アブラーズ

2012年7月17日 (火)

アブラーズあぶらまつり2012@Studio Coast

2012年7月16日(月)海の日恒例(?)のあぶらまつりに行ってきた。

2004年の開催から9回目を迎え、残念ながら来年の”あぶらまつり”でファイナルという予定。

Dscf5299
■オープン/12:00 クローズ/20:00
料金/¥6,000 当日券¥6,500(リストバンドがチケット替わり。以前のタイプと違い、紙製にコストダウンしていた。入退場は自由。) 

Dscf5301
タイムテーブルは、当初の予定から変更。約30分遅れの設定でスタート。
(みなさん事前のタイムテーブルがインプットされているらしく、「なかなか始まらないね」とイラッていた(笑)。)

12:00/オープン屋台とDJスタート

オープニングで、アブラーズ登場。全員今回のまつりTシャツを着用、マイク片手にトークを展開(2~3分)。「まつり楽しむぜぇー」的な盛り上げで、開幕。

■13:30-14:00/WILD-G 8~9曲 ※タイトル不明。メンバーは8人。最近メンバーチェンジがあったようで、”新生WILD-G”と言っていたが詳細は不明。

Dscf5311
■14:10-14:40/大土井裕二とアブラーズ(4曲)
1.?(矢沢永吉)
2.青い雲
3.honey Bee
4.I Love you,SAYONARA

1曲目、会場で、「shazam」アプリで、検索したのだが曲名がヒットしなかった。歌詞は一部控えたので、のんびりと探す予定。

次のメンバーとのつなぎの準備で、突如司会のコハ・ラ・スマート氏が登場し、彼独特の世界感が醸し出される。ユウジのキャラは、世界ツアーを廻っていた体で、帰国が3年半ぶりだったり5年ぶりだったりとキャラ設定がブレまくり(笑)。サポートバンドの印象を聞かれ「あ、あぁ(あの人たち)アブラーズっていうの?」というキャラに徹していた(爆)

Dscf5308
■14:40-15:10/武内享とアブラーズ(4曲)
1.元祖天才バカボンの春(天才バカボン)
2.帰ってほしいの(I WANT YOU BACK)(フィンガー5)
3.Don't Let me down(The Beatles)
4.ONE NIGHT GIGOLO

コハ・ラ氏とのトークは、似たもの同士(?)空気感がピッタリで爆笑トークを演出。「ワンナイトー」では、後半感極まったかのような、息切れのような感じで歌いきる。まつり終了後、ツイッターで本人いわくここ数日、風邪をこじらせていて体調管理が大変だったそうだ。(全然気付かなかった。気丈に振る舞っていたのがスゴイ。)

Dscf5309
■15:10-15:40/藤井尚之とアブラーズ(4曲)
1.NATURALLY
2.また逢う日まで(尾崎紀世彦)
3.NANA
4.太陽にほえろ(インスト)

1曲目からスゴイ盛り上がり。NANAナオバージョンというのもなかなか聴けないので、貴重だった。「太陽にー」では、拳銃を片手にメンバーをひとりずつ射殺(その楽器は止まる)、まるでチェの「HEART IS GUN~ピストルを手に入れた夜~」を彷彿とさせる演出。コハラ氏とのトークでもメンバーは、死んだままの体(笑)。インストは、ハンパなくカッコ良かった。
本人曰く、「(昔の曲を)やりたくなかった」を連発。「やらないと、オマエの家の玄関の前にウ○コするぞ!」とメンバーに脅されたので、仕方なくラインナップしたとのこと(笑)。もちろん会場中は大爆笑に包まれる。

終了してインターバルタイムに突入。
Dscf5325
■グッズは3種類。Tシャツ3000円(150サイズ/Mサイズ)、手ぬぐい1000円、トートバッグ(エコバッグ)1200円。他には新譜のCD、DVDのみが販売されていた。
※Tシャツの色は、ブルーっぽく見えるが実際は、グリーン。

Dscf5324
■15:45-19:00/インターバル

野外ステージでは恒例の屋台チームバンド、

「アルマジロショー」は、のんびりのほほんとした空気感のライブ。「リットルショー」は、謎の(?)絵描き歌ショーのライブ。

「レモンとマスター」では、ヴォーカリストのレモンさんがバックに「チームLサイズ」というダンサーを従えてのステージ。昭和風なチア衣装で、ドリフ風オープニングのやる気なさを演出した振り付けが斬新で面白かった。
ラストにレモンさんの持ち歌「朝焼け」を披露。観客総出で、同じ振り付けをして盛り上がった。

それぞれ約30分ほどのステージで、アッという間に終了。(レモンさんは、いつもの胸元を強調した衣装で、素晴らしいサービスっぷりを発揮。)

Dscf5327
「BBBB」は、会場中を練り歩くスタイルで、盛り上げていた。ファンがそのあとをついて行くさまは、まるでブレーメンの音楽隊のよう(爆)

Dscf5321
会場の喫煙場所エリアにBAR武内の看板が設置。ミラーボールが回ってたりしてクラブっぽい雰囲気を演出。(「CHA CHA CHA」のヒット曲で知られる)石井明美さんもDJで参加されていて、ちょっとビックリ。※レモンさんと同じマンションに住んでいるとのこと。

Dscf5320
ガパオ丼ブースでは、マスターが一口”あ~ん”サービスを実施(笑)、その後2ショット撮影という流れ。相変わらずサービス精神が旺盛。※何のどんぶりなのか怖くて挑戦出来なかった。がぱおって何だよ、響きがこえ~よ。

Dscf5317
いつもライブ会場のそばの露天で販売されているような生写真が、堂々と会場内の敷地で販売されていたのには驚いた(笑)。(過去のライブなどでの生写真が中心に販売。)

Dscf5316
定番の射撃コーナーもなかなか賑わっていた。

Dscf5302
■19:00-20:25/アブラーズLIve

1.カントロバーシー
2.Bad Morning
3.Tankman(MC)
4.MOOD
5.CAT WALK
6.Everybody(MC)
7.Shake
8.悲しきヒーロー
9.エスカルゴ(MC)
10.太陽を追いかけろ
11.酔いどれのブギウギ

ラストは、全員で乾杯。晴天にしてくれた”天国のサニー徳永リーダー”にも感謝を伝える献杯で、まつりを締めた。

今回のアブラブラーズのサポメンは、Key.ライダー飯野、Dr.ウィルス山崎、Per.ラッコ三嶋(OIL SHOCKツアーの横浜公演では、臨時ドラムで参加。すんごいテクニックで、凄腕ドラマーという印象だったのを覚えている。※伝説のナオユキ”ヘベレケライブ”事件のとき。)

今回、前座の段階ではフロアの人数も少し寂しい感じ(200~300人くらい)がしたのだが、時間が経つにつれ、徐々に人が増え最終的には1000人以上の人(?)で、フロアいっぱいに埋まっていた。まだまだアブラ人気は健在だと確信させられたイベントだった。

ここ最近は、まつりもフェスっぽい感じになっていて、正直抵抗感があった。だが、今年は最小限なシンプルな構成で、”あぶらまつり”の原点っぽくて満足いく内容だったと思う。

■あぶらまつり次回日程決まる

来年の「あぶらまつり」ファイナルの日程が早くも発表された。
2013年7月15日(月)海の日に決定したそうだ。(最後は、初心に帰って「あぶら音頭」が聴けるかな?)

個人的な希望としては、密かに(アブラーズ)会報のようなものが欲しいと思っている。

”あぶらまつり”のまとめでもいいので、インタビュー記事とかパチパチライターズに頼んで読み応えのある分厚いものを作って欲しい。アルバムインタビューとかもね、仮タイトルとか知りたいのだよ、誰の作った曲だったとかも。会場グッズで販売されないかなぁと、いつも思っているのだけどねぇ。(通販グッズじゃなくて、会場ライブグッズとしてお土産にしたい。)

Dscf5329

■本日のクイズデリバリー(★★)No.124
1945年、世界で初めて光化学スモッグが観測されたアメリカの都市といったらどこでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

アブラーズ「Have a Good Time」レコーディングライブ・全国ツアー

【「Have a Good Time」】
アブラーズが2011年4月に発売した通算4枚目の最新アルバム「Have a Good Time」は、レコーディングライブと銘打って公開収録が行なわれた異色作である。

Dscf4672
原宿アストロホールで、ファンの前でアルバム用の新曲(10曲)を実際に演奏し、それをそのまま録音したライブ感溢れるアルバムに仕上がっている。
(当日は2公演が行われ、アルバムには2公演目のテイクが採用された。)

※全10曲収録されているが、6曲目「IN A PANIC」と7曲目「奴さん」との間に、曲紹介のMCがクレジットされ、CDに挟み込まれている。

Dscf4673

■「Have a Good Time」 a-bra:z Recording Live 2011.2.6■

日時:2011年2月6日 (日)
場所:原宿アストロホール/オールスタンディング
料金:各回 ¥5,000 (drink代別)
   通し券:¥9,500 (drink代別)

■<セットリスト>■

赤いマラカス→「赤いマラカス」
シカゴ→「NIGHT RAID」
キャットウォーク→「CAT WALK」
夜光虫→「夜光虫」
2011→「カントロバーシー」
カフェ→「IN A PANIC」
やっこさん→「奴さん」
ムード→「MOOD」
バッタ→「TRACE」
黒いブーツ→「COME TO LIFE AGAIN」

■アンコール(前半)
赤いマラカス
エスカルゴ

■アンコール(後半)
原宿マイラブ (演歌※アブラーズの持ち歌ではない即興曲)
オウ イェイ!
酔いどれのブギウギ

※新曲(上記10曲)は、すべて仮タイトル(左側)で発表され、アルバム発売に伴い正式タイトル(右側)になった。

Dscf4674

■2011 Tour Have a Good Time TOUR
このニューアルバムを引っ提げた久々のアブラーズ全国ツアーが4ヶ所で行われた。

福岡 「博多Be-1」 6月5日(日)・東京 「赤坂BLITZ」 6月11日(土)・名古屋 「Club Quattro」 6月18日(土)・大阪 「AKASO」 6月19日(日)

■a-bra:z「2011 Tour Have a Good Time 」(赤坂BLITZ)2011年6月11日

01.カントロバーシー
02.Trigger
03.アブラでツイスト
04.CAT WALK
05.NIGHT RAID
06.奴さん
07.Body Line
08.IN A PANIC
09.MOOD
10.Funky Staff
11.Roll On
12.ゲゲゲの鬼太郎:アンバサダー武内
13.サブウェイ特急(矢沢永吉):アルマジロ大土井
14.ペッパー警部(ピンクレディー):リットル藤井
15.エスカルゴ
16.キザな奴
17.TRACE /18. Paradise /19. K-Funk ※メドレー
20.太陽を追いかけろ
EC1.オウ イェイ!
EC2.アブラーズのテーマ

全22曲

※最終日の大阪では、ダブルアンコールで「酔いどれのブギウギ」「Shake」を演奏。

Dscf4675

■2011.6.11.赤坂ブリッツで行われたライブ映像を中心に、札幌サミット、ライジングサンの模様までも収録された、ライブドキュメントDVD。アブラーズの疾走感からデタラメさまで(笑)全て納められた作品と言っていいだろう。

そうそう、物販で販売されていたツアーTシャツは、バックプリントにピアノの鍵盤が描かれていてなかなか可愛いデザインだった。しかし、販売されていたのは150サイズとMサイズのみで、泣く泣く購入を断念。せめて、Lサイズを用意して欲しかったぜぃ。
■謎の欠番「08」はどこに?

あと、どーでもいいことなのだが、アブラDVDに”ある謎”を発見して気になったことがある。パッケージの裏面には、作品ごとにナンバリングがされているのだが、なぜか「08番」だけが見当たらないのだ。

01~02:「アブラーズの心」 03:「OIL SHOCK TOUR」 04:「4 OF US」 05:「CLOVER TOUR DVD」06:「a-braTV DVD 」07:「ON THE MOVE DVD」09:「a-braTV2「その時グラッチェ!」」10:「Have a Good Time Tour 2011」

なんか不思議だったので、疑問を呈してみた。

■あぶらまつり2012

毎年恒例の「あぶらまつり」も先行受付が始まった。※6/25(月)まで。その後に一般販売。今年は、メンバーそれぞれのソロライブがあり、チェの曲も演奏する予定とのこと。

日時/2012.7.16
場所/Studio Coast(東京)
オープン/12:00
クローズ/20:00
料金/¥6,000ー

ーータイムテーブルーーーーーーーーーーーーー

12:00/オープン(屋台とDJスタートです!)
13:00-13:30/WILD-G
13:30-14:00/大土井裕二とアブラーズ
14:00-14:30/武内享とアブラーズ
14:30-15:00/藤井尚之とアブラーズ

15:00-19:00/インターバル
*野外ステージでは恒例の屋台チームバンド、
アブラメンによる「その人にまかせたショー」(笑)、
「レモンとマスター」「BBBB」などが行なわれます!
プールサイドのDJ、メインバーサイドでは「バー武内」も!

19:00-20:00/アブラーズLIve

http://ablog2011.exblog.jp/15470582/

■アブラーズのCD、DVDは「ジャムコロニーストア」で絶賛販売中!!

Dscf43631

http://jamcolo-store.shop-pro.jp/

今回の記事は全然、旬な話題ではないので恐縮なのだが、個人的な防備録としてデータをブログに残しておきたかった。
(敢えていえば、アブラーズの宣伝部長でもあるので、今回はあぶらまつりの告知を兼ねたPR普及活動。)※アブラーズファンは、全員が宣伝部長なのである。

Photo

■昨日の正解No.104【インターリーグ(インター・カンファレンス)】
アメリカでは、4大国技のうちNFL(アメリカンフットボール)、NBA(バスケットボール)、NHL(アイスホッケー)では、違うカンファレンスと対戦する「インターカンファレンス・リーグ」を積極的に取り入れている。MLB(野球)は、1994年9月から95年4月の選手会主催のストライキによってファンの野球離れが深刻になったことを背景に1997年から導入された経緯がある。
日本では、セントラル・リーグとパシフィック・リーグのそれぞれに所属するチームが対戦するセ・パ交流戦が2005年から行われている。05~06年は、各チーム36試合(ホーム&ビジターで各3試合)、07年以降は、各チーム24試合(ホーム&ビジター各2試合)に変更されている。それぞれが他リーグの6チームとホーム&ビジターで対戦。勝敗や個人成績はペナントレースに反映され、さらに交流戦独自の順位や個人賞が設けられている。

歴代優勝チーム:05~06年:千葉ロッテマリーンズ 07年:北海道日本ハムファイターズ 08~09年:福岡ソフトバンクホークス 10年:オリックス・バファローズ11年:福岡ソフトバンクホークス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

アブラーズ 「Have a Good Time Tour 2011」DVDが到着!!

5月の第2週に発送予定だったので、首長族と化して待ち構えていたら本日到着!!

Dscf43451

「Have a Good Time Tour 2011」は、2011.6.11.赤坂ブリッツで行われたライブ映像を中心に、札幌サミット、 ライジングサンの模様までも収録されたライブドキュメントDVDである。

※アブラーズの作品は、JamColonyStoreで購入出来ます。カッコイイので、ぜひぜひ聴いてみて。Dscf43621

http://jamcolo-store.shop-pro.jp/

Dscf43471    

【a-bra:z】
アブラーズは、元チェッカーズの楽器演奏陣からなるジャズ・ファンク系バンド。チェッカーズ時代、光り輝くボーカル陣に対して「俺達はアブラムシのようなもの」と自ら命名。ちなみに、ボーカル陣のことは「ダイヤモンズ」と命名された。チェッカーズ解散後、約9年ぶりに楽器陣が4人揃って飲みに行ったことが事の発端となり、デビュー20周年となる2003年9月21日に楽器陣だけでライブを計画。その際に「アブラーズ」という名前でライブを行うということになった。メンバーは、サニー徳永:ドラム(リーダー)アンバサダー武内:ギター(営業担当)アルマジロ大土井:ベース(会計担当)リットル藤井:サックス(宴会担当)。※2004年にサニー徳永は天国へ。残された3人で新生アブラーズとして活動をしている。

Dscf43461

約1年前のツアーがようやくDVDになって手元に届いた。アブラーズの楽曲はもちろん、ステージングのカッコ良さやMCでの爆笑トーク(?)などたまらない要素が満載されている。久々のツアーDVDを堪能したいと思う。

ついでに買いそびれていた「SPIN OFF-01」もまとめて購入。CDの全容が不明だったのでこれでようやくスッキリした。収録曲は「Instant Funk」「Poly-Rhythm」「オレはモ・テ・タ・イ!」「SunRise」「城南のブルース」の5曲を収録。さっそくインポートしてiPod touchに取り込んだ。

Dscf43481

■ライブはノーカットがいい
収録時間は約112分。このうちDVDには、14曲を収録。本編は約100分、おまけ映像は約11分、ライジングサンの「奴さん」を収録。

オープニングからカッコ良く始まり、なかなか満足のいく内容に仕上がっていたと思う。でも、個人的にはライブはノーカットで楽しみたい。
ちょいちょい面白映像を挿入して編集しているが、これらは特典映像でまとめて観せるようにして欲しいと毎回思う。せっかく盛り上がったライブの高揚感とかが寸断されてしまい、なんかグダグダでノリ切れない感じになってしまって勿体無く感じる。
ライブ自体が非常に円熟された演奏と練られた構成になっているので、余計な手は加えずにノーカットでみせて欲しいなと思う。

■SPIN OFF

「SPIN OFF-01」は、過去2回のあぶら祭りでも販売されなくて、ウワサでは「完売してもう入手が出来ない」とまで言われていたので再通販されたときは、ホントに嬉しかった。さて、聴いた感想は意外とまともな曲であると感じた(笑)。

届く前までは、持ち曲をジャズっぽくアレンジしたものを収録したものなんだろうなと勝手に予測をしていた。曲はライブ盤で正直、音は良くない。サミット特有の「成り行きセッション」で適当な曲かと思ったけど、なかなかどうして、紛れもない新曲である。だからといってライブじゃ絶対やらないだろうなとも思う。その場のノリで演奏されたっぽい雰囲気だったから(笑)。

そうそう。かなり前にアブログで、「SPIN OFF-02」の告知をしていたけど発売される予定はあるのだろうか?気になる。

■昨日の正解No.92【「時間旅行」】
作詞 吉田美和  作曲 吉田美和/中村正人。「時間旅行」は、1990年に発売されたアルバム「WONDER3」に収録された曲。5月13日、20日には『yorimo presents みんなで金環食する? LIVE 2012 ~CREATE THE FUTURE~』という金環食を記念したライブを行う。 また、『時間旅行』で歌われた「太陽の指輪(リング)」が実際に発売される。2012年5月21日、日本で金環日食(金環食)が見られる。太陽の前を月が遮り、欠けて見えるのが日食で、太陽、月、地球が一直線に並んだ時に起こります。その際、月の輪郭の外に太陽がはみ出て金色のリングのように見えるのが金環日食。日本で見られるのは25年ぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)