SPORTS

2012年7月13日 (金)

巨人橙魂ユニホーム・デー快勝! !D席チケット・トラブル騒動

7月12日(木)巨人ー広島戦(東京ドーム)に行ってきた。

この日は、「橙魂ユニホームデー」で、来場者全員にレプリカユニホームがプレゼントされるという太っ腹なイベントが行われた。(来場者数は、史上最多という46831人)

Dscf5286
試合は6ー2でジャイアンツの快勝。球場全体がオレンジに染まるという素晴らしい光景。
(もちろんレフトスタンドの広島ファンの一角だけは、チームカラーの赤いママ。)

長野の2ホーマー4打点と大活躍。澤村の7勝目と展開的に大満足な結果であった。2位、中日が負けて3ゲーム差に開き、巨人の貯金は18と伸びた。(妻と娘との3人観戦は久々なので、野球観戦自体は楽しかったのだが……。)

Dscf5293
ゲーム内容は良かったのだが、試合前の球場外ではとんでもない事件に巻き込まれてしまった。

■あわや暴動3時間の行列

持っていた「指定席D席」は、当日の14時から球場窓口でチケットと交換する必要があるもので、予定数に達した場合は、立ち見入場となる。(なので、みんな指定席欲しさに行列に並ぶ。)

Dscf5277
JR水道橋駅を下車。セブンイレブン脇の階段を登り、交換窓口を目指す。

そこには、ひたすら長く伸びた行列があった。行列の最後尾を探すのだが、なかなか見つからない。交換窓口から、東京ドームホテル2階スロープをグルグルと一周し、ピラミッド下の階段を降りるが、まだまだ行列は続いている。
結局、ミーツポート(旧JCBホール)の入口あたりが最後尾で、駅からこちら側のルートを選んでいればすぐに並べた場所だったのだ。(ムダにグルグルと一周してしまう。)

Dscf5278
13:30頃に最後尾に並んだのだが、警備のアナウンスは「まだまだ座席に余裕がございます」というものが繰り返され、その言葉を聞いて安心して列に並び始めた。

14時すぎあたりから、「これからお並び頂いても、お席の保証がございません。立ち見席の方へお並び下さい」というアナウンスに変わる。
※これ以降の客は、立ち見席への誘導アナウンス。(この警備の対応からみて現在、行列に並んでいる人は、座席の交換が可能な範囲であるという安心感があった。)

列は、ホントに一歩一歩時間をかけてゆっくりと進んだ。

とんでもない強風のなか、飲み物や食べ物も買いに行けない、気軽にトイレにも行けない、さらに炎天下という悪条件のなか、汗だくで行列に並んでひたすら耐えた。

時刻も開場時刻である16時を過ぎたが、まだまだ先頭ではない。
ピラミッド階段を登り、東京ドームホテルのスロープをグルッと一周し、窓口までもうすぐというところで、「残り500枚です」などというアナウンスがあった。その声に、周囲がざわめき始める。

「残り300枚」、「200枚」、「100枚」と徐徐にアナウンスされ、行列に並んで3時間以上が経過した16:30すぎに事件が起こった。

「チケットは、予定枚数に達しましたので、もうチケットはございません。立ち見席でご入場下さい」との警備のアナウンス。「大丈夫です」と確約されて並んだハズの場所だったのに、まさかのチケット終了。

行列客からは、悲鳴にも似た悲痛な声が響き渡る。

※その時点で行列を振り返ってみても、並んでいた人はざっと400~500人ほどは、いたのではないだろうかと思う。

そんなバカな、確かに「予定枚数に達した場合は、立ち見席での入場」」というのは理解している。
だが、我々は警備の「まだまだ大丈夫、座席は交換が可能な範囲です」という太鼓判を押された声を信用して行列に並んだのである。しかも、この悪条件のなか3時間以上もだ。(遅く並んだ客には、立ち見席への移動を促していたので、いっそはじめからそう宣告された方がまだ救われた。)

■あきれた警備の対応

行列客は、一気に列を崩し、先頭の警備に「どういうことだ」と口々に詰め寄る。
罵声や怒号が飛び交い、ヒートアップでちょっとした暴動騒ぎになった。(その周囲は、大きな群れとなりパニック状態。)ひどい対応で、警備も機械的なマニュアルどおりの対応を繰り返すばかり。
むろん、「ない」といわれた指定席チケットが出てくるとは思わないのだが、その対応ぶりには怒りを覚えるしかなかった。(警備の人間もタライ回しで、グダグダの対応。)

チケットが交換できると確約する言い方をしておいて、3時間以上並ばせた挙句、立ち見席に行けというふざけた対応。
500人以上の人が座席交換が保証出来るような言い方をされたにも関わらず、まさかの立ち見に鞍替えである。
※「これ以降並んでも、座席の保証ができませんので、ご了承のうえお並び下さい」というアナウンスなら自己判断なので、充分納得は出来る。だが、今回は事情が違う。

(事前に言われていれば誰だって並ばないし、こんな思いをせずに済んだのに、ずさんな警備の対応には怒りを通り越してただただ、呆れるばかりだ。)

ワタシは、チケットがあればレプリカユニホームが確実に貰えると思っていたのだが、立ち見席に入場規制が出た場合、チケットがあってもレプリカは貰えないとの警備の説明を受けて愕然とした。(それを楽しみにして来たのに、そのささやかな希望さえ奪われてしまうというのだ。)

立ち見席は、午前6:30から専用のゲートで並ぶほどの熾烈な人気ぶりであるのは、知っていたが、開場時刻をとうに過ぎた17時近くの段階で、さらに立ち見席の行列に並べというのは、酷な宣告。(3時間前に言われていれば、最初から立ち見席に並んだというのに。まったくやってくれるよシミズオクト警備。)しかも、レプリカユニホームさえ危ういという報告には「そんなバカな」というしかなかった。

地方球団ならともかく、人気球団のジャイアンツの警備がこんな有様なのが、非常に残念に感じられた。
これだけ連日試合が開催されていて、数え切れないほどの場数をこなしてきたであろうハズなのに、こんないい加減な対応を毎回、繰り返しているのだろうか。

今回は、楽しい野球観戦の模様をお伝えするハズだったのが、まさかの内容になってしまった。※ちなみに行列にはワタシだけが並び、家族は、あとで合流した。

Dscf5291
(チケットは完全全席指定にすれば、当日引換の手間も省け、警備の人件費などの削減、客側も長時間の拘束をされずに済む。または、コンビニの端末などでチケット交換が可能なシステムにすればいいのにと思うのだが、いろいろな問題があるんだろうな。)

3時間もあれば、食事や周辺での買い物も楽しめたのにまったくの無駄な時間を費やしただけだった。

平日だったので、仕事の都合を調整してまで並んだ人、地方から野球観戦をしに来た人、家族連れで並んだ人などなど様々な人たちの貴重な時間を奪っておきながらの、まさかのずさんな警備の対応には、猛省を促したい。

Dscf5292
年間、数える程の野球観戦しか行かないのに、こんな対応に巻き込まれたのは災難だった。ましてや、レプリカユニホーム目当てで入場者が殺到するのは、容易に想像がついたであろうにこの稚拙な対応。(ジャイアンツが快勝してくれたから、まだ気持ちに余裕が持てるもののこれが逆の展開だったらと思うとゾッとする。)D席では、もう観戦しないと固くココロに刻んだ。

■本日のクイズデリバリー(★★)No.122
1220年、建築家ロベール・ド・リュザルシュによって建設が始まったゴシック様式の最高峰と称されるフランス最大の大聖堂といったら何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

祝!!ジャイアンツ交流戦優勝!!セ・リーグ初Vを飾る

6月16日(土)、優勝マジックを1としていたジャイアンツ。

優勝前夜、仙台の焼肉店で首脳陣を含めたスタッフ、選手の全員で、決起集会を開いたのが効いたのか、10-1と派手な勝利で楽天イーグルスに勝ち、交流戦で優勝を成し遂げた。

2005年から交流戦が導入されて以降、優勝はパ・リーグのチームが独占してきていた。
8年目にしてようやく、巨人がセ・リーグチームとしては初の交流戦優勝を決め、優勝賞金5000万円を獲得。
MVPは、巨人の選手から選出されるのだが、候補はやはり完全試合を逃した杉内が有力か?交流戦のMVPは、内海が受賞。無傷の4勝と防御率1・29が評価された模様。おめでとう!!

Dscf4701

シーズン途中ではあるが、ジャイアンツファンにとっては、喜ばしい出来事である。

さぁ、次に目指すのは3年ぶりのリーグ優勝である。現在、巨人のセ・リーグでの順位は、中日に次いで2位に甘んじている。
まだあと一試合、交流戦を残しているが、リーグ戦に戻っても熱い戦いは、まだまだ続く。

さて、交流戦で優勝したチームのリーグ最終順位が過去どうなっているのか、気になったので調べてみた。

■①交流戦優勝チームのリーグ最終順位

05年:千葉ロッテマリーンズ(★1位★)     
06年:千葉ロッテマリーンズ(4位)     
07年:北海道日本ハムファイターズ(★1位★)  
08年:福岡ソフトバンクホークス(6位)   
09年:福岡ソフトバンクホークス(3位)   
10年:オリックス・バファローズ(5位)    
11年:福岡ソフトバンクホークス(★1位★)    

※()内が交流戦優勝チームのリーグ最終順位 

交流戦で優勝したチームがそのままリーグ優勝を果たしたのは、7年間で3回しかない。

この4割2分9厘という数字を高いとみるか低いとみるかは、各々違いがあるだろう。
このことから、必ずしも交流戦の結果がその後のリーグ戦の順位に反映されるものではないということが分かる。
だが、今年ジャイアンツがリーグ優勝を果たせば8年間で4回、優勝確率を5割に引き上げることが出来るのだ。

ぜひ、ジャイアンツファンの願いとしては、なんとかリーグ優勝、そして日本シリーズ制覇を果たして欲しい。

Dscf4702

ついでに、交流戦を絡めた結果を調べてみた。

■②リーグ優勝チームの交流戦順位

05年:千葉ロッテマリーンズ(★1位★)     
06年:北海道日本ハムファイターズ(7位)
07年:北海道日本ハムファイターズ(★1位★)         
08年:埼玉西武ライオンズ(11位)     
09年:北海道日本ハムファイターズ(6位)   
10年:福岡ソフトバンクホークス(3位) 
11年:福岡ソフトバンクホークス(★1位★)          

※()内は、交流戦の順位

こうして見ると、特筆すべきは08年の埼玉西武ライオンズ。交流戦での順位は11位ながらも、交流戦優勝のソフトバンクの急激な失速(リーグ最下位の6位)により、リーグ優勝を果たしている。
(交流戦の上位6位までという条件で見れば、リーグ優勝チームは、7回中5回がその条件に当てはまる。)

■③CS優勝チームの交流戦順位(CSは2007年から導入)

07年:北海道日本ハムファイターズ (★1位★)        
08年:埼玉西武ライオンズ(11位)     
09年:北海道日本ハムファイターズ(6位)   
10年:千葉ロッテマリーンズ※リーグ3位(交流戦は4位) 
11年:福岡ソフトバンクホークス(★1位★)

※()内は、交流戦の順位

CSでは、リーグ優勝を果たしたチームが、ほとんどそのまま日本シリーズへ進出を果たしている。

セ・リーグの例外では、2007年、リーグ優勝の巨人がリーグ2位の中日に敗れ、そのまま中日が日本一。
パ・リーグでは、2010年の「史上最大の下克上」といわれた千葉ロッテが、リーグ3位からソフトバンクを倒し、その勢いで日本一に。

■④日本シリーズ制覇チームの交流戦順位

05年:千葉ロッテマリーンズ(★1位★)     
06年:北海道日本ハムファイターズ(7位)
07年:中日ドラゴンズ(5位)         
08年:埼玉西武ライオンズ(11位)     
09年:読売ジャイアンツ(5位)   
10年:千葉ロッテマリーンズ(4位) 
11年:福岡ソフトバンクホークス(★1位★)

※()内は、交流戦の順位

交流戦で優勝し、そのまま日本シリーズを制覇したのは05年千葉ロッテ、11年福岡ソフトバンクの2チームのみ。
(交流戦の上位6位までという条件で見れば、日本シリーズ制覇チームは、7回中5回がその条件に当てはまる。)

2割8分6厘という数字を見れば、交流戦の勢いそのままに日本一の頂点に輝くことは、なかなかの難関ということなのだろう。

頑張れジャイアンツ!!交流戦優勝おめでとう!!

■本日のクイズデリバリー(★★)No.109
映画やドラマなどの続編で、キャラクターのその後を描いたものではなく、時間軸としては前回よりも前の話を描いた作品のことを特に何というでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

サッカー日本代表 オーストラリアとドロー!!勝ち点7に!

舞台は、遥か遠くオーストラリアのブリスベーン・スタジアム。

アジア最終予選で、日本の最大のライバルとなる敵地、アウェーでの大事な一戦となった。2日前に行われたラグビーの試合でピッチコンディションは、ボコボコに荒れた最悪な状態。これは日本が得意とするパスサッカーが不利になったことを意味している。

Dscf4703

■前半はフィジカル面で苦戦

先発メンバーは、ヨルダン戦で負傷した吉田麻也に代わり栗原がスタメン。それ以外は前回と同じ。

前半5分、怒涛の波状攻撃をGK川島が2度に渡り好セーブ。
前半18分、決定的なゴール前のピンチを栗原がクリアで防ぐ。
前半32分、香川の前を向き、DF陣を振り切る動きは、やはりズバ抜けたものがある。
前半42分、細かくパスをつないだものの、内田のシュートは大きく外れる。

フィジカル面で優位に立つオーストラリアは、カウンターでロングボ-ルを放り込み空中で、ゴール前までつなげる展開。ピンチと同じ数ぐらいチャンスもあったが、いずれも決定的な場面を防がれ、一進一退の攻防が繰り広げられた。

やはり、これまでのアジア勢のように、簡単には事が運ばない。0-0のまま前半を終える。

■後半はファウルの応酬

後半9分、オーストラリアのDFが2枚目のイエローカードで退場。これで10対11の数的優位に立つ。
後半15分、日本、怒涛の攻めを見せるものの、惜しくもゴールならず。
後半20分、本田からのCKをショートコーナーで長谷部が戻し、そのまま本田がゴール前までドリブルで切り込み、栗原が待望の先制点を決める!!日本1-0とリード。
後半22分、あわや長谷部のオウンゴールでヒヤッとさせられる。
後半25分、ゴール前の攻防で不可解な内田のファウルを取られる。ウィルクシャーにPKを決められ1ー1の同点。
後半27分、イエローをもらった内田を下げ、酒井と交代。
後半31分、オーストラリアのシュートがクロスバーに当たり、危機一髪をまぬがれる。
後半43分、栗原に2枚目のイエローカードで退場。これで10対10のイーブン。
後半45分、川島のファイン・セーブでFKの窮地をしのぐ。
ロスタイム、日本、絶好の位置でFKを獲得するも、タイムアップでFKを蹴ることなく試合終了。

Dscf4704

3戦目は、最大のライバル相手に1ー1のドロー。アウェーで勝ち点1を獲得、これでグループB、勝ち点7で日本が首位をキープする形となった。

この試合は、最後までガムディ主審(サウジアラビア)のレフェリングに後味の悪さが残った。

倒されればファウル、イエローカードを出すといった試合の流れを寸断するさばき方にストレスが残る。ジャッジだけを見ればイエロー7枚、レッド2枚を連発という荒れた試合になった。
日本がリードしてから、極端にホームタウンディシジョン寄りなジャッジになったのは、アウェーならではの戦い。これが最終予選の戦いなのだと毎度の如く思い知らされる。イラク、オマーン、ヨルダンと中東でのアウェー試合をまだ残す日本にとって、笛の行方にも敏感にならざるを得ない。

■元日本代表監督ジーコと決戦

次戦は、9月11日ジーコ率いるイラク(FIFAランク74位)とホームの埼玉スタジアムで対戦。2006年ドイツワールドカップで日本代表監督を務めたジーコとの対戦だ。

過去の対戦成績は、7戦2勝3敗2分。ここ最近の5試合では、2勝2敗1分けと五分。8年ぶりの対戦となる。

尚、次戦はイエローの累積2枚目の警告で、今野、栗原、内田といったDFの3選手が出場停止となる。最終ラインの主力を3人欠くという緊急事態で大きな代償を負った。代役には、伊野波、槙野、酒井、高橋らが予想される。

■本日のクイズデリバリー(★)No.107
「ボリード」、「エブリン」、「ピコタン」、「フールトゥ」、「エールライン」などのバッグの種類があることで知られるフランスの人気ブランドといったらどこでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

熱狂の埼玉スタジアム サッカー日本代表ヨルダンを撃破!!勝ち点を6に伸ばす!!

爽快なほどのジャパン・ブルーのユニフォームに包まれた満員のスタジアム。
熱狂的な大歓声に応える圧巻の戦いを"サムライ・ジャパン"は見せつけてくれた。

オマーン戦から中4日の8日(金)、舞台は再び埼玉スタジアム2002。
FIFAランク80位のヨルダンと対戦し、6対0と完勝。

日本代表は、順調に勝ち点を6へと伸ばした。

Photo_2

■前半はゴールラッシュ!!

先発メンバーは、前回と同じ。立ち上がりから、ヨルダンのGKシャフィに再三阻まれる。

前半18分、この試合早くも6本目となる本田のコーナーキックから前田のショルダーシュートで先制。
21分、遠藤からのダイレクトパスを、トップスピードに乗った本田が追いつき、左足のワンタッチで決め追加点となる2点目。
30分、岡崎のシュートを、位置取りの良かった本田が流し込み3点目を決める。
35分、内田からのパスを、狙いすましたかのようなゴール隅に、香川がミドルシュートを決め怒涛の4点目。

※前半27分でヨルダンの選手が2枚目のイエローカードで退場、ヨルダンは10人となった。

■後半は押される展開も

後半8分、前田が倒されPKを獲得。本田が5点目を決めハットトリック達成。
後半44分、長友から栗原のヘディングで6点目。

※1997年の三浦知良以来のハットトリック。

戦前の予想では、ヨルダンは「引いて守るであろう」と言われていたが、見事な展開で格の違いを見せた。これまでのアジア最終予選では考えられないほどの快勝を続け、日本代表の力強さと急激な成長を実感させられた。

■次戦はオーストラリア戦

次戦は12日(火)、アウェーのブリスベーン・スタジアムでオーストラリア(FIFAランク24位)と対戦。

過去の対戦成績は、19戦6勝7敗6分。ここ最近の5試合では、1勝2敗2分けと分が悪い。わずか中3日でのアウェーでの対戦となる。

このグループでは、日本の最大のライバルとなるオーストラリア戦。

大柄な選手が多く、体格差の違いがあるためロング・ボールを多様したオーストラリアの攻撃に要注意すべきだ。
オーストラリアの監督は、浦和レッズの監督を務めた名将ホルガー・オジェックで、日本を知り尽くしているだけに気が抜けない。
「Jリーグのお荷物」とまで言われた浦和レッズを立て直したときのように、オーストラリア代表を”堅守速攻型の戦術”に戻し、安定した成績を収めている。

ぜひ”カンタス・サッカルー”にも勝って勝ち点3をもぎ取りたいところ。日本から遥か5000km以上離れた異国まで声援を贈りたい。

■本日のクイズデリバリー(★)No.105   
「1、2、3 どうぶつえんへ」や「はらぺこあおむし」などの絵本で知られ、”コラージュの魔術師”とも称されるアメリカの絵本作家といえば誰でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

ジャイアンツ首位に躍り出る!!金環イヤーはV率100%

とうとう、ジャイアンツがリーグ首位に立った!!

今シーズン51試合目にして、ようやく中日を抜きジャイアンツが首位に浮上!!3連勝で貯金も2ケタの10と絶好調になってきた。交流戦も好調を維持、首位をキープしたままなので、交流戦の優勝も視野に入ってきている。

突然だが、ワタシはジャイアンツファンである。

Dscf4391

関東圏に住んでいれば、ごくごく普通のこと、ましてや東京生まれなのでジャイアンツを応援するのは、自然の成り行き。
ファンといっても、ホームゲームは必ずドームに応援に行くとか、地方まで遠征するといったそんな熱狂的なファンではない。

野球中継があれば視聴するし、なければネットで試合経過をチェック。スポーツニュースや翌日の新聞を楽しみにしている程度のファンである。

その割には、”巨人が負けた日は機嫌が悪い”と家族からは敬遠され、”勝った日には遠まわしにおねだり攻撃を仕掛けられる”という典型的なタイプのようだ。

■金環イヤーはV100%
そんなジャイアンツに、気になるデータを発見してしまった。

1950年の2リーグ制後、これまで日本で金環日食が観測されたのは、55、58、87年の計3回。巨人は、いずれの年もリーグ優勝をしている。※55年は日本一。金環日食の年は、優勝確率100%というなんとも心強いデータなのだ。

今シーズンの4月には、球団史上優勝したことがないという「借金7」となり、統計学的には、V確率0%の状況にまで陥いるハメに。

今年は、杉内、ホールトン、村田と鳴り物入りの豪華補強で開幕したものの、貧打続きで完封負けが続き、早くも優勝が望めないような絶望的な展開に襲われていた。

”あの”DeNAにも差をつけられ、一時は6位にも沈んだ。が、オーダーの変更が功を奏し、徐々に秘めていた実力を発揮し始める。
6位(4/25時点で、6勝13敗1分け、勝率3割1分6厘)から22勝5敗4分け、勝率8割1分5厘の怒涛の快進撃。そして、とうとう今季51試合目にしてリーグ首位に躍り出た。

まだまだシーズンは続くので、一喜一憂は出来ないが、秋には実りあるシーズンだったと喜びを噛み締めたい。頑張れジャイアンツ!!GOGOジャイアンツ!!

Dscf4393

上記の写真は、交流戦のオリックス戦(5月16日、17日)で、入場者全員に配布プレゼントされた闘魂ならぬ「橙魂レプリカオレンジユニフォーム」。フリーサイズで割と大きめに作られているので、そのまま気楽に被って着れる。ボタンがついているアディダス製(フリーサイズ)のしっかりした作り。なんとも嬉しいファンサービスである。

個人的には今後は、埼玉西武ライオンズのように”球団フラッグ”を作って来場プレゼントにして欲しいなと思っている。なんかフラッグを振った応援風景、ライオンズの応援がカッコ良く見えるから羨ましい。

次回、レプリカユニフォームの配布は、7月12日(木)広島戦(東京ドーム)でも実施される。※立ち見席(1,000円)でも貰えるので、ぜひGETしてジャイアンツを応援しよう!!

■それにしても、6月6日はいろんな出来事があった。

①金星が太陽面を通過する日だったのだが、残念ながら小雨と雨雲で見ることが出来なかった。次回は、105年後の2117年、間違いなく死んでいる。(太陽面に入った瞬間に金星が滴のようにゆらゆらとゆがんで見える「ブラック・ドロップ」という現象を見てみたかったぁ~。)
②第4回AKB選抜総選挙も日本武道館で開催。大島優子ちゃんの圧勝だったなぁ。
③未明には、E3から任天堂のWii Uに関する嬉しい発表があった。念願の「ピクミン3」の発売が発表されたので、楽しみに待ちたいと思う。

■本日のクイズデリバリー(★)No.104    
2005年から導入され、名勝負が繰り広げられているプロ野球の交流戦。では、アメリカのメジャーリーグでは交流戦は何という名称で呼ばれているでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

2014年ブラジルW杯へ向け アジア最終予選を白星好発進!!

満員の”12番目の選手”6万3000人のサポーターの声援が後押しとなって、最高のスタートを飾った。

舞台は埼玉スタジアム。サッカー日本代表は、2014年ブラジルW杯へ向け、アジア最終予選の初戦オマーン戦で3対0と完勝。

前半12分、DF長友が絶妙の折り返しで本田の先制点を導く。後半6分には、前田がボールを押し込み貴重な追加点、後半9分に岡崎が3点目。
オマーンに反撃の機会を与えずに、勝ち点3を獲得し、順調なスタートを飾った。

■次戦はヨルダン戦
次戦は8日(金)、同じ埼玉スタジアムでのヨルダン戦、日本は90分で勝利したことがない不気味な存在だが、きっと勝ち点を上積みしてくれると期待している。(過去の対戦成績はトータル1勝1分け。2011年のアジアカップでは引き分け、2004年も1-1のまま90分で決着がつかずPK戦の末、何とか勝つことができたという手強い相手。FIFAランキング81と格下のヨルダンに対して、日本は過去に90分間で勝利したことがない。)

【アジア最終予選】
最終予選は10チームが2組に分かれ、A組は、韓国、イラン、ウズベキスタン、カタール、レバノン。B組は、日本、オーストラリア、イラク、ヨルダン、オマーン。
来年の6月18日までホームアンドアウェー方式で戦い、各組2位までがW杯出場権を得る。3位の場合、アジア5位決定戦でA組3位と対戦し、勝てば南米5位との大陸間プレーオフに回る。

ブラジルW杯へ向け、5大会連続出場を目指した”負けられない戦い”はまだまだ続く。頑張れニッポン!!

■昨日の正解No.102【パイピング】
パティシェの技術やセンスが発揮されるデコレーション・テクニック。パイプのように細く絞り出し、鮮やかな図形や模様、文字を描くこと。
また、洋裁でもパイピングという用語がある。布の端っこが切れっぱなしだと糸がほつれてくるため布の裁ち目をバイアスの布で包んで処理する方法。別名を「玉縁(たまぶち)」とも言う。

Photohttp://plaza.rakuten.co.jp/tempsconvivial/diary/201102200000/

※パイピングのテクニックが素晴らしく、もはやアートの域のような芸術品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

サントリー ドリームマッチ2012 in 東北 モルツ一般観戦募集始まる

1995年からスタートしたサントリー・ドリームマッチ。(゚∀゚)キタコレ!!

毎年、夏頃に年1回開催され、懐かしのプロ野球OB選手たちの試合が観戦出来るのを楽しみにしていた。

【サントリー・ドリームマッチ】
もともとは、テレビCM用に結成されたプロ野球OB選手によるモルツ球団。この大会は、1999年までの第5回大会までは全国予選を勝ち抜いて優勝した一般の草野球チームと対戦、2000年からプロ野球OBチームと対戦。
この年は、甲子園大会で活躍した「甲子園ヒーローズ」、以降はドラフト1位指名選手による「ドライチヒーローズ」(01年)、来日した外国人OB選手を中心に編成された「ワールドパワーズ」(02~04年)、外国人選手とプロ野球OBの混成チーム「ワールドドリームス」(05~06年)、「甲子園」と「パワーズ」の混成チーム(08年)となり、「ワールドジャパン」(09年)と称したチームと対戦している。

※1995年-2006年は「サントリー モルツ ドリームマッチ」、
2007年-2010年は「ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ」として開催。

昨年は、東日本大震災の影響を考慮して開催が中止。

ワタシは、2000年(第7回)から皆勤で観戦しに行っていたほどのモルツ球団ファン。
今年の開催を楽しみにしていたら、例年の東京ドームではなく、初の東北開催となった。(※1998年のみ大阪ドームでも開催。)
残念ながら、今年は遠征出来ないが、被災された方たちにとっては勇気づけられるいい企画だと思う。

ぜひ、往年の選手たちのプレーを堪能して楽しんできて下さい。
そうそう、普段は東京ドームでは800円で売られているビールが、この日だけは半額の400円で買えるのが楽しみだったなぁ。
(もちろん販売は、モルツだけ。念のため)

■プレミアムモルツCMは木村拓哉さん
そういえば、このイベントの始球式は、CM出演者が行うことが恒例になっている。

現在「プレミアムモルツ」のCMに出演しているのは、SMAPの木村拓哉くんと香取慎吾くん。そして、女優の竹内結子さん、歌手の矢沢永吉さんらが出演。
もしかしたら、スーパースターが”はるばる東北まで駆けつけてくれるかもしれない”という可能性もある。※「VTR出演でメッセージだけ」というパターンも同じくらいあるので、過剰な期待はしないほうがいいかも。

いや、木村くんは、熱い男だ!!期待していいかも(!?)

あと、司会が徳光さんや福澤アナだったときは、必ず満員の観客に向けて「ニューヨークへ行きたいかぁー!!」の掛け声が聴けるのが、個人的なプチ楽しみだ(笑)。

Dscf4671

【名称】 サントリー ドリームマッチ 2012  in 東北
【日程】 2012年8月6日(月)

【時間】
17:00 開場
18:00 オープニングセレモニー・始球式
18:30 試合開始
21:30 終了予定

会場 日本製紙クリネックススタジアム宮城

主催 サントリーホールディングス株式会社

協力 株式会社楽天野球団

出場チーム ザ・プレミアム・モルツ球団 VS 東北・ジャパンヒーローズ

※チャリティ 生ビール(ザ・プレミアム・モルツ)の売上の一部を、東北の野球振興の為に寄付。

■サントリー ドリームマッチ 2012  in 東北
17回目となる今回は、復興に取り組む東北の方々を応援したいとの思いから、仙台での開催を決定。
山本浩二監督率いる「ザ・プレミアム・モルツ球団」と、東北にゆかりのある選手を中心とした「東北・ジャパンヒーローズ」が、熱い戦いをお届けします。
また、小学生を含むご家族、ご友人などのグループを対象にした「キッズ特別招待」を実施、特別シートでの観戦に加え、試合前には出場選手とのキャッチボールもお楽しみいただけます。このほか、東北の野球振興にお役立ていただくため、飲料をチャリティ価格で販売し、売上の一部を寄付します。

▼出場メンバー(予定) ※変更の可能性あり。
「ザ・プレミアム・モルツ球団」
 GM:張本 勲
 監督:山本 浩二
 東尾 修、宮本 和知、達川 光男、ランディ・バース、掛布 雅之、元木 大介、立浪 和義、川籐 幸三、広澤克実ほか
「東北・ジャパンヒーローズ」
 GM:板東 英二
 監督:田尾 安志
 駒田 徳広、定岡 正二、槙原 寛己、遠藤 一彦、佐藤 洋、高橋 雅裕、金村 義明、大塚 光二、松本 匡史、パンチ佐藤ほか

▼司会進行:徳光 和夫

■申し込みはサントリー公式ホームページから https://ssl1.suntory.co.jp/apl/btc/cp/CSUNA1205291/form

◆一般観戦者募集
サントリー ドリームマッチ2012 in 東北」の入場整理券を10,000組20,000名様にプレゼント!
※1枚につき2名様まで入場可能な入場整理券(入場無料)です。
※未成年の方のお申し込みはご遠慮ください。(当日は未成年者のみでの入場はできません)
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

◆応募方法
パソコン、携帯電話、はがきからもご応募いただけます。
はがき(必要な場合は、50円分の郵便切手をお貼りください)でご応募の場合は、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号をご記入の上、下記宛先までお送りください。

〒113-8691
郵便事業株式会社 本郷支店 私書箱120号
「サントリー ドリームマッチ2012 in 東北」観戦者募集 係

◆締切
はがきの場合:2012年7月5日(木)当日消印有効
インターネット(パソコン・携帯)の場合:2012年7月6日(金)午前0時

■昨日の正解No.101【アーティチョーク】
キク科チョウセンアザミ属の多年草。もともとは野生のアザミであったが、古代ギリシャ・ローマ時代以降、品種改良が進んで今日の姿となった。ヨーロッパやアメリカでは広く食用とされているが、日本では栽培条件が合わないこともあって野菜としてはあまり普及していない。なお、放屁の回数と臭いを抑える効果があるとされる。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

サッカー日韓対決 スコアレスドロー

日本vsアルゼンチン戦、19.6%。韓国vs日本戦、26.8%。
アルゼンチン戦で勝利したことで、注目度の高い試合となった。

サッカー日本代表は12日、ソウル・ワールドカップ競技場でライバルの韓国代表と対戦し0-0のスコアレスドローで引き分け。

■システム
日本は、1トップに前田(磐田)トップ下に本田圭(CSKAモスクワ)左右のMFに香川(ドルトムント)松井(トム)が入る4-5-1の布陣。

アルゼンチン戦から先発が4人入れ替わった。

これにより、ザックは対戦相手ごとに布陣や先発を変えてくる監督だというのが理解できた。※今回、ケガ人が続出したことも影響しているだろうが。

韓国は、精神的支柱の朴智星(マンチェスター・ユナイテッド)が右ひざ痛のためメンバーから外れる。

試合は、宿命のライバル対決だけあって、終始激しいプレスの応酬。
意地と意地のぶつかり合い、感情ムキ出しの敵意(ラフプレー)をあらわにしてきていた。

■アクシデント
駒野が李青龍に体ごとぶつかられ、前半15分に負傷交代するアクシデント。右上腕骨骨折と診断。
※VTRで駒野の右腕があらぬ方向に曲がっていたので、骨が折れているのはすぐにわかった。

内田篤人が急遽、途中出場。

後半27分、守備的MF細貝の投入で“ザック流カテナチオ”戦術を実践。
アウェイでゼロ(引き分け)に押さえる策を選択。

後半32分、松井のクロスがMF崔の右手に当たり“PKかといろめき立つ”
審判も見えていたと思うが、故意ではないとの判断だったのだろう。
アウェイの洗礼か?日本にとっては、あまりに無情な判定だった。

ゴールライン上の絶体絶命のピンチを長友のクリアーによって救われた。

GK西川、Aマッチ3試合目の先発だったが、無難に完封。キックの精度やビルドアップの組み立て、攻守の切り替えの速さなど、まだまだ川島との実力の差を感じた。

■屈辱のシュート0本
昨季、Jリーグ得点王の前田は、屈辱のシュート0本に終わる。
シュート数は日本が6本、韓国が8本。チーム最多3本のシュートを放ったのは本田。
本田のゴールへの執念、前への姿勢は気迫を感じられ素晴らしい。

対戦成績は日本の11勝20分け(PK勝ち2、PK負け1を含む)38敗。

前戦とは大きく変わって、まるで“ボディブローの応酬”格闘技並のチャージの激しさ。
お互いのチーム同士、感情をぶつけ合うかのような試合を見せられた気がした。

敵地での年内最終戦。スコアレスドローに終わったが、これが現状の日本代表の現実なのだろう。

わずか2試合だが、ザッケローニ監督の“意識付け改革”の浸透さを実感させてもらった。
まだまだ実力は上積みされるハズなので、これからのサムライブルーに大いに期待したいと思う。

来年1月、ザッケローニ監督は初の公式大会となるアジアカップ・カタール大会に臨む。

■昨日の正解No.15【サンタ・マリア号】
1492年10月12日、コロンブスは現在バハマ諸島のワトリング島(推定)を発見。
コロンブスによる初の大西洋横断航海のときに使われた3隻の帆船のうちの最大の船。
この航海で用いられた他の2隻は「ニーニャ号」と「ピンタ号」。

OPENまで…あとfournineshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

ザックジャパン大金星!!アルゼンチン撃破

試合が終わった瞬間、地鳴りのような6万人の歓声がスタジアムを包み込んだ。

FIFAランク5位の強豪、W杯2度制覇のアルゼンチンを1-0で完封。
ザッケローニジャパンは、初陣にして歴史的快挙を成し遂げたのだ。

Dscf23591

ミーティングでは、試合直前までアルゼンチンのビデオを見せて研究させていたという徹底ぶり。
相手選手のクセやプレーの特徴を伝え、心理的にも優位に立たせた手腕は見事である。
選手たちも「監督の分析力はスゴイ」との声が多く聞かれたようだ。

■スタメン7人が欧州組
この日の先発11人(7人が欧州組)のうち、栗原と香川以外はW杯メンバーだったこともあり、素早い攻守の切り替えや前線の献身プレーなど、W杯の遺産がしっかり残っていた。
今回は、DF闘莉王、中沢の2人を負傷で欠いたが、新戦力の充実で不安は杞憂に終わった。

■システム
注目のシステムは4-3-3。イタリア時代には攻撃重視の3-4-3フォーメーションを好んでいたのでどんな布陣を配置してくるのか非常に興味があった。

イタリア伝統の超守備陣形のカテナチオではなく、ザックジャパンでは“攻撃を重視したシステム”を目指すというメッセージが伝わってきたのが嬉しい。

■ボール支配率は39%対61%で圧倒される
速い縦パスを使ってシンプルにゴールを目指す攻撃を徹底。これまでの日本はボールを確実にキープするためDFラインで横パスを回すことが多かった。
今までの“無駄なボール回し”が減ったことで、実に多彩な攻撃を仕掛け抜群に面白くなった。

シュート数では、日本が15本でアルゼンチンの13本を2本上回った。チーム最多4本のシュートを放ったのは本田。

■守備はコンパクト
練習では、守備はペア(2人1組)で行うという約束ごとが徹底されていたという。
その守備もコンパクトにラインコントロールされ、終始安心して観戦ができた。

好セーブを連発したGK川島のドヤ顔も健在だ。

守備力に定評のある長谷部とともに、ハードマークの長友が攻撃の芽を摘んで、メッシに仕事をさせなかった。

2014年ブラジルW杯へ向け、ザックジャパンは最高のスタートを切った。

次は12日(火)対戦相手は日本の宿敵、現在2連敗中の韓国(FIFAランク44位)。アウェイでどんな戦いを見せてくれるのか期待したい。

■昨日の正解No.13【ハンス・オフト】
本名 マリウス・ヨハン・オフト。オランダ出身。選手時代のポジションはFW。1992年、外国人初の日本代表監督に就任。就任期間は1992年5月~ 1993年10月。ワールドカップアメリカ大会(1994年)の出場を逃した「ドーハの悲劇」で有名。Jリーグでは、1994年にジュビロ磐田、1998年に京都パープルサンガ、2002年に浦和レッドダイヤモンズ監督を歴任。浦和時代の2003年にはナビスコカップを制覇し、チームに初タイトルをもたらした。 2008年に再びジュビロ磐田の監督に就任。
ザッケローニが日本代表監督に就任したが、日本代表・Jリーグを通じてイタリア人が監督になるのは、今回が初めてである。

OPENまで…あとfivetwoshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

新生“サッカー日本代表”今夜ザックジャパン初陣!!

埼玉スタジアム2002なう。

「埼玉スタジアム」までは、自宅から自転車で30~40分もあれば着く距離にある。

Dscf23581

埼玉スタジアムの思い出と言えば、2002年地元でW杯が行われるとあって、何か記念として関わっておきたいと場内ボランティアをしたのが良き思い出だ。

当時、スタジアムへの来場は公共の交通機関のみというお達しが通達されていた。芸能人であろうと著名人であろうと関係なく、電車やバスでスタジアムまで来場したのだ。

実際、たくさんの著名人を目撃したが、大ファンのあの人とも“ニアミス”をしていた。

あとで判明(会報で知る)したのだが、藤井フミヤさんもお子さんを連れて来場していたことが分かった。
幸い日本代表のユニホームを着ていたため、一般人に同化して気づかれることはなかったとのこと。

Dscf23561

さて、いよいよ今夜、新生“サッカー日本代表”ザックジャパンが初陣を迎える。
対戦相手は、強豪アルゼンチン(FIFAランク5位)。※日本は現在30位。

世界最高FWリオネル・メッシ擁するアルゼンチンとの対決は見逃せない。
ザッケローニ監督の戦術にも非常に興味があり、ワクワクさせられる。
合宿は短期間で、浸透は十分ではないだろうが、何か感じさせられるものを期待したい。

世界屈指の相手だけに過剰な期待はしないし、厳しい結果も予想されるが新しい船出を応援したいのだ。
2014年W杯ブラジル大会に向けた4年間がいよいよ幕を開ける。

日本中のサッカーファンが注目する一戦は、今夜キックオフ!!

Dscf23611

■本日のクイズデリバリー(★★)No.13
現在のサッカー日本代表監督は、アルベルト・ザッケローニ。
では、サッカー日本代表監督のなかで最初の外国人監督は誰だったでしょう?

OPENまで…あとfivethreeshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)