」と思ったのだ。(コレは、1982年に読者プレゼントで100人分用意されたオリジナルトレーナー。)冷静に考えると、コレは30年前のデザイン。なのにいまでも斬新さを感じる。
個人的には、バックプリント好きなので、小さいワニのワンポイントがあると嬉しい。(妄想なので、気にしないでおくれ。)

来年の30Tで、登場するのか?期待して待ちたい。

Dscf5126

■本日のクイズデリバリー(★★)No.119
江戸時代の看板で、ノコギリは大工道具屋、将棋の駒の形は質屋を表したという看板や文字表現のことを総称して何と呼ぶでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

「30T」Tシャツ展2012@吉祥寺に参戦!!

昨年のリベンジを果たすべく、今年はスケジュールをばっちりと調整して、吉祥寺の30T展に参戦してきた。(昨年は、初日でほぼお目当てのTシャツが完売し、惨敗だった。)

Dscf5033
オ-プンの1時間前に到着。既に先客がチラホラといて、列に加わる。ほとんどの方が大友克洋先生目当てで来場されたようだった。(開場前の室内を覗くと、大友先生のTシャツは飾られていない。)

Dscf5054_2
12時のオ-プン間近では、さらに列が伸び40~50人ほどに膨れ上がっていた。
トラブルで定時から5分遅れの開場。入場規制などがなく、一斉に全員が入場したため会場内は、アッという間に大混雑。

Dscf5037
みなさん、お目当てのマンガ家さんのTシャツを目指し、まっしぐら。どこに配置されているか事前のアナウンスがなかったため、場内は右往左往のごったがえし。
(今回は、場内の照明が少し暗く、あまりの混雑ぶりに詳細なチェックが出来なかった。)

Dscf5038
あまりの混雑ぶりに、じっくりとTシャツを観察する余裕がない。
Tシャツは2500~5500円くらいで、3500円という値段が平均的な価格。

Dscf5039 
バーゲンセール以上の混雑ぶりのなか、ワタシも江口寿史先生のワニTシャツ(ヘザーグレー、3500円。)をGET。
他に白・黒の3タイプ。江口先生のTシャツは200枚用意されているそうだ。

Dscf5084
江口先生も開場後に訪れ、Tシャツが汗でびっしょりになるほど、裏方に徹されていた。
ウワサ(?)の黒社長も現れ、昨年の白ワニTを着用されていた。(ワニのバックプリントがカワイイ。今年のものは残念ながらバックプリントがなかった。)
Dscf5051
寺田克也先生のデザインもカッコ良かったので、ゲット(3500円)。

Dscf5049
特に人気が殺到していたのが、上條淳士先生(4000円)と窪之内英策先生(4500円)のTシャツ。
これは瞬殺で、柄違い、サイズ違いなどのバージョンは、ほぼ選べない状態だった。(そこだけ群れが膨らんで、取り敢えず手にとれたものを買うといった感じ。)

Dscf5081
上條淳士先生「SEX」Tシャツ(4000円)※コレは、バックプリント。

Dscf5073
中山泰先生のは、レコードタイプの豪華なスペシャルBOX仕様。デカジャケCD2曲入りのナイアガラT(3000円)。

Dscf5043
「論寒牛男」の大滝詠一オリジナルバージョンとHONESTYカバーバージョン。オリジナルポスターも封入。ラングラーとのコラボTシャツでマニア垂涎のTシャツ。白・黒の2タイプ。

Dscf5042
江口先生も、そのセンスを絶賛する湯村輝彦先生T(3500円)。

Dscf5040
今回の展示の仕方は、オシャレな感じ。手前から関善之先生(今回も豆本付きのおまけあり。)、BLUEBERRY CHEESECAKE先生(5500円)。大地丙太郎先生のTシャツ(3000円)が並ぶ。

Dscf5048
井筒啓之先生のデザインTシャツ。

Dscf5047
いしかわじゅん先生のTシャツ(2800円)。

Dscf5041
村田らむ先生のデザインT(3000円)もパンクな感じで、カッコ良かった。

Dscf5053
デザイン違いの黒Tシャツもあり。きっと、ロック好きにはたまらないハズ。

ただ、今回はあの大友克洋先生の参戦で、期待するファンが大勢待機していた。
ファンから会場側に予約(名前・連絡先を記入し、Tシャツ代を前金で支払うので、後日、完成したら発送して欲しい)を提案したが、頑として却下された。

Dscf5046
なにしろ、前日までの情報ではTシャツは未完成とのことで、開場しても「入荷待ち中!!!」という札があるだけの寂しい状態。

Dscf5055
15時ちょい前に、大友先生が自転車で登場。
手描きの一点ものを届けに来たとのことで、ファンもざわめく。

Dscf5075
みんなにお披露目されたあと、このTシャツだけは、異例の(サイレント)オークションにかけられることに。※Tシャツには、小さな缶バッチがついているデザイン。

Dscf5063
希望者は、購入金額を書いて投票し、期間終了後に最高額だった人に購入の権利があるというシステム。(例えば10万円と書いて落札した場合、次点が5万円だったとしても、10万円で購入しなければならない。)
会場に詰めかけたファンは、みんなガッカリと落ち込む。みなさんTシャツが買えることを期待していたので、その心情は理解出来る。

大友先生によれば、もう一点ほど手描きで描かれる予定とのこと。
わずか10分ほどで、会場をあとにされてしまったが、お話が出来たり、写真も撮って頂いたのでそれだけで、充分満足だった。

Dscf5064
今回は、青木俊直先生が会場内全体をうまく統率していて、テキパキと対処していたのが印象に残った。レジには、サカイシヤスシ先生、中沢しのぶ先生などが会計を担当されていた。

Dscf5045
山田雨月先生は、気さくにお客の誰とでもフレンドリ-に会話されていてスゴイなぁと関心。ショップ店員さんだったのですかというぐらいの接客上手だった。(女性の先生たちのTシャツは、やはり同性向きに作られており、SやMサイズくらいまでのものが中心に揃えられていた。)
※会計に並ぶ方の列が凄く女性先生のTシャツ写真があまり撮れなかった。

Dscf5085
ワタシも窪之内英策先生のTシャツを購入。(ロボットのデザインに一目惚れ、4500円。原画をカラープリントしたイラスト4枚のおまけ付き。)※コレも瞬殺でなくなった。

Dscf5050
14時30分すぎに窪之内先生が登場。
直筆のイラスト&サインを頂く。会場内で即席のサイン会が始まり、急遽整理券まで発行される人気ぶり。※まさかのクーラー故障で、室内は蒸し風呂状態に。

Dscf5070_2
上條淳士先生も15時すぎに登場。自ら商品を補充すると、ファンとお話したり写真撮影やサインにも応じて下さった。(感激して号泣する女性ファンの方もいた。)
今回は、フロント部分は2タイプ。この上半身裸のものと女子高生制服のもの。カラーはベージュ、ブルー、グリーン、オレンジなどがあった。

Dscf5078
これのバックプリントはこれ(NIKE靴)。

Dscf5080 
おまけ、ポストカードが2枚(今回のデザインのイラスト。)

Dscf5083
ワタシも便乗して写真を撮って頂いたのだが、熱い握手をして下さり感激してしまう。
窪之内先生もそうなのだが、ビジュアルがまるでロッカー。マンガ家さんで、これだけカッコイイのには驚いた。

かすかな期待を抱いていた大友先生のTシャツが買えないのが、分かったのでここで離脱。赤坂方面の収録時間が迫っていたので、ダッシュで会場をあとにした。

Dscf5086
たぶん、最終日11日の終了間際は、何かサプライズ(嬉しいハプニング?)がある予感。

※昨年は、Tシャツの原画を100円で販売(先生との全体ジャンケンの勝者が購入権)という嬉しい大盤振る舞いがあった。(でも、何も起こらなくても、怒らないでおくれ。)

サービス精神旺盛な先生たちは、ノリで何かをしてくれる期待値は、高いと思う。

予想以上にTシャツを買ってしまったが、初日ならではの勢いを体感出来たので大満足のイベントだった。また来年もぜひ、30Tの開催を期待したい。

こう書くと、もう終わってしまった感が強いが、Tシャツ展は、まだまだ始まったばかりなので、ぜひお気に入りのTシャツを探しに足を運んでみて。

あ、あとサイン帳やスケッチブックなどを持っていけば良かったなぁと後悔。みなさん気軽にファンの方にサインをされていたので、これから行かれる方は、要検討。(ペンを持参すれば、憧れの先生が使った貴重なお宝になるので、忘れずに。)

↓30Tに参加されている先生たちの舞台裏が覗ける感じで、かなり楽しい(≧∇≦)。

30T - 2012http://togetter.com/li/332043

Dscf5036
■Tシャツ展「30T」2012

江口寿史が主催する「30人のクリエイターによるTシャツ展[30T]」が、7月5日から7月11日にかけて東京・吉祥寺のリベストギャラリー創で開催。

マンガ家をはじめ、イラストレーター、デザイナーら30名が参加するこのイベント。それぞれがデザインしたオリジナルTシャツが展示販売される。好評を博した昨年に引き続き、今夏も開催されることが決定した。今年は大友克洋、寺田克也、湯村輝彦ら新メンバーも加わり、マンガ家は計18名が出展する。

日時:2012年7月5日(木)~7月11日(水) 12:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:吉祥寺リベストギャラリー創
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
電話:0422-22-6615

出展者:江口寿史、青木俊直、いしかわじゅん、泉晴紀、井上正治、大友克洋、上條淳士、窪之内英策、田村信、村田らむ、池沢理美、斉木久美子、さべあのま、鈴木志保、やまだないと、山田雨月、久住昌之、寺田克也、大地丙太郎、井筒啓之、大塚朗、中山泰、BLUEBERRY CHEESECAKE、湯村輝彦、サカイシヤスシ、立花満、関善之、中田舞子、西野直樹、中沢しのぶ

1点もののTシャツも用意されるため、買い逃しにはご注意を。

Photo_8
■昨日の正解No.118【ニホンカモシカ】
1972年、日中国交正常化の際、日本に初めて贈られたパンダ(カンカン・ランラン)のお礼として、翌年の1973年、中国に特別天然記念物のニホンカモシカ(雌・雄一頭ずつ)とフンボルトペンギンが贈られた。北京動物園に行った二頭のカモシカは「太郎」と「辰子」という名が付いていた。またペンギンは、中国初ということで大人気となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦

7月4日といえばアメリカ独立記念日。いえいえ、今回ばかりは「ケンタッキーフライドチキンの食べ放題の日」としてインプット。前日からワクワクして、この日を楽しみに待ち構えていたのだ。

Dscf5019
■KFCは大盛況

近所で実施される店舗を検索し、総合的に決戦の場として選択したのは、埼玉県・三郷イト-ヨーカド-店。
ここは、比較的広いフードコートのなかにあり、どこの駅からも遠くアクセスの悪い環境なので、早めに行けば断られることがないだろうという判断からだ。

Dscf5013
【KFC創業・食べ放題】
ケンタッキー・フライド・チキンは、同社の創業日にあたる7月4日(水)の午後1~4時、全国362店舗でオリジナルチキンの食べ放題を実施した。

制限時間は45分で、「オリジナルチキン」のほか「フライドポテト」「ソフトドリンク」も対象。最初に「オリジナルチキン」3ピース、「フライドポテト(S)」1個、「ソフトドリンク(M)」が渡され、以降は制限時間の中で食べ放題となる。価格は1200円。

11:30には実施店舗に到着。

食べ放題をアピールするポップが飾られているが、店員が大々的に宣伝をしているワケではなく、店頭ではいつもの風景が繰り広げられている。

Dscf5020
気になったので、カウンタ-で訪ねてみると、希望時間と人数を聞かれ整理券を渡される。(こっそり渡されるので、まるで秘密結社のアイテムを渡されるような雰囲気を感じた。)

ワタシたちの希望時間は、13:00だったので、10分ほど前に店舗に行くと、カウンタ-前には人々の群れ。所在無さげに不規則な群れがあちこちに点在していた。

整理券を持つ人たちが自主的に列を作るが、十分な説明を受けていない(整理券を持たない)人が並んでしまい、列の段階で早くも混乱が生じ始める。※この時点で15時15分の回の整理券だった。

■制限時間45分の戦い

会計を済まし、最初のノルマセットを受け取った段階で、食べ放題スタートとしてカウントされる。ロープでエリア分けされた場所(まるでリングのよう?)へ移動し、いざ実食。

Dscf5017
食べ放題料金1200円を支払い、最初のノルマ「オリジナルチキン」3ピース(700円)、「フライドポテト(S)」1個(200円)、「ソフトドリンク(M)」(200円)で、すでに通常価格の1100円分を提供された形にはなっている。

が、これらをまずクリアしなければ「食べ放題」に突入出来ない。
果たして、いくつ上積みすることが出来るのだろうか?

Dscf5022
ノルマセットのチキンが意外とどれも大きく感じてしまう。

早くも惨敗が予想されるが、出来立てを好きなだけ味わうというのが目標なので、結果は度外視だ。

Dscf5023
おかわりには、時間が書かれたシートとバスケットをカウンタ-に持参し、おかわりを貰うシステム。もちろん、ドリンクやポテトだけ、チキンの数(3ピースまで)などの指定も自由にできる。

意気揚々と食べ始めるが、早くも苦戦した。

今回は、なんとなく自分の限界と戦ってみたかったのだが、背中から羽が生えてきそうなぐらい食べた気がする。(ホントは、普段は小食。)

だが、一緒に参戦した妻を始め、周囲の方(女性陣)たちは、次々とおかわりを繰り返す勇ましい展開。(行列のギャラリーから「うぉ-」とか歓声があがったりして、なかなか盛り上がっていた。)

※妻は10分でノルマセットを完食。結果3回おかわりし、10ピ-スを完食という偉業(?)を成し遂げる。チキン10ピース、ポテト1、ドリンク3。(ワタシは、フ-ドファイタ-ではないので、全然太刀打ち出来なかった。こう書くと妻に怒られるが、個人的にはセミプロ級だと睨んでいる。)

Dscf5025
ワタシの結果は、3ピ-スとちょっと、ポテト2、ドリンク2。つまりノルマセットを食べて、おかわり気分を味わったという惨敗に終わる。ハフハフと出来たてのオリジナルチキンを味わえただけで満足なのだ。

食べ放題に参加していた方たちの顔ぶれは、多種多様。子連れの若い主婦から、普通の主婦仲間の集まり、大学生などなど。みなさん嬉しそうに、食事を楽しんでいたのが印象的だった。

■トラブルなどの課題点

チャレンジしている間でも、行列は伸びていて、この店舗では、13時40分の時点で受付が終了となった。

Dscf5031
慣れない食べ放題システムだったため、希望時間を早めろだの、案内の仕方が悪いだのと不手際を指摘し、店員にクレームをつけている人なども目についた。

盛況だったが、不慣れな店員さんたちも右往左往していて、一般のお客と同じカウンタ-に、食べ放題の客を並ばせたりと混乱が目立った。(食べ放題客は、時間制限で勝負しているのに、専用のカウンタ-を用意していなかったのは致命的。)

時間をチェックしている担当がいたのだが、タイムアップとなったらチキンがまるまると3ピース残っていてもバスケットごと回収して破棄していたのは、もったいなさを感じた。(ドリンクだけは、持ち帰り可能。)

課題点はいくつか残ったが、定期的に実施してくれると嬉しいなぁ。(ちなみに、今回は10年ぶりの開催だったそうだ。)

■本日のクイズデリバリー(★★)No.118
1972年、中国から日本へ贈られたパンダのお返しとして、日本から中国へ贈った動物はペンギンと何だったでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月 4日 (水)

東京おかしランド カルビープラス

東京駅の一番街(B1F)に、最近オープンしたという「東京おかしランド」に行ってきた。(2012年4月14日にOPEN。東京駅八重洲地下中央口改札を出てすぐ。)

Dscf4961
日本初 有名お菓子メーカーのアンテナショップを集めた話題のゾーン。
営業時間は、9:00~21:00

店内のキッチンで作った、出来たてのお菓子や全国の地域限定商品に加えて、ここでしか買えない商品もラインナップ。

Dscf4962
「ぐりこ・やKitchen」「森永のおかしなお菓子屋さん」「カルビープラス」※不二家ショップ「PEKOPOKO SWEETS LAND」(期間限定出店)の4店舗がある。
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/feature/okashi_land/

今回のお目当ては、カルビープラス。
お菓子のなかでも、ポテトチップスが大好きなので楽しみにしていたのだ。
(この店舗は、原宿、新千歳空港に次ぐ直営3号店。その後に、ダイバーシティ東京プラザ店もOPEN。)

Dscf4954_2
揚げたてのものが、イートインですぐに食べられるというのが特徴。丸いスツール(背もたれのないイス)が10個くらい置いてあり、場所を確保して食べられる。

平日のお昼すぎということもあって、行列はほとんどなし。わずか5分ほどでオーダーをすることが出来た。(土・日は1時間くらいの待ち時間らしい。)

Dscf4946
厚切りのしおバター味(280円)ポテりこ(300円)を注文。

Dscf4950
出来立てを食べてみるが、厚切りのしおバター味の方は、特に普通……。
いつも食べているものと、違いは感じられなかった。残念。
チ-ズのような粉が、全体的にまぶしてあって、コレがおいしくなかった。

Dscf4951
「ポテりこ」は、一番人気の商品という触れ込みどおりで、予想外の美味しさ(^-^)g""
いつもの「じゃがりこ」の”カリッ”という食感ではなく、”ホクホク”というやわらかい食感に驚く(;゚Д゚)!

定番のカルビーのお菓子を始め、地域限定のじゃがりこ(全国8種類の味。小袋で各105円)などが揃っていた。※この日は人気の「じゃがポックル」がなかった。

また、ポテトチップス&ソフトクリーム&ロイズチョコソース(450円)といったスイーツっぽいものも人気とのこと。

時間に余裕がなかったので、あまり満喫出来なかったのが残念。

Photo
■昨日の正解No.117【すぎのこ村】
「すぎのこ村」は、棒の部分はビスケットであり、アーモンドがぎっしり詰まったミルクチョコレートがかけられている。明治製菓(現:Meiji Seikaファルマ)が1987年から1988年にかけて販売していたチョコレート・スナック菓子。2005年に期間限定で復刻販売された。現在は「ラッキーミニアーモンド」という名前で販売されている。発売されていた期間が短いことも有り、世間一般の知名度は低いが、「きのこの山」、「たけのこの里」の隠れた兄弟である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

「運命-SADAME-」アナログ12インチ盤・EXTENDED CLUB MIX

チェッカーズ21thシングル「運命-SADAME-」には、アレンジ違いなど全部で4つのバ-ジョンが存在している。

Dscf5008
※「HEART OF RAINBOW ~愛の虹を渡って~」は12インチシングルなので、個人的にこの曲はシングルとしてカウントしていない。

■運命 <SADAME>■4:47(1990年3月21日)マツダ・ファミリアCMソング
作詞:藤井郁弥 作曲:藤井尚之 編曲:THE CHECKERS FAM

Dscf5009
(この曲からレコード盤は、発売されなかったと記憶している。)

シングルでは、「素直にI'm Sorry」「Room」「Cherie」「Friends and Dream」とバラードが続いていて、久々のアップテンポなダンスナンバーがリリースされた。
歌詞に英語を使わないことを心がけたそうだが、郁弥が海外に行っている間に、英語のコーラスを入れられてしまう。(もちろんメンバーのアイデアによるもの。ただ、勝手にコーラスを入れたので「怒られないかとヒヤヒヤした」らしい。)

■「運命-SADAME-」EXTENDED CLUB MIX

このCDは、ポニーキャニオンの通販サイトで発売(2000年)されたDVDの購入特典。

Dscf4993

3タイトル同時予約特典。3枚同時に予約すると「運命-SADAME-」(EXTENDED CLUB MIX)の12cmCDが特典として貰えた。(3枚同時購入しないと入手出来なかった。)

Dscf4994 
①1987”GO”Summer TOUR in大阪球場 25曲(2枚組)
②1987”GO”Winter TOUR in日本武道館 26曲(2枚組)
③1988 Summer TOUR”SCREW”inTOKYO DOME 28曲(3枚組)

Dscf5010
3枚セット31,500円 (税抜価格 30,000円)
※ちなみに、このDVDシリーズは、初のノーカット版。

Dscf4995 
このCD欲しさに、DVDセットを一括購入。(商品化が発表されて、すぐに注文した。)このリミックスは、10分04秒というロングバージョン。非常に聴きごたえがある曲に仕上がっていてカッコイイ。(このCDには、この1曲のみしか収録されていない。)

■「運命-SADAME-」アナログ12インチ盤

そして、これにさかのぼること10年、1990年にシングルが発売された同時期に、アナログ12インチ盤が非売品として登場。

Dscf4989
作曲者のナオユキに了承を経て、トオルがリミックス盤を作成。(クラブ関係者のみに配布されたという貴重なレコードだった。)

プロデュースやMIXは、高木完が関わっている豪華なレコード。
ほかには、THE CHECKERS FAM.の八木橋カンペーやアンディ桧山なども参加。

Dscf4990
このアナログ盤の収録曲は、「EXTENDED CLUB MIX」9:45/「FUNKY CLAVI MIX」4:45/「GOLDUBEAT」4:39/の3曲。

Dscf4991
「EXTENDED CLUB MIX」は、ポニキャニ通販の特典CDと、ほぼ同じ曲。

Dscf4996
「GOLDUBEAT」4:49/は、「The other Side」というアルバムに収録されている。(このアルバムでは、Remix Versionという表記。)

「FUNKY CLAVI MIX」だけがCD化されておらず、これを聴くためには、このアナログ盤を入手するしかない。

■レコードをCDにダビング

ワタシも、このアナログ盤レコードが欲しくて必死に探した思い出がある。(オークションなどでもパラパラと出てくる。)

ふと、ipodにこの曲を入れたいなと思い、ついでにいくつかのレコードをCD化しておきたいと考えて、2年ほど前に業者に頼んでCD化してもらった。(レコードプレイヤーは、処分済みだったので、この方法しかなかった。)

ネットで探せばダビング業者は、簡単に見つかるが、各社の値段はマチマチ。

レコードを郵送して、約一週間くらいの納期で完成。丁寧にダンボールで梱包され、CDとともに到着。すぐにインポートして、ipodに取り込んだときは嬉しかった。

ワタシが頼んだのは、「ダビングスタジオ 池袋店」http://dubbing.www.gr.jp/tokyo.htm

そのときの見積もりは、以下の通り。

オーディオダビング(レコード→CD-R) 1,080
トラック分割 500
配送手数料 800
---------------------------------
小計 \2,380

※トラック分割をオプションした。(これがないとCDの各曲の頭出しが出来ない。)

ワタシが実際にやった裏技は、

①オークションでレコードを落札。
②料金を振り込んだあと、この業者(ダビングスタジオ)宛に発送してもらう。
※このとき、返送先として自分の住所や連絡先を書いたものを同封してもらうように出品者にお願いする。
(たいていレコードの取り扱いには慣れているので、しっかり梱包して発送してくれるハズ。たぶん大丈夫。)
③業者(ダビングスタジオ)に注文を依頼。見積もり金額を振込。
④ダビングが終了次第、レコードと共にCDが届く。

最初の梱包が面倒くさいのと、レコードを割れないように梱包する自信がなかったので、この方法を選択した。

いまは、ウォークマンとレコードプレイヤーを接続するだけで、簡単にダビング出来たりするので、こんな手間をかける必要はないのかもしれない。(でも、レコードプレイヤーを持ってなかったりすると、結局頼らざるを得ないのが現実。)

■本日のクイズデリバリー(★★)No.117      
明治製菓の人気のお菓子で、「きのこの山」「たけのこの里」に続くシリーズ第3弾として1987年に発売されたものの、わずか1年で姿を消した幻のお菓子といったら何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

Standing on the Rainbow 埼玉レインボ-熱狂チェッカーズ・ナイト

■熱狂の250分、チェッカーズ・ナイト

2012年6月30日 埼玉EAGLE

19:00 オープン
19:35 スタート
23:45 終了

結果からお伝えすると、イベントは、まさかの延長戦に突入!! 終電時間を絶えず気にしながらのハラハラ感も味わえて、大いに盛り上がりをみせた。
(終了予定時刻は、22:30だったのだが、あまりの盛り上がりで1時間以上の延長。)

地元とはいえ、あまり大宮駅の東口界隈を探索することはないため、久々にディ-プな世界を垣間見れてドキドキ。(キャッチやおねいさんの呼び込みなどで、盛り場モードには活気を感じた。)

Dscf4972
会場には、オープンの15分前くらいに到着。すでに30人ほどの行列が出来ていて、列に並んでいると突如、享さんの登場。いつもどおりの「イェ~イ」的なノリで、挨拶をしてくれる。

定刻通り19時から入場開始。階段を登って2Fの会場へ。

会場は、Bar風のイベント施設。イスが壁を背にして配置されていて、20脚ほど用意されていた。長時間に備えて、なんとか座席を確保(これは正解だった。)
プロジェクターには”みなさんのおかげでした”の「珍義なき戦い」や「卓球対決」などが上映され、盛り上がりを見せていた。(ファンのお目当ては、やはり享さん。DJブース近くは、激戦必死。)

Dscf4973
事前情報では、100人位の参加者ということだったが、実際には150~200人規模の感じ。場内は、割とゆったりめで、踊るスペースも確保され、いい雰囲気が漂う。定刻から5分遅れで、チェッカーズの武内享が登場。「TOKYO CONNECTION」 でスタート!!

「ONE NIGHT GIGOLO」明けで、少しMC。
「オー・キャロル」など、チェが得意としていたdoo-wopコーナーに突入。

「神様お願い」(1982年当時)では、歌い終わった郁弥の「イマイチやけんね」という、つぶやきまでが収録されていて、レア度MAX。
メンバー初のオリジナル曲「パパ」(詞/郁弥・曲/享)は、「夜のヒットスタジオ」で紹介されて以来、久々に聴いた。

コーラスものも抜群にカッコ良かったが、チェが惜しかったのは、doo-wopのカバーアルバムを企画物として出しておかなかったこと。後世のミュージックシーンに大きな影響を与えただろうに、ホントに残念。

Dscf4977
「シコシコBaby」は、上京前の1982年に作った曲で、(当時、所属していた)YAMAHAのスタッフに反対されボツになった幻の曲。コレ、凄いカッコイイ曲なのだが、歌詞が過激(笑)

タイトル通りのいわゆるオ○ニーの歌で、”♪両手でこすれば、また宜しい~”などという歌詞。享氏がこの曲の解説をすると、女性陣が大ウケしていたのにΣ(゚д゚lll)。きみまろショーじゃないんだぞ-(笑)
(みなさん大人のオンナになったのだねぇ~。ふふふっ。)

ぜひ、歌詞を変えてB面(カップリング)に収録して欲しかったぁ~。いや、そうするとこの曲の良さがなくなるのかぁ-(´;ω;`)。とにかく、ノリノリの勢いのある曲で、チェらしいカッコ良さが満載されている。コーラスまで”シコシコBaby~”とエロカッコイイ。オ○ニ-の歌なのにカッコイイって(爆)、いやいやマジに、カッケエェ~!!

※この曲でユウジは、やったこともないチョッパーを無理やりメンバーの希望でこなしたという。詞は郁弥/享の競作らしい。

Dscf4974
途中、何度か享さん自らカウンターに飲み物を注文しに来ていて、その度にみな、ここぞとばかりに、ハグの嵐(笑)

「運命-SADAME-」は、EXTENDED CLUB MIXに聴こえたが、微妙に違う箇所が何ヶ所かあるので、これは市販されていないトオルさん独自のアレンジMIX Verだと思う。
※もともと3曲入りのアナログ版「運命-SADAME-」リミックスは、非売品。

MCでは、確執騒動や再結成(しない)話について、ファンに熱く語ってくれる。

33曲目「Sea of Love」終わりで、終了予定時刻になってしまったが、お店のスタッフのノリの良さと、お客の盛り上がり度が最高潮を迎えていたため、異例(?)の延長戦へ突入。ノリノリの曲がこれでもかと続き、場内は興奮の坩堝(るつぼ)と化していく。熱気が溢れまくりの踊りまくりで、心地よいトランス状態。

Dscf4981
享さんがギターを取り出し、弾き語りコーナー。※この時点で、すでに享氏はベローな酩酊状態(笑)、ちなみに、ナオユキが酔うと必ず「Good night」を口ずさむそうだ(笑)。

順調にきていたのに、「Love Song」では、途中で演奏をやめてしまう。(どうやら、歌詞が恥ずかしい様子で、”♪一番大切な~”で未遂に終わる。)※もちろん、みんなからブーイングを浴びていた。 「今度までに練習しておく」ということで、丸め込まれてしまう(笑)。

最後は、「Standing on the Rainbow」、「Blue Moon Stone」で締めて、250分に渡る”熱狂の埼玉レインボー”は、無事に終了。

Dscf4982
みなさん、時計とにらめっこしながら、ギリギリまでイベントを満喫していたようで、終盤の場内は、かなり人数が減少。

■衝撃の展開!?

ワタシも、とある理由(ハプニング)に遭遇して、帰るに帰れなくなってしまい、大宮でそのまま一夜を明かした。(終電の時間は、大宮発0:14だったのだが、予想外の出来事が起こり、見過ごすことが出来なかったのだ。)

終電を逃したので、ゆったりと会場内(20人くらい)で、そのまま打ち上げモード。

享さんの、「ここから無礼講」宣言があったからか、無法地帯状態で、お触りOKタイム(?)に。
テキーラ7杯(?)を浴びるように飲んで、ベローな状態に陥ってしまった享さんだったが、次第に回復。(しかし、フラフラなブイブイ状態だった。)

享さんは、ファンと気さくな触れ合いをしてくれるのが素晴らしい。
みなさんとバシャバシャと2ショット写真を撮り、密着度満点のハグなどサービス精神が旺盛で、ファンだった人には鼻血ブー(古っ)で、たまらないことだろう。

テレビで夢中で見ていた、ブラウン管の中の遠い存在だったひとが間近にいる。そのことに、例えようもない感激を覚えてしまう。

チェッカーズのリーダーである「武内享」という人物を尊敬していたので、本当に嬉しい出来事だった。あの享さんが自分という存在を認識してくれ、握手を求めてきてくれたのだ。おまけに、ハグのプレゼントまでしてくれた。夢のような出来事が現実となったのだ。

どちらかといえば、個人的には、いつも憧れのひとには距離を置いてきたタイプだったので、自分でも今回の件は不思議で仕方がない。やはり、それだけの魅力を持ったひとなのだなと納得してしまう。

Dscf4987
そうこうするうちに、大勢のファンに見送られながら、享さんはタクシーで無事にホテルに向かっていった。(ファンの方がタクシーを止めたりして、あたたかい送迎風景だった。)

最後になるが、このEAGLEのスタッフの方たちのノリや、盛り上げ方がホントに上手かった。おかげで、イベントも最高潮な盛り上がり!!接客も親切丁寧で、気配りの出来るスペシャリストの集まりという好印象。スタッフのみなさん、楽しい夜をありがとうございました!!

Photo
ファンとの密着度が高いこのイベントは、まだまだ始まったばかりである。

今回の大宮(埼玉)で、まだ15ヶ所目。47都道府県制覇まで、残りは32ヶ所。ぜひ、全国のチェッカーズファンにも、この興奮を体感して欲しい。きっと”忘れかけていた何か”を取り戻せるハズだ。

Photo_2
■昨日の正解No.116【「氷の世界」】
ミリオンセラーは、100万以上の数の売り上げを記録した商品のこと。50万以上はハーフミリオン、200万以上はダブルミリオン、300万以上はトリプルミリオンともいう。「氷の世界」(1973年12月1日発売・ポリドール・レコード)は、井上陽水の3枚目のオリジナル・アルバムで全13曲を収録。発売から2年後の8月に日本レコード史上初のLP販売100万枚を突破。シングルでは、オリコン統計上におけるEP盤ミリオンセラー第一号は、ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」。(1967年12月25日発売)。CD作品のミリオンセラー第一号は、プリンセス・プリンセスの「Diamonds」(1989年4月21日発売)である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

Standing on the Rainbow チェッカーズナイト@埼玉・大宮EAGLE

チェッカーズだけの楽曲で構成されるイベント、「Standing on the Rainbow」。

このイベントは全国47都道府県を巡るものへと発展し、現在も全国各地で開催されている。
そして、とうとうワタシの地元である埼玉でも6月30日に開催され、参戦して来た。

振り返れば、この埼玉レインボーは告知から3時間ほどで、締め切られてしまったという激戦区だった。(事前告知がなく、いきなりの当日発表。抽選ではなく先着順だったので、ワタシもたまたま運良く申し込めた。)

大宮は、都心からのアクセスも良いので、人気が集中したんだろうねぇ。

じっくり紹介したいのだが、ブログUPまで時間的に猶予がないため、あとで追記というカタチを取りたい。そんなワケで現状はコレだけ。たぶん、ヘベレケで帰宅の予定。(なるべく早くUPできるように頑張ります。)

■Standing on the Rainbow@埼玉(大宮・EAGLE)

※イントロOOPSでスタート。

01:TOKYO CONNECTION
02:NANA
03:Gipsy Dance
04:YOU'RE A REPLICANT(CAMA CAMA MOO MOO) 
05:WANDERER
06:クレイジー・パラダイスへようこそ
07:ウィークエンド アバンチュール
08:TOY BOX
09:LADY・M.を探せ
10:Prologue
11:Two Kids Blues
12:PARTY EVERYDAY
13:ONE NIGHT GIGOLO
14:オー・キャロル(TAN TANたぬきVer)
15:★SIXTEEN CANDLES 
16:★神様お願い-原題TRICKLE TRICKLE-
17:★パパ
18:★シコシコbaby
19:ムーンライト・レビュー50s' 
20:I Love you,SAYONARA
21:IT'S ALRIGHT
22:Room 
23:On The Way
24:Wのcherry Boys
25:星に願いを ※I HAVE A DREAM winter tour「WHITE PARTY」
26:Hello ※I HAVE A DREAM winter tour「WHITE PARTY」
27:Life is comedy-touch
28:ミセス・マーメイド
29:もしも明日が...
30:誰もいないWeekend
31:トライアングルブルース
32:運命-SADAME-(EXTENDED CLUB MIX ※トオルアレンジMIX Ver)
33:Sea of Love
34:See you yesterday ※I HAVE A DREAM winter tour「WHITE PARTY」
35:90’s S.D.R. 
36:愛と夢のFASCIST
37:HEART IS GUN~ピストルを手に入れた夜~ 
38:BLUES OF IF
39:ジェイルハウス・ラブ ※ギター弾き語り
40:チャイナタウン ※ギター弾き語り
41:Love Song ※ギター弾き語り(♪”一番大切な~”というところでの未遂に終わった。)
42:I have a dream ※ギター弾き語り
43:Standing on the Rainbow
44:Blue Moon Stone

Standing_on_the_rainbow

※★は、チェッカーズのアマチュア時代の音源テープを公開。
※I HAVE A DREAM winter tour「WHITE PARTY」はライブVer。

必死でメモった。続きは、次回分に回させてもらおう。

■本日のクイズデリバリー(★★)No.116
1975年、日本のアルバム・セールス史上で最初にミリオンセラーを記録した井上陽水のアルバムタイトルは何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ