« 「運命-SADAME-」アナログ12インチ盤・EXTENDED CLUB MIX | トップページ | ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦 »

2012年7月 4日 (水)

東京おかしランド カルビープラス

東京駅の一番街(B1F)に、最近オープンしたという「東京おかしランド」に行ってきた。(2012年4月14日にOPEN。東京駅八重洲地下中央口改札を出てすぐ。)

Dscf4961
日本初 有名お菓子メーカーのアンテナショップを集めた話題のゾーン。
営業時間は、9:00~21:00

店内のキッチンで作った、出来たてのお菓子や全国の地域限定商品に加えて、ここでしか買えない商品もラインナップ。

Dscf4962
「ぐりこ・やKitchen」「森永のおかしなお菓子屋さん」「カルビープラス」※不二家ショップ「PEKOPOKO SWEETS LAND」(期間限定出店)の4店舗がある。
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/feature/okashi_land/

今回のお目当ては、カルビープラス。
お菓子のなかでも、ポテトチップスが大好きなので楽しみにしていたのだ。
(この店舗は、原宿、新千歳空港に次ぐ直営3号店。その後に、ダイバーシティ東京プラザ店もOPEN。)

Dscf4954_2
揚げたてのものが、イートインですぐに食べられるというのが特徴。丸いスツール(背もたれのないイス)が10個くらい置いてあり、場所を確保して食べられる。

平日のお昼すぎということもあって、行列はほとんどなし。わずか5分ほどでオーダーをすることが出来た。(土・日は1時間くらいの待ち時間らしい。)

Dscf4946
厚切りのしおバター味(280円)ポテりこ(300円)を注文。

Dscf4950
出来立てを食べてみるが、厚切りのしおバター味の方は、特に普通……。
いつも食べているものと、違いは感じられなかった。残念。
チ-ズのような粉が、全体的にまぶしてあって、コレがおいしくなかった。

Dscf4951
「ポテりこ」は、一番人気の商品という触れ込みどおりで、予想外の美味しさ(^-^)g""
いつもの「じゃがりこ」の”カリッ”という食感ではなく、”ホクホク”というやわらかい食感に驚く(;゚Д゚)!

定番のカルビーのお菓子を始め、地域限定のじゃがりこ(全国8種類の味。小袋で各105円)などが揃っていた。※この日は人気の「じゃがポックル」がなかった。

また、ポテトチップス&ソフトクリーム&ロイズチョコソース(450円)といったスイーツっぽいものも人気とのこと。

時間に余裕がなかったので、あまり満喫出来なかったのが残念。

Photo
■昨日の正解No.117【すぎのこ村】
「すぎのこ村」は、棒の部分はビスケットであり、アーモンドがぎっしり詰まったミルクチョコレートがかけられている。明治製菓(現:Meiji Seikaファルマ)が1987年から1988年にかけて販売していたチョコレート・スナック菓子。2005年に期間限定で復刻販売された。現在は「ラッキーミニアーモンド」という名前で販売されている。発売されていた期間が短いことも有り、世間一般の知名度は低いが、「きのこの山」、「たけのこの里」の隠れた兄弟である。

|

« 「運命-SADAME-」アナログ12インチ盤・EXTENDED CLUB MIX | トップページ | ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/46173796

この記事へのトラックバック一覧です: 東京おかしランド カルビープラス:

« 「運命-SADAME-」アナログ12インチ盤・EXTENDED CLUB MIX | トップページ | ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦 »