« ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦 | トップページ | 江口寿史先生 Tシャツコレクション »

2012年7月 6日 (金)

「30T」Tシャツ展2012@吉祥寺に参戦!!

昨年のリベンジを果たすべく、今年はスケジュールをばっちりと調整して、吉祥寺の30T展に参戦してきた。(昨年は、初日でほぼお目当てのTシャツが完売し、惨敗だった。)

Dscf5033
オ-プンの1時間前に到着。既に先客がチラホラといて、列に加わる。ほとんどの方が大友克洋先生目当てで来場されたようだった。(開場前の室内を覗くと、大友先生のTシャツは飾られていない。)

Dscf5054_2
12時のオ-プン間近では、さらに列が伸び40~50人ほどに膨れ上がっていた。
トラブルで定時から5分遅れの開場。入場規制などがなく、一斉に全員が入場したため会場内は、アッという間に大混雑。

Dscf5037
みなさん、お目当てのマンガ家さんのTシャツを目指し、まっしぐら。どこに配置されているか事前のアナウンスがなかったため、場内は右往左往のごったがえし。
(今回は、場内の照明が少し暗く、あまりの混雑ぶりに詳細なチェックが出来なかった。)

Dscf5038
あまりの混雑ぶりに、じっくりとTシャツを観察する余裕がない。
Tシャツは2500~5500円くらいで、3500円という値段が平均的な価格。

Dscf5039 
バーゲンセール以上の混雑ぶりのなか、ワタシも江口寿史先生のワニTシャツ(ヘザーグレー、3500円。)をGET。
他に白・黒の3タイプ。江口先生のTシャツは200枚用意されているそうだ。

Dscf5084
江口先生も開場後に訪れ、Tシャツが汗でびっしょりになるほど、裏方に徹されていた。
ウワサ(?)の黒社長も現れ、昨年の白ワニTを着用されていた。(ワニのバックプリントがカワイイ。今年のものは残念ながらバックプリントがなかった。)
Dscf5051
寺田克也先生のデザインもカッコ良かったので、ゲット(3500円)。

Dscf5049
特に人気が殺到していたのが、上條淳士先生(4000円)と窪之内英策先生(4500円)のTシャツ。
これは瞬殺で、柄違い、サイズ違いなどのバージョンは、ほぼ選べない状態だった。(そこだけ群れが膨らんで、取り敢えず手にとれたものを買うといった感じ。)

Dscf5081
上條淳士先生「SEX」Tシャツ(4000円)※コレは、バックプリント。

Dscf5073
中山泰先生のは、レコードタイプの豪華なスペシャルBOX仕様。デカジャケCD2曲入りのナイアガラT(3000円)。

Dscf5043
「論寒牛男」の大滝詠一オリジナルバージョンとHONESTYカバーバージョン。オリジナルポスターも封入。ラングラーとのコラボTシャツでマニア垂涎のTシャツ。白・黒の2タイプ。

Dscf5042
江口先生も、そのセンスを絶賛する湯村輝彦先生T(3500円)。

Dscf5040
今回の展示の仕方は、オシャレな感じ。手前から関善之先生(今回も豆本付きのおまけあり。)、BLUEBERRY CHEESECAKE先生(5500円)。大地丙太郎先生のTシャツ(3000円)が並ぶ。

Dscf5048
井筒啓之先生のデザインTシャツ。

Dscf5047
いしかわじゅん先生のTシャツ(2800円)。

Dscf5041
村田らむ先生のデザインT(3000円)もパンクな感じで、カッコ良かった。

Dscf5053
デザイン違いの黒Tシャツもあり。きっと、ロック好きにはたまらないハズ。

ただ、今回はあの大友克洋先生の参戦で、期待するファンが大勢待機していた。
ファンから会場側に予約(名前・連絡先を記入し、Tシャツ代を前金で支払うので、後日、完成したら発送して欲しい)を提案したが、頑として却下された。

Dscf5046
なにしろ、前日までの情報ではTシャツは未完成とのことで、開場しても「入荷待ち中!!!」という札があるだけの寂しい状態。

Dscf5055
15時ちょい前に、大友先生が自転車で登場。
手描きの一点ものを届けに来たとのことで、ファンもざわめく。

Dscf5075
みんなにお披露目されたあと、このTシャツだけは、異例の(サイレント)オークションにかけられることに。※Tシャツには、小さな缶バッチがついているデザイン。

Dscf5063
希望者は、購入金額を書いて投票し、期間終了後に最高額だった人に購入の権利があるというシステム。(例えば10万円と書いて落札した場合、次点が5万円だったとしても、10万円で購入しなければならない。)
会場に詰めかけたファンは、みんなガッカリと落ち込む。みなさんTシャツが買えることを期待していたので、その心情は理解出来る。

大友先生によれば、もう一点ほど手描きで描かれる予定とのこと。
わずか10分ほどで、会場をあとにされてしまったが、お話が出来たり、写真も撮って頂いたのでそれだけで、充分満足だった。

Dscf5064
今回は、青木俊直先生が会場内全体をうまく統率していて、テキパキと対処していたのが印象に残った。レジには、サカイシヤスシ先生、中沢しのぶ先生などが会計を担当されていた。

Dscf5045
山田雨月先生は、気さくにお客の誰とでもフレンドリ-に会話されていてスゴイなぁと関心。ショップ店員さんだったのですかというぐらいの接客上手だった。(女性の先生たちのTシャツは、やはり同性向きに作られており、SやMサイズくらいまでのものが中心に揃えられていた。)
※会計に並ぶ方の列が凄く女性先生のTシャツ写真があまり撮れなかった。

Dscf5085
ワタシも窪之内英策先生のTシャツを購入。(ロボットのデザインに一目惚れ、4500円。原画をカラープリントしたイラスト4枚のおまけ付き。)※コレも瞬殺でなくなった。

Dscf5050
14時30分すぎに窪之内先生が登場。
直筆のイラスト&サインを頂く。会場内で即席のサイン会が始まり、急遽整理券まで発行される人気ぶり。※まさかのクーラー故障で、室内は蒸し風呂状態に。

Dscf5070_2
上條淳士先生も15時すぎに登場。自ら商品を補充すると、ファンとお話したり写真撮影やサインにも応じて下さった。(感激して号泣する女性ファンの方もいた。)
今回は、フロント部分は2タイプ。この上半身裸のものと女子高生制服のもの。カラーはベージュ、ブルー、グリーン、オレンジなどがあった。

Dscf5078
これのバックプリントはこれ(NIKE靴)。

Dscf5080 
おまけ、ポストカードが2枚(今回のデザインのイラスト。)

Dscf5083
ワタシも便乗して写真を撮って頂いたのだが、熱い握手をして下さり感激してしまう。
窪之内先生もそうなのだが、ビジュアルがまるでロッカー。マンガ家さんで、これだけカッコイイのには驚いた。

かすかな期待を抱いていた大友先生のTシャツが買えないのが、分かったのでここで離脱。赤坂方面の収録時間が迫っていたので、ダッシュで会場をあとにした。

Dscf5086
たぶん、最終日11日の終了間際は、何かサプライズ(嬉しいハプニング?)がある予感。

※昨年は、Tシャツの原画を100円で販売(先生との全体ジャンケンの勝者が購入権)という嬉しい大盤振る舞いがあった。(でも、何も起こらなくても、怒らないでおくれ。)

サービス精神旺盛な先生たちは、ノリで何かをしてくれる期待値は、高いと思う。

予想以上にTシャツを買ってしまったが、初日ならではの勢いを体感出来たので大満足のイベントだった。また来年もぜひ、30Tの開催を期待したい。

こう書くと、もう終わってしまった感が強いが、Tシャツ展は、まだまだ始まったばかりなので、ぜひお気に入りのTシャツを探しに足を運んでみて。

あ、あとサイン帳やスケッチブックなどを持っていけば良かったなぁと後悔。みなさん気軽にファンの方にサインをされていたので、これから行かれる方は、要検討。(ペンを持参すれば、憧れの先生が使った貴重なお宝になるので、忘れずに。)

↓30Tに参加されている先生たちの舞台裏が覗ける感じで、かなり楽しい(≧∇≦)。

30T - 2012http://togetter.com/li/332043

Dscf5036
■Tシャツ展「30T」2012

江口寿史が主催する「30人のクリエイターによるTシャツ展[30T]」が、7月5日から7月11日にかけて東京・吉祥寺のリベストギャラリー創で開催。

マンガ家をはじめ、イラストレーター、デザイナーら30名が参加するこのイベント。それぞれがデザインしたオリジナルTシャツが展示販売される。好評を博した昨年に引き続き、今夏も開催されることが決定した。今年は大友克洋、寺田克也、湯村輝彦ら新メンバーも加わり、マンガ家は計18名が出展する。

日時:2012年7月5日(木)~7月11日(水) 12:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:吉祥寺リベストギャラリー創
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
電話:0422-22-6615

出展者:江口寿史、青木俊直、いしかわじゅん、泉晴紀、井上正治、大友克洋、上條淳士、窪之内英策、田村信、村田らむ、池沢理美、斉木久美子、さべあのま、鈴木志保、やまだないと、山田雨月、久住昌之、寺田克也、大地丙太郎、井筒啓之、大塚朗、中山泰、BLUEBERRY CHEESECAKE、湯村輝彦、サカイシヤスシ、立花満、関善之、中田舞子、西野直樹、中沢しのぶ

1点もののTシャツも用意されるため、買い逃しにはご注意を。

Photo_8
■昨日の正解No.118【ニホンカモシカ】
1972年、日中国交正常化の際、日本に初めて贈られたパンダ(カンカン・ランラン)のお礼として、翌年の1973年、中国に特別天然記念物のニホンカモシカ(雌・雄一頭ずつ)とフンボルトペンギンが贈られた。北京動物園に行った二頭のカモシカは「太郎」と「辰子」という名が付いていた。またペンギンは、中国初ということで大人気となった。

|

« ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦 | トップページ | 江口寿史先生 Tシャツコレクション »

マンガ・コミックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411050/46209477

この記事へのトラックバック一覧です: 「30T」Tシャツ展2012@吉祥寺に参戦!!:

« ケンタッキーフライドチキン 食べ放題バトル45分間に挑戦 | トップページ | 江口寿史先生 Tシャツコレクション »